Create issue ticket

考えれる698県の原因 大理石骨病, 腎臓障害, 高カルシウム血症

つまり: 大理石骨病,, 障害, 高カルシウム血症

  • イレウス

    イレウス(ileus)とは、腸管内容物の肛門側への移動が障害される病態で、腸蠕動が一時的に停止した状態である。腸閉塞(ちょうへいそく、intestinal obstruction)を含むより広い概念。 腸管が閉塞すると、閉塞部位の口側はガスや腸液により拡張し、静脈還流が障害される。[ja.wikipedia.org] 病因 イレウスの最も一般的な原因は以下のものである: その他の原因としては以下のものがある: 薬物(例,オピオイド,抗コリン薬,ときにカルシウム拮抗薬) 腹部手術後には胃および大腸の運動障害がよくみられる。典型的には小腸に対する影響は最も小さく,運動および吸収は術後数時間以内に正常に戻る。[msdmanuals.com] また、絞扼性の場合は腸管の血流障害が生じ、壊死を招いて、敗血症や消化管穿孔などを起こし、救命に速やかな外科的処置が必要になります。 レントゲンとCTで診断 特殊な検査はなく、下記のような一般的な検査で診断ができます。 レントゲン 拡張した小腸にガス像を認めます。[tokushukai.or.jp]

    不足: 大理石骨病
  • 多発性骨髄腫

    さらに骨髄腫細胞が無制限に産生するMタンパク(異常免疫グロブリン)による症状として、障害や血液循環の障害(過粘稠度症候群:かねんちょうどしょうこうぐん)が起こります。免疫機能が低下すれば肺炎や尿路感染症などの感染症が起こりやすくなります。[ganjoho.jp] MGUS(エムガス:Monoclonal gammopathy of undetermined significance)は、かつては良性単クローン性ガンマグロブリンと呼ばれた疾患である。多発性骨髄腫やアミロイドーシスに移行する場合もある。骨病変、カルシウムなど多発性骨髄腫に特有な症状は認められない。[ja.wikipedia.org] *4 脊髄圧迫症状:脊椎が変形して神経が圧迫されるために生じる疼痛(とうつう)・手足のしびれ・麻痺、排尿・排便の障害などの症状を指す。 3.原因 骨髄腫細胞にはさまざまな遺伝子や染色体の異常が生じていることが知られていますが、その原因ははっきりしていません。[ganjoho.jp]

    不足: 大理石骨病
  • 非ホジキンリンパ腫

    その他には、体のかゆみや皮膚の発疹、腫瘤(しゅりゅう)により気道や血管、脊髄(せきずい)などの臓器が圧迫されると、気道閉塞、血流障害、麻痺(まひ)などの症状があらわれ、緊急で治療が必要な場合もあります。 3.原因 発症の原因はまだ明らかではありませんが、細胞内の遺伝子に変異が加わり、がん遺伝子が活性化することで発症すると考えられています。[ganjoho.jp]

    不足: 大理石骨病
  • 腎細胞癌

    血尿 側腹部腫瘤 疼痛 体重減少 腹痛 食欲不振 低色素性貧血 肝機能障害 腫瘍随伴性症候群 高カルシウム血症 多血症 高血圧本症は転移が多いことで有名な悪性腫瘍であり、特に肺転移、骨転移、肝転移を起こしやすい。なかでも肺転移が最も多い。[ja.wikipedia.org] 血尿 側腹部腫瘤 疼痛 体重減少 腹痛 食欲不振 低色素性貧血 肝機能障害 腫瘍随伴性症候群 カルシウム 多血症 血圧本症は転移が多いことで有名な悪性腫瘍であり、特に肺転移、骨転移、肝転移を起こしやすい。なかでも肺転移が最も多い。[ja.wikipedia.org] その他に肥満(特に女性)、カドミウム、一部の解熱鎮痛薬の長期使用(アセトアミノフェン、フェナセチン)なども本の危険因子である。[ja.wikipedia.org]

    不足: 大理石骨病
  • サルコイドーシス

    サルコイドーシスにカルシウム頻度に合併することは古くから知られている。サルコイドーシスや結核では肺胞マクロファージや肉芽腫の類上皮細胞がビタミンD-1α水酸化酵素を産出し、1.25(OH)2Dが過剰に変換、産出される結果、カルシウムが起こる。[ja.wikipedia.org] この原因は、「小径線維神経障害」といって、神経線維の中でも非常に細い末端の知覚神経や自律神経が侵されたための障害であることがわかっています。サルコイドーシスでは血管の障害もおこることがわかっていますので、この小径線維ニューロパチーは、血流障害によってさらに細い神経の障害がおこってきているものと推測されます。[nanbyou.or.jp] サルコイドーシスでは、高カルシウム血症による障害、尿細管間質性腎炎、肉芽腫性間質性腎炎、糸球体腎炎、腎血管炎がまれに起こる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 大理石骨病
  • 肝細胞癌

    下痢(血管作動性腸管ペプチド)や、低血糖、 多発性筋炎 、 RS3PE 、後発性ポルフィリンや異常 フィブリノーゲン カルシウム 、赤血球増加症などがおこることもある。 検査 [ 編集 ] 腫瘍マーカー [ 編集 ] 腫瘍マーカー は以下がある。[ja.wikipedia.org] 障害度は、肝機能の状態によって、A、B、Cの3段階に分けられます(表3)。また、肝硬変の程度を把握するために、Child-Pugh(チャイルド・ピュー)分類が用いられることもあります(表4)。どちらの分類方法でも、AからCへと進むにつれて、肝障害の程度は強まります。[ganjoho.jp] 治療法の選択 [ 編集 ] 「科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン2009」では肝細胞癌の治療は肝障害度、腫瘍数、腫瘍径を考慮されて選択される。要点を以下のようにまとめる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 大理石骨病
  • 褐色細胞腫

    パニック障害様の症状がでることもある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 大理石骨病
  • バセドウ病

    プロプルチオウラシルは重症肝障害が出現することがあるため、ガイドラインでもメルカゾールを第一選択薬としている。 放射線治療の一種であり、非密封小線源治療に分類される。外来治療が可能であり、簡便性の面で優れている。[ja.wikipedia.org] 心拍数と血圧の上昇、不整脈、過剰な発汗、神経質や不安、睡眠障害、意図しない体重減少などの症状がみられます。 診断は血液検査により確定されます。 甲状腺機能亢進症の管理には、チアマゾールまたはプロピルチオウラシルが用いられます。[msdmanuals.com] チアマゾールは,胎児や乳児に合併症を引き起こすことなく妊娠中および授乳中の女性に支障なく投与されているが,まれに,新生児の頭皮欠損および消化管異常や,まれな胎児障害との関連が報告されている。こうした合併症のため,第1トリメスターにはプロピルチオウラシルが使用される。[msdmanuals.com]

    不足: 大理石骨病
  • 腫瘍随伴症候群

    傍腫瘍性神経症候群の症状としては、運動失調(歩行困難等)、眩暈、病的眼球振盪、嚥下困難、筋緊張低下、運動協調性低下、不明瞭発語、健忘、視覚異常、睡眠障害、認知症、四肢感覚脱失が挙げられる。 傍腫瘍性神経症候群を伴う主な癌種は、乳癌、卵巣腫瘍であるが、他の癌腫でも発現し得る。 治療法としては、下記のようなものがある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 大理石骨病
  • 変形性骨炎

    四肢の罹患骨は骨折を、顎骨の変形はかみ合わせの異常や開口障害などの歯科的な障害、頭蓋骨の肥厚・肥大は難聴、視力障害、脊柱の肥大は脊柱管狭窄症などの神経学的な障害を来す原因となる。若年性、症候性の骨パジェット病は多骨性あるいは全身性で骨の変形も強く、高齢者に散発性に生ずる骨パジェット病に比較して変形や機能障害が強い。[nanbyou.or.jp] 合併症 [ 編集 ] カルシウム [ 編集 ] 骨破壊の進行による、骨からのカルシウム放出増加によってカルシウムが合併することがある [1] 。また、カルシウムによって 腎結石 、心電図異常などを続発することもある [1] 。続発性 副甲状腺機能亢進症 も合併することがある [1] 。[ja.wikipedia.org] 骨粗鬆症、変形性骨炎(骨ページェット病)、腫瘍(カルシウムの有無にかかわらず)の骨転移、多発性骨髄腫、骨形成不全症、その他骨の脆弱症を特徴とする疾患の予防と治療に用いられる。顎骨の難治性壊死(BRONJ)や病的骨折という問題点も知られる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 大理石骨病

類似した症状