Create issue ticket

考えれる840県の原因 大動脈瘤

  • イレウス

    腹腔内または後腹膜炎症(虫垂炎、憩室炎、穿孔性十二指腸潰瘍など) 後腹膜または腹腔内血腫(例えば腹部大動脈破裂、腰椎圧迫骨折に起因) 代謝障害(低カリウム血症、高カルシウム血症) 薬物性(タクロリムス、オピオイド、抗コリン薬、カルシウム拮抗薬などの副作用) 希に腎疾患や下位肋骨骨折、下葉肺炎、心筋梗塞など 病院によって以下のように分類される[ja.wikipedia.org]

  • マルファン症候群

    また、大動脈がある程度以上拡張してしまった場合(50-60mm径以上)は、大動脈と呼び、大動脈が破れてしまう危険が高くなります。一般的に、この様な場合は、手術を行うことがふつうです。妊娠時には、血管壁の異常が、生じ、大動脈、破裂を起こしやすくなります。[jsachd.org] の名称:胸部大動脈大動脈弁輪拡張症、上行大動脈、弓部大動脈、下行大動脈、胸腹部大動脈、腹部大動脈 大動脈分類の名称:真性大動脈、紡錘状動脈、嚢状動脈、仮性大動脈、外傷性大動脈、破裂性大動脈、非破裂性大動脈 大動脈解離関連名称:大動脈解離、急性大動脈解離、慢性大動脈解離、解離性大動脈、Stanford分類、Stanford[jpats.org] 主に心臓や血管、骨格、眼、肺、皮膚などに影響が生じますが、最も重篤な転帰をもたらす臓器は大動脈で、若くして大動脈を発症し、重度の場合には大動脈解離(大動脈の壁の一部が裂けてしまい、突然死の原因にもなる)に至る場合もあり慎重な管理が求められます。[medicalnote.jp]

  • 胸部大動脈瘤

    胸部大動脈は腹部大動脈と比較して頻度は高くないが、未治療ないし未発見のまま放置されると、壁の解離やの破裂のために致命的になる恐れがある。 大動脈の正常径は一般的に胸部で30mm程度である。[ja.wikipedia.org] 実験例2:図18は上行大動脈がある場合につき,実験例1と同様の解析条件をインタラクティブ解析条件設定部0102を通して与え,応力推定を行ったときの結果である。インタラクティブ可視化部0104において,周方向と軸方向のベクトルを入力し,周方向の応力成分を表示したものが1801,軸方向の応力成分を表示したものが1802である。[google.com] […] τP は大動脈壁の拍動による変形量、血圧、および曲率から導出でき、また壁厚情報は不要である。 大動脈 腹部大動脈 大動脈解離 マルファン症候群 心臓血管外科学[ja.wikipedia.org]

  • 大動脈瘤

    真性大動脈 仮性大動脈 解離性大動脈 部位別に以下に分類される 胸部大動脈(TAA:Thoracic aortic aneurysm)上行大動脈 弓部大動脈 下行大動脈腹部大動脈(AAA:Abdominal aortic aneurysm)腹部大動脈 (AAA) とは、腹大動脈が部分的に肥大したもので、直径3cm以上または[ja.wikipedia.org] 胸部大動脈とは、上行大動脈から弓部(遠位弓部)、胸部下行大動脈に動脈があることです。胸部大動脈の正常の太さはおよそ3cmと言われていますので、4.5cmを超えて膨らんだ場合を胸部大動脈と呼びます。5-6cmを超えてくると手術治療が検討されます。[pref.saitama.lg.jp] 腹部大動脈発症の危険因子 腹部大動脈発症の危険因子としては、高齢、男性、喫煙者、白人、腹部大動脈の家族歴、他部位の大きな動脈の存在、動脈硬化などが指摘されています。腹部大動脈は60歳以下の人ではほとんどみられませんが、加齢とともに罹患率が上昇するとされています。また喫煙は単独で腹部大動脈発症の危険因子です。[med-takaoka.jp]

  • 動脈瘤

    腹部大動脈発症の危険因子 腹部大動脈発症の危険因子としては、高齢、男性、喫煙者、白人、腹部大動脈の家族歴、他部位の大きな動脈の存在、動脈硬化などが指摘されています。腹部大動脈は60歳以下の人ではほとんどみられませんが、加齢とともに罹患率が上昇するとされています。また喫煙は単独で腹部大動脈発症の危険因子です。[med-takaoka.jp] 胸部大動脈とは、上行大動脈から弓部(遠位弓部)、胸部下行大動脈に動脈があることです。胸部大動脈の正常の太さはおよそ3cmと言われていますので、4.5cmを超えて膨らんだ場合を胸部大動脈と呼びます。5-6cmを超えてくると手術治療が検討されます。[pref.saitama.lg.jp] の名称:胸部大動脈大動脈弁輪拡張症、上行大動脈、弓部大動脈、下行大動脈、胸腹部大動脈、腹部大動脈 大動脈分類の名称:真性大動脈、紡錘状動脈、嚢状動脈、仮性大動脈、外傷性大動脈、破裂性大動脈、非破裂性大動脈 大動脈解離関連名称:大動脈解離、急性大動脈解離、慢性大動脈解離、解離性大動脈、Stanford分類、Stanford[jpats.org]

  • 再発性多発軟骨炎

    頻度は少ないですが、より重篤な場合には、心筋梗塞、心臓弁膜症、大動脈、脳梗塞、脳出血などの心血管や脳の病気、骨髄異形成症候群(血液の病気)を発症することがあり、命の危険にさらされることもあります。 検査・診断 軟骨組織の炎症による症状が出現していることを確認します。耳鼻科や眼科を受診して、炎症性病変を確認します。[medicalnote.jp] 心臓血管系 の症状 は、大動脈弁閉鎖不全、僧房弁閉鎖不全などの心臓弁膜症、動脈などの大動脈病変を伴うことがあります。 その他の症状としては、腎障害や神経障害を伴うことがあります。 治療の中心は 経口ステロイド ですが、気道病変を持つ場合には早期から 免疫抑制剤 の使用を考慮する必要があります。[horp-rp.com]

  • 大動脈瘤および解離

    の名称:胸部大動脈大動脈弁輪拡張症、上行大動脈、弓部大動脈、下行大動脈、胸腹部大動脈、腹部大動脈 大動脈分類の名称:真性大動脈、紡錘状動脈、嚢状動脈、仮性大動脈、外傷性大動脈、破裂性大動脈、非破裂性大動脈 大動脈解離関連名称:大動脈解離、急性大動脈解離、慢性大動脈解離、解離性大動脈、Stanford分類、Stanford[jpats.org] 大動脈とは― 大動脈は、心臓から拍出される血液を運ぶ重要な通路で、通常の太さは22ミリ程度です。高齢化と食生活の欧米化などにより、動脈が硬くなったり、もろくなったりするために内腔が拡大し、太くなって状になった部分が35ミリ以上となったものを、大動脈と診断します。[bureau.tohoku.ac.jp] 図2 大動脈の分類 原因による分類 真性大動脈 大動脈解離(解離性大動脈) 仮性大動脈 また、大動脈はその発生する部位により呼び方が異なっております。たとえば、上行大動脈にできたものは上行大動脈、腹部大動脈にできたものは腹部大動脈といいます。[jpats.org]

  • 腹部大動脈血栓症

    の名称:胸部大動脈大動脈弁輪拡張症、上行大動脈、弓部大動脈、下行大動脈、胸腹部大動脈、腹部大動脈 大動脈分類の名称:真性大動脈、紡錘状動脈、嚢状動脈、仮性大動脈、外傷性大動脈、破裂性大動脈、非破裂性大動脈 大動脈解離関連名称:大動脈解離、急性大動脈解離、慢性大動脈解離、解離性大動脈、Stanford分類、Stanford[jpats.org] 腹部大動脈って? 腹部大動脈とは 大動脈とは、大動脈が正常の太さの1.5倍以上に(コブ)状に膨らんだもので、腹部大動脈の場合には正常な太さが約2cmであるため3cm以上に膨らんだ場合に「腹部大動脈」ということになります。[jsvs.org] 文責:田崎 淳一(胸部大動脈ステントグラフト指導医 腹部大動脈ステントグラフト指導医)[kyoto-u-cardio.jp]

  • 腹部動脈瘤大動脈

    胸部大動脈とは、上行大動脈から弓部(遠位弓部)、胸部下行大動脈に動脈があることです。胸部大動脈の正常の太さはおよそ3cmと言われていますので、4.5cmを超えて膨らんだ場合を胸部大動脈と呼びます。5-6cmを超えてくると手術治療が検討されます。[pref.saitama.lg.jp] 大動脈:腹部大動脈 症状 残念ながらほとんどの場合、腹部大動脈には自覚症状がありません。 症状があるとすれば、最も一般的な兆候は痛みです。痛みは腹部や背中、胸部に現れ、軽い痛みから激しい痛み、または腰や腹部中央から上部にかけての圧痛と様々です。患者様によっては、大動脈を拍動や、拍動性の腫として腹部に感じることがあります。[cookmedical.co.jp] 腹部大動脈発症の危険因子 腹部大動脈発症の危険因子としては、高齢、男性、喫煙者、白人、腹部大動脈の家族歴、他部位の大きな動脈の存在、動脈硬化などが指摘されています。腹部大動脈は60歳以下の人ではほとんどみられませんが、加齢とともに罹患率が上昇するとされています。また喫煙は単独で腹部大動脈発症の危険因子です。[med-takaoka.jp]

  • 家族性腹部大動脈瘤

    胸部大動脈とは、上行大動脈から弓部(遠位弓部)、胸部下行大動脈に動脈があることです。胸部大動脈の正常の太さはおよそ3cmと言われていますので、4.5cmを超えて膨らんだ場合を胸部大動脈と呼びます。5-6cmを超えてくると手術治療が検討されます。[pref.saitama.lg.jp] 腹部大動脈発症の危険因子 腹部大動脈発症の危険因子としては、高齢、男性、喫煙者、白人、腹部大動脈の家族歴、他部位の大きな動脈の存在、動脈硬化などが指摘されています。腹部大動脈は60歳以下の人ではほとんどみられませんが、加齢とともに罹患率が上昇するとされています。また喫煙は単独で腹部大動脈発症の危険因子です。[med-takaoka.jp] 大動脈のうち、最も多いのがおなかにできる「腹部大動脈」です。 腹部大動脈の位置 大動脈は「がん」などと違って、診断がついたらすぐ手術を考えなければいけない病気ではありません。[saiseikai.or.jp]

さらなる症状

類似した症状