Create issue ticket

考えれる676県の原因 大腸クローン症

  • 大腸炎

    大腸ポリープ、大腸癌、大腸炎、直腸炎、過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome; IBS)、潰瘍性大腸炎(UC)、クローン病(CD)(UCとCDをあわせて炎症性腸疾患inflammatory bowel disease; IBD という)、家族性大腸腺腫、腸炎、大腸憩室症、悪性黒色腫、ヒルシュスプルング病、腸重積、[ja.wikipedia.org] カルチノイド、腸結核、上腸間膜動脈閉塞[ja.wikipedia.org]

  • クローン病

    エンタイビオは、標準療法又は抗TNFα抗体による治療に対し効果不十分、効果減弱がみられた、もしくは不耐性である中等から重症の活動期潰瘍性大腸炎及びクローン病に対する治療薬として、2014年5月に欧州及び米国にて承認を取得しました。現在、60カ国以上で承認を取得しており、本年5月時点で20万人年以上の患者さんに使用されています。[takeda.com] クローン病の診断と治療 クローン病の疑いがある場合、便検査・血液検査・感染検査・ 大腸内視鏡 による大腸検査などを行い、総合的な診断を行います。特に、消化管の変化を確認するために 大腸内視鏡検査 が重要になります。 治療には、症状に応じた内科的治療と外科的治療(手術)があります。[isonoclinic.jp] 今回の申請は、中等から重症のクローン病患者157名を対象に、導入療法及び維持療法におけるエンタイビオの有効性、安全性及び薬物動態を検討した国内臨床第3相試験であるCCT-001試験の結果、並びに中等症から重症のクローン病患者を対象としたエンタイビオの海外臨床第3相試験であるGEMINI II試験(対象患者数1,115名)及びGEMINI[takeda.com]

  • 潰瘍性大腸炎

    除外すべき疾患は、細菌性赤痢、アメーバ性大腸炎、サルモネラ腸炎、カンピロバクタ腸炎、大腸結核、クラミジア腸炎などの感染性腸炎が主体で、その他にクローン病、放射線照射性大腸炎、薬剤性大腸炎、リンパ濾胞増殖、虚血性大腸炎、腸型ベーチェットなどがある。[nanbyou.or.jp] すなわち、1)持続または反復する粘血便がある、2)大腸内視鏡あるいは注腸造影検査で特徴的な所見を認める、3)生検による組織学的検査で特徴的な所見を認める、4)細菌性赤痢、アメーバ赤痢、サルモネラ腸炎、カンピロバクター腸炎、大腸結核、クローン病、放射線照射性大腸炎、虚血性大腸炎、薬剤性大腸炎、腸管ベーチェット、リンパ濾胞増殖 が除外される([dokkyomed.ac.jp] 対象疾患 潰瘍性大腸クローン病 腸管の炎症を原因とする以下の疾患 腸管ベーチェット病/単純性潰瘍/非特異性小腸潰瘍/腸結核 そのほか原因不明の小腸・大腸炎、潰瘍がある患者さん 潰瘍性大腸炎の患者さんへ 潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜(最も内側の層)にびらんや潰瘍ができ、腹痛や下血を伴う下痢を起こす原因不明の病気です。[tmd.ac.jp]

  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • ビタミンD欠乏症

    脂肪吸収不良は、特定の肝疾患、嚢胞性線維、セリアック病、クローン病、(回腸末端が炎症を起こした場合は)潰瘍性大腸炎など、さまざまな疾患と関連している[ 1, 3, 33 ]。加えて、こうした疾患のある人はビタミンDが強化されている乳製品などの食品の摂取量が少ない傾向がある。[ejim.ncgg.go.jp]

  • 便秘

    下血の原因は、腫瘍性ポリープやがん、炎症性クローン病、血管性虚血性大腸炎、大腸憩室などであり、さまざまな病気の可能性があるため、すぐに消化器専門の病医院を受診しましょう。 病院では、大腸内視鏡検査や注腸検査、便の細菌培養などにより、下血の原因を診断します。[benpi-net.jp] 大腸 [ 編集 ] 大腸ポリープ 、 大腸癌 、 大腸炎 、 直腸炎 、 過敏性腸症候群 (irritable bowel syndrome; IBS)、 潰瘍性大腸炎 (UC)、 クローン病 (CD)(UCとCDをあわせて炎症性腸疾患inflammatory bowel disease; IBD という)、 家族性大腸腺腫 、 腸炎 、[ja.wikipedia.org] 小腸 [ 編集 ] カルチノイド 、腸 結核 、上腸間膜動脈閉塞[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    関節炎(かんせつえん、英: Arthritis)は、関節の炎症をともなう疾病の総称。症状には局所症状と全身症状があり、局所症状としては発赤、腫脹、圧痛、こわばり、可動域制限などが知られ、全身症状としては発熱、全身倦怠感、体重減少などが知られている。 急性か慢性か、単関節炎か多関節炎かといった観点で纏められることが多い。 単関節炎は感染症、結晶誘発性、物理的要因によるものが多い。 細菌性関節炎淋菌性関節炎は若年者に多い。移動性の関節痛が特徴的である。高齢者、免疫不全状態の患者では非淋菌性関節炎が起りやすい。[…][ja.wikipedia.org]

  • 胆石症

    胆石症について 外科豆知識 胆石症ってどんな病気? 胆石症とは、胆のうや胆管に石ができてしまう病気です。肝臓でつくられた胆汁という消化液が、胆管を通って十二指腸に流れていきます。この胆汁が何らかの原因によって固まってしまい「胆石」ができます。この石は、胆汁が濃縮される胆のうに一番よくできます(胆のう結石)が、時に胆管の中にできてしまうこともあります(胆管結石)。 胆石症の症状は?[…][osakacity-hp.or.jp]

  • 鉄欠乏症

    胃潰瘍や十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、限局性腸炎(クローン病)である。起床時の尿が暗赤褐色(発作性夜間血色素尿)である。 妊娠または授乳中 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。[rad-ar.or.jp]

  • 低ナトリウム血症

    抄録 サイアザイド系類似利尿薬であるインダパミド投与による低Na,低K血症が原因と考えられた意識障害の1例を報告する.症例は83歳の女性である.高血圧治療のため,インダパミドの投薬を開始し約2カ月後より悪心,嘔吐,食欲低下が出現し,頻回の転倒,意識障害もみとめられたため入院した.意識混濁(JCS 20)以外に明らかな巣症状はみとめなかった.いちじるしい低Na(115mEq/ l ),および低K(2.8mEq/ l )血症を呈していたが,インダパミド中止により意識レベル,ならびに電解質はすみやかに正常化した.低Na,低K血症の機序として,利尿作用によるNa,[…][joi.jlc.jst.go.jp]

さらなる症状