Create issue ticket

考えれる5県の原因 大脳不全

  • 成長ホルモン分泌不全

    下垂体性矮小症(かすいたいせいわいしょうしょう)とは発育期以前に下垂体からの成長ホルモン(GH)の分泌が低下することにより成長不良などを示す病態。犬や牛で認められる。犬ではジャーマン・シェパードに好発。下垂体前葉の発生異常、脱落、萎縮などによりGHの合成あるいは分泌が抑制されるために生じる。成長不良や皮膚症状を示す。血漿中のGHあるいはインスリン様成長因子-1(IGF-1)の低値をもって診断する。治療にはヒトGHを用いる。 クロニジン刺激試験 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(小動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006[ja.wikipedia.org]

  • 無脳症

    感染妊娠牛は流産することなく、冬から春に小脳形成不全大脳欠損、内水頭症などの先天性異常子牛を娩出する。水無脳症、小脳形成不全症候群を伴うことから、小脳病変を示さないアカバネ病との鑑別が可能である。予防には9月までに未越夏妊娠牛に不活化ワクチンを1か月間隔で2回接種する。[ja.wikipedia.org]

  • 片麻痺

    不完全な麻痺(障害が部分的であるか、筋力低下にとどまる)を不全麻痺(ふぜんまひ、paresis)と呼ぶ。原因となる障害部位は 脳 の 大脳皮質 及び 内包 や 脳幹 部から 脊髄 まで多岐にわたる。原因疾患も 脳内出血 、 脳腫瘍 、 脊髄腫瘍 など様々な原因がある。[ja.wikipedia.org]

  • 幼児の半身麻痺 

    不完全な麻痺(障害が部分的であるか、筋力低下にとどまる)を不全麻痺(ふぜんまひ、paresis)と呼ぶ。原因となる障害部位は脳の大脳皮質及び内包や脳幹部から脊髄まで多岐にわたる。原因疾患も脳内出血、脳腫瘍、脊髄腫瘍など様々な原因がある。なお、クモ膜下出血では片麻痺のような局所的障害よりも全般性の障害がでることの方が多い。[ja.wikipedia.org]

  • アルツハイマー病

    脳血管性のうち、わが国に最も多いタイプに広範な梗塞・不全軟化があります。このタイプは、大脳深部の白質線維の連絡機能が断たれることで認知症症状が出現します。大脳の表面付近の梗塞に起因する例では、梗塞巣の容積が100mLを超えると認知症の発現頻度が増加します。[mhlw.go.jp]

さらなる症状