Create issue ticket

考えれる17県の原因 大腸ポリープ

  • クロンカイト・カナダ症候群

    クロンカイト・カナダ症候群(-しょうこうぐん、英: Cronkhite–Canada syndrome)とは主に胃、大腸、小腸に100個以上のポリープ(ポリポーシス)が発生する疾患のこと。非遺伝性疾患である。1955年に疾患として独立した。[ja.wikipedia.org]

  • 大腸炎

    大腸ポリープ大腸癌、大腸炎、直腸炎、過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome; IBS)、潰瘍性大腸炎(UC)、クローン病(CD)(UCとCDをあわせて炎症性腸疾患inflammatory bowel disease; IBD という)、家族性大腸腺腫症、腸炎、大腸憩室症、悪性黒色腫、ヒルシュスプルング病、腸重積、[ja.wikipedia.org]

  • リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス大腸癌)

    Turcot症候群 Turcot症候群は大腸がんまたは大腸腺腫に中枢神経腫瘍を合併する.臨床像は無数の大腸ポリープを認める例から単一の大腸ポリープまたは大腸がんの例までさまざまである.Turcot症候群の多くの例では家族性大腸ポリポーシスの原因である APC 遺伝子の変異かHNPCCに関連したミスマッチ修復遺伝子の変異が認められる.[grj.umin.jp] 軽症型家族性大腸ポリポーシス(attenuated familial adenomatous polyposis, AFAP) このFAPの軽症型は古典的FAPに比べてポリープの数が少なく発症も遅いのが特徴である.AFAPではポリープは100個未満である.胃底部や十二指腸のポリープも生じるが,FAPで通常みられる大腸以外の病変(表皮嚢腫,歯牙異常[grj.umin.jp] 定期検査 がん検索 大腸がん HNPCC患者では定期的な大腸ファイバースコープと前がんポリープの除去ががんの発症を減少させる.HNPCCでは右側結腸にがんが多いので直腸ファイバーより大腸ファイバーが勧められる.専門家はHNPCC関連大腸がんのリスクがある人に対しては1年または2年ごとの大腸ファイバーを,20-25歳もしくは家族でもっとも若く[grj.umin.jp]

  • 家族性大腸腺腫症

    ポリープが発生し始めるのは10歳前後であり、以降は時間の経過とともに数と大きさが増大する。このポリープから大腸癌が発生する。15歳前後から発生が見られ、40歳では50%、60歳ではほぼ100%の患者に大腸癌を発生する。 患者の約6割に胃にポリープや腺腫が発生する。[ja.wikipedia.org] 家族性大腸腺腫症(かぞくせいだいちょうせんしゅしょう,familial adenomatous polyposis;FAP)とは大腸に100個以上のポリープ(ポリポーシス)が発生する遺伝的な疾患である。家族性大腸ポリポーシス、家族性腺腫性ポリポーシスなどとも呼ばれる。 常染色体優性遺伝の遺伝疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • 大腸ポリープ

    ( 2010年2月 ) 大腸ポリープ ( 英 : Colorectal polyp )とは、 大腸 ( 直腸 ・ 結腸 )に生じる ポリープ の総称。 近年は、 大腸 における「隆起性病変」ないし「大腸腫瘍」は、「 大腸癌 」や「ポリープ」を含めて一括の概念で総括され、総合的に評価される。[ja.wikipedia.org] また、十二指腸潰瘍、尿路結石、急性膵炎、大腸ポリープが女性に比べて多く、心臓病、脳溢血(およびそれによる脳血管痴呆)など循環器系の病気が多いのが特徴である。 貧困国を除けば、男性は平均寿命が女性に比べ短い。[ja.wikipedia.org] 大腸ポリープを含めて、「大腸腫瘍」は病理学的には以下に分類される。[ja.wikipedia.org]

  • 肝芽腫

    早期に大腸ポリープや腺癌を有する家族性大腸腺腫症(FAP)の患者はしばしば肝芽腫を併発する。 散発性肝芽腫では、67%の患者でβ-カテニン変異が見られる。2005年には、他のWntシグナル経路コンポーネントも又肝芽腫の発現に関与していると思われることが示された。 肝芽腫が多能性幹細胞に由来することを示唆する根拠が蓄積されている。[ja.wikipedia.org]

  • 腸梗塞

    大腸ポリープ大腸癌、大腸炎、直腸炎、過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome; IBS)、潰瘍性大腸炎(UC)、クローン病(CD)(UCとCDをあわせて炎症性腸疾患inflammatory bowel disease; IBD という)、家族性大腸腺腫症、腸炎、大腸憩室症、悪性黒色腫、ヒルシュスプルング病、腸重積、[ja.wikipedia.org]

  • 胆道感染症

    大腸ポリープ大腸癌、大腸炎、直腸炎、過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome; IBS)、潰瘍性大腸炎(UC)、クローン病(CD)(UCとCDをあわせて炎症性腸疾患inflammatory bowel disease; IBD という)、家族性大腸腺腫症、腸炎、大腸憩室症、悪性黒色腫、ヒルシュスプルング病、腸重積、[ja.wikipedia.org]

  • ガードナー症候群
  • 先端巨大症

    先端巨大症(せんたんきょだいしょう、acromegaly)は、脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌腺細胞がその機能を保ったまま腫瘍化し( 機能性腺腫)、成長ホルモンが過剰に産生され、手足や内臓、顔の一部分が肥大する病気。別名、末端肥大症もしくはアクロメガリー。また、「巨人症」と一般に称される状態はこの病気であることが多い。 成長ホルモンの過剰分泌により以下の症状が現れる。 唇が厚くなる。 額が突き出る。 下あごがせり出る。 四肢の異常な発達。 四肢以外の筋肉の収縮。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状