Create issue ticket

考えれる4県の原因 大脳鎌骨化

  • 筋緊張性ジストロフィー

    【 筋緊張性ジストロフィーはどんな病気? 】 筋緊張性ジストロフィーは、生物の中で土台となる核酸の異常によって引き起こされます。30歳くらいに発症しますが、生まれた時からなっている先天性の場合もあります。物を握ったとしてもすぐには離すことができなかったり、筋萎縮や筋力低下も起こります。人工呼吸器が必要なほどではないですが呼吸不全になったり、不整脈を起こすこともあり、先天性は呼吸不全が悪化すると乳児が死亡することもあります。 【 筋緊張性ジストロフィーの症状 】[…][hospita.jp]

  • 基底細胞癌

    症状 発達上の奇形には、手掌・足底皮膚小陥凹、二分肋骨ないし癒合肋骨、椎 異常、顎骨嚢胞、大脳石灰があり、発癌には基底細胞癌、髄芽腫、卵巣腫瘍の発生がよく知られている。それぞれの症状ごとに好発年令があるため、経時 的に診察して早期診断、早期発見をすることが望ましい。 5. 合併症 加齢と共に多くの癌腫が発生する。[nanbyou.or.jp]

  • メルカーソン・ローゼンタール症候群

    基底細胞母斑症候群:常優、角嚢胞性歯原性腫瘍(多発)、大脳石灰、二部肋骨等 鎖骨頭蓋異症:常優、大泉門の晩期残存 アジソン病:副腎皮質機能不全、メラニン色素 アぺルト症候群:上顎骨の劣成長、眼球突出、高口蓋 Beckwith-Widemann 症候群:常劣、巨舌 Crouzon 症候群:常優、眼球突出、上顎骨の劣成長 Frey 症候群[medicotraveling.blogspot.com]

  • 後頭脳ヘルニア

    脳ヘルニアには発生部位により、 テント切痕ヘルニア 、 小脳扁桃ヘルニア 、 大脳下ヘルニア 、 蝶形縁ヘルニア の4つに別れます。この中でもテント切痕ヘルニアと小脳扁桃ヘルニアは重篤しやすいので注意して看護をする必要があります。[kango-oshigoto.jp]

さらなる症状