Create issue ticket

考えれる26県の原因 大槽拡大

  • 脳橋内出血

    中小脳脚(小脳求心系)の萎縮は横断像では中小脳脚の厚みの減少、小脳橋角の開、第四脳室は側方拡大で示される。正常例では 下部橋レベルでの第四脳室の最大左右径は20mmほど とされる。[ja.wikipedia.org]

  • 交通性水頭症

    ヒドロキシセルロース配合オキシブチニン膀胱内注入療法の検討 田中 謙二 自然科学研究機構生理学研究所分子神経生理部門 水頭症を発症するモデルマウスを用いた繊毛形成機序の解明 室井 愛 茨城県立こども病院小児脳神経外科 3D-MRCPを用いた簡易的脳脊髄液・灰白質・白質量測定の臨床応用 2011年 日高 庸博 大阪府立母子保健総合医療センター産科 胎児孤発性拡大[jikeikai-group.or.jp]

  • 魚鱗癬と男性性腺機能不全症

    脳梁欠損と併発して起こる典型的な脳の異常として、多小脳回症、脳室周囲と皮質下の異所形成、頭蓋内嚢胞、小脳異常、拡大などが含まれる。神経系異常には、小頭症、視神経委縮症、成長遅滞、精神遅滞、難治性てんかん、筋緊張低下、痙攣による四肢緊張亢進なども含まれる。アイカルディ症候群の原因はまだわかっていないが ... 先天奇形[kegg.jp]

  • 肝肺症候群

    網膜障害、眼コロボーマ、眼球運動失行、発語失行、脳底拡大やダンディー・ウォーカー奇形から古典的な臼歯サインに至るまで非特異的な後頭蓋窩の異常を含む中脳・後脳の異常、発達遅滞、口腔異常、多指症、肥満、内臓逆位、低身長もしくは骨格形成異常を示唆するその他の異常など。[grj.umin.jp]

  • 中枢神経系嚢胞

    頭蓋骨の変形(レモン型のキアリⅡ型奇形,18トリソミーに見られるストロベリー型,さまざまな形態を示す頭蓋骨早期癒合症)がないか 後頭蓋窩にて消失や小脳のバナナ様変形(キアリII型奇形)や第4脳室の嚢胞状拡大と小脳虫部の欠損(ダンディーウォーカー奇形)がないかどうか 脊椎にて嚢胞性病変や脊髄の走行異常(脊髄髄膜瘤)がないかどうか 前頭突出[jaog.or.jp] 環椎後小橋 第3章 バージョンアップ編 1 大脳皮質形成にみられる細胞移動と制御因子 1.大脳皮質への細胞移動様式 2.細胞移動を制御する因子 2 放射状グリア 3 Cajai-Retzius細胞 4 Bergmann膠細胞 5 橋中心髄鞘崩壊 6 成人のDandy-Walker奇形 7 後頭蓋窩背側正中部の嚢胞性病変 1.総説 2.巨大[nagaishoten.co.jp] 3.Blake嚢嚢胞 8 外傷性脊髄空洞症 9 水頭症 1.先天性中脳水道狭窄 2.落陽現象 3.脳室拡大の評価法 4.側脳室後角拡大症 5.脳形成不全性水頭症 6.X連鎖性水頭症 7.シャント術後の合併症 10 全前脳症 11 透明中隔―視神経形成異常 12 神経細胞移動障害 1.総説 2.裂脳症 3.滑脳症 4.異所性灰白質 5.多小脳回症[nagaishoten.co.jp]

  • 成長遅延-水頭症-肺発育不全症候群

    脳梁欠損と併発して起こる典型的な脳の異常として、多小脳回症、脳室周囲と皮質下の異所形成、頭蓋内嚢胞、小脳異常、拡大などが含まれる。神経系異常には、小頭症、視神経委縮症、成長遅滞、精神遅滞、難治性てんかん、筋緊張低下、痙攣による四肢緊張亢進なども含まれる。アイカルディ症候群の原因はまだわかっていないが ...[kegg.jp] 頭蓋骨の変形(レモン型のキアリⅡ型奇形,18トリソミーに見られるストロベリー型,さまざまな形態を示す頭蓋骨早期癒合症)がないか 後頭蓋窩にて消失や小脳のバナナ様変形(キアリII型奇形)や第4脳室の嚢胞状拡大と小脳虫部の欠損(ダンディーウォーカー奇形)がないかどうか 脊椎にて嚢胞性病変や脊髄の走行異常(脊髄髄膜瘤)がないかどうか 前頭突出[jaog.or.jp]

  • 多小脳回

    環椎後小橋 第3章 バージョンアップ編 1 大脳皮質形成にみられる細胞移動と制御因子 1.大脳皮質への細胞移動様式 2.細胞移動を制御する因子 2 放射状グリア 3 Cajai-Retzius細胞 4 Bergmann膠細胞 5 橋中心髄鞘崩壊 6 成人のDandy-Walker奇形 7 後頭蓋窩背側正中部の嚢胞性病変 1.総説 2.巨大[nagaishoten.co.jp] 3.Blake嚢嚢胞 8 外傷性脊髄空洞症 9 水頭症 1.先天性中脳水道狭窄 2.落陽現象 3.脳室拡大の評価法 4.側脳室後角拡大症 5.脳形成不全性水頭症 6.X連鎖性水頭症 7.シャント術後の合併症 10 全前脳症 11 透明中隔―視神経形成異常 12 神経細胞移動障害 1.総説 2.裂脳症 3.滑脳症 4.異所性灰白質 5.多小脳回症[nagaishoten.co.jp]

  • 先天性アンチトロンビン欠乏症2型

    神経画像 PMM2-CDG ( CDG-Ia ) と上小脳槽の拡大が後期乳児期から早期小児期において観察される。 症例によってはテント下およびテント上のいずれにも、脳萎縮を伴う病変を呈することがある。 ダンディー・ウォーカー奇形および小さな白質嚢胞が報告されている。[grj.umin.jp]

  • 脾機能亢進症

    網膜障害、眼コロボーマ、眼球運動失行、発語失行、脳底拡大やダンディー・ウォーカー奇形から古典的な臼歯サインに至るまで非特異的な後頭蓋窩の異常を含む中脳・後脳の異常、発達遅滞、口腔異常、多指症、肥満、内臓逆位、低身長もしくは骨格形成異常を示唆するその他の異常など。[grj.umin.jp]

  • 頭蓋前頭鼻骨形成異常

    頭蓋骨の変形(レモン型のキアリⅡ型奇形,18トリソミーに見られるストロベリー型,さまざまな形態を示す頭蓋骨早期癒合症)がないか 後頭蓋窩にて消失や小脳のバナナ様変形(キアリII型奇形)や第4脳室の嚢胞状拡大と小脳虫部の欠損(ダンディーウォーカー奇形)がないかどうか 脊椎にて嚢胞性病変や脊髄の走行異常(脊髄髄膜瘤)がないかどうか 前頭突出[jaog.or.jp]

さらなる症状