Create issue ticket

考えれる100県の原因 夜間発作性呼吸困難

  • 心不全

    血圧低下の症状頻脈、チアノーゼ、尿量低下、血圧低下、手足の冷感、意識レベルの低下肺うっ血の症状肺高血圧、胸水、労作時呼吸困難発作夜間呼吸困難、咳嗽、チェーンストークス呼吸、湿性ラ音など胸部X線画像においては、 心陰影の拡大 肺うっ血 Kerley's B lineが見られる。[ja.wikipedia.org]

  • うっ血性心不全

    うっ血性心不全は、心臓のポンプ機能低下により、肺や下半身に体液が貯留してしまい、肺水腫などを引き起こす疾患で、肺水腫になると呼吸困難を生じ、夜間発作呼吸困難や起座呼吸などの特徴的な症状を伴う。その他、心臓のポンプ機能の低下により組織での代謝が阻害されて運動耐性が低下し、全身倦怠や息切れを起こしやすい。[almediaweb.jp] 重症化すると、就寝時に息苦しくなったり(夜間発作呼吸困難)、体を横(水平)にしていると呼吸が苦しいのに上半身を起こすと楽になる起座[きざ]呼吸という症状が現われたりします。なぜ寝ている姿勢より起きている姿勢のほうが呼吸が楽なのかというと、体を横(水平)にすると、下半身に行っていた血液が急に心臓に戻り、肺うっ血が強まるからです。[newheart.jp] 心不全の症状 ・肺うっ血による右心不全症状 呼吸困難、息切れ、頻呼吸、起座呼吸発作夜間呼吸困難、呼気性喘鳴、ピンク状泡沫状痰など ・心拍出量低下による低心拍出症状 易疲労感、意識障害、冷汗、不穏、チアノーゼ、低血圧、乏尿など ・体静脈うっ血による右心不全症状 頚静脈怒張、浮腫、体重増加、食欲低下、腹部膨満感(腹水)、心窩部不快感、肝うっ[kango-oshigoto.jp]

  • 肺水腫

    患者さんのなかには、立位で活動しているときには症状がなくても、横になると息苦しさを感じてしまうため、夜間座った状態の「起坐呼吸(きざこきゅう)」で寝ている方もいます。また、実際に呼吸困難で救急搬送される患者さんは、夜寝ているときに起こる「夜間発作呼吸困難」のケースがとても多くみられます。[medicalnote.jp] 臨床症状 心原肺水腫では喘鳴,呼吸困難,特に,発作夜間呼吸困難や起座呼吸,咳および泡沫状のピンク色の痰が特徴である.身体所見では努力性呼吸,頻呼吸,頻脈,頸静脈の怒張がみられる.皮膚は蒼白で冷湿,チアノーゼを伴い,ショックに陥ることもある.聴診上,肺で水泡音(coarse crackle)が聴取される.[kotobank.jp]

  • 心筋疾患

    うっ血(浮腫,起坐呼吸発作夜間呼吸困難)や心拍出量の減少(疲労,労作性呼吸困難)の症状を伴う心不全 不整脈や伝導障害 脳卒中を含む(左室壁在血栓由来の)血栓塞栓症 診断・検査 遺伝性の拡張型心筋症は,他の原因が確認されている心筋症と鑑別しなければならない.発端者が発症した拡張型心筋症について,確認できる非遺伝性の要因をすべて除外した後に[grj.umin.jp] 指示された患者に対して:刺激伝導障害への侵襲的な電気生理学的な評価 左心室機能障害とDCMの評価 あらゆるタイプの心筋症を想定した家族歴、呼吸困難の個人的な病歴、労作時呼吸困難発作夜間呼吸困難、胸痛などの聴取 左心室の容積および機能を決定するための左心室機能の評価(心エコーが最も一般的)。[plaza.umin.ac.jp] うっ血(浮腫,起坐呼吸発作夜間呼吸困難)や心拍出量の減少(疲労,労作性呼吸困難)といった症状 不整脈や伝導障害 .こうした症状は進行した心筋症や心不全に随伴することが多い.遺伝学的要因( LMNA 遺伝子, SCN5A 遺伝子, DES 遺伝子の病原性バリアントなど)のなかには,左室機能不全の進行度合いでは考えられないほどの顕著な伝導障害[grj.umin.jp]

  • 冠動脈疾患

    はじめに 本稿では冠動脈病変に対するカテーテル治療における穿刺部位について当院での方針をご紹介させて頂きます。 総大腿動脈アプローチと橈骨動脈アプローチ 狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患に対するカテーテル治療である経皮的冠動脈形成術(percutaneous coronary intervention: PCI)は、ステントなどのデバイスの進歩に伴い年々その成績が向上しています。そのPCIのアプローチ法としては橈骨動脈アプローチ(trans-radial intervention: TRI)と総大腿動脈アプローチ(trans-femoral intervention:[…][kansaih.johas.go.jp]

  • 高拍出性心不全

    また、呼吸困難は、症状の進行に伴い、労作呼吸困難 発作夜間呼吸困難 安静時呼吸困難と進行していきます。 【関連記事】 * 心不全について知ろう! 左心不全とは * 心機能と呼吸機能はどのように影響し合うの?[nursepress.jp] 乏尿、四肢冷感、めまい、だるさ、血圧低下など:血液を送り出す能力が低下して起こります 息苦しさ(労作時呼吸困難発作夜間呼吸困難、起座呼吸など): 肺に血液がうっ滞すると(肺うっ血)呼吸困難が生じます。 心臓のポンプ機能が低下すると、肺に多くの血液がうっ滞し、酸素を取り込み二酸化炭素を体外に出すことができなくなります。[sugiyama-junkanki.com] 血圧低下の症状 頻脈、チアノーゼ、尿量低下、血圧低下、手足の冷感、意識レベルの低下 肺うっ血の症状 肺高血圧 、 胸水 、 労作時呼吸困難発作夜間呼吸困難、 咳嗽 、 チェーンストークス呼吸 、湿性ラ音など 胸部X線画像においては、 心陰影の拡大 肺うっ血 Kerley's B line が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 大動脈弁狭窄症

    3つめは他の弁膜症と同様、体を動かした時の息切れや夜間発作呼吸困難といった左心不全の症状です。 大動脈弁狭窄症では、このような狭心痛、失神、心不全症状が現れ、そのままにしておくと予後不良になります。 以前は、一般的には、生命予後は狭心痛が現れると5年、失神が現れると3年、心不全が現れると最も悪く、生命予後は2年と言われていました。[tokushukai.or.jp]

  • 拡張型心筋症

    初期には疲れやすくなったり、運動時に動悸や息切れを感じたりという症状が現れ、ひどくなると夜間発作呼吸困難(眠りについて数時間たったころに突然起こる強い呼吸困難)も出てきます。もっと重症になると全身にむくみが出たり、肝臓がはれたりしてきます。心室頻拍や心室細動といった危険な不整脈が起こると突然死する場合もあります。[yomidr.yomiuri.co.jp] うっ血(浮腫,起坐呼吸発作夜間呼吸困難)や心拍出量の減少(疲労,労作性呼吸困難)の症状を伴う心不全 不整脈や伝導障害 脳卒中を含む(左室壁在血栓由来の)血栓塞栓症 診断・検査 遺伝性の拡張型心筋症は,他の原因が確認されている心筋症と鑑別しなければならない.発端者が発症した拡張型心筋症について,確認できる非遺伝性の要因をすべて除外した後に[grj.umin.jp] 指示された患者に対して:刺激伝導障害への侵襲的な電気生理学的な評価 左心室機能障害とDCMの評価 あらゆるタイプの心筋症を想定した家族歴、呼吸困難の個人的な病歴、労作時呼吸困難発作夜間呼吸困難、胸痛などの聴取 左心室の容積および機能を決定するための左心室機能の評価(心エコーが最も一般的)。[plaza.umin.ac.jp]

  • 僧帽弁閉鎖不全症

    夜間に小水に起きるようになります。これらは心不全の第一歩です。 さらに病勢が進むと、夜間発作呼吸困難を起こします。就寝時に急に呼吸が苦しくなる事態です。また、体を横にしただけで息苦しくなり、いつも体を起こしていなければならなくなります。これは「起座呼吸」と言って、肺うっ血が進んだときの特有の症状です。 激しい咳込みも生じます。[doctorblackjack.net] 夜間に小水に起きたりもします。 病気が進むと、夜間発作呼吸困難(寝ていて急に起こる呼吸困難)や起座呼吸(横になると苦しいので常に体を起こして呼吸する状態)を起こすようになります。激しい咳や胸痛が出ることもあります。 重症化すると現われるのが、心房細動という頻脈(不整脈の一種)です。[doctorblackjack.net] 夜間に小水に起きるようにもなります。 病気が進行すると、寝ていて急に呼吸が苦しくなる夜間発作呼吸困難を起こすようになります。また、体を横にしただけで呼吸が苦しくなり常に体を起こしていなければならなくなる、起座呼吸を起こすようにもなります。 拡張期の血圧が大きく低下して失神したりします。不整脈も起こります。[doctorblackjack.net]

  • 大動脈弁閉鎖不全症

    夜間に小水に起きるようにもなります。 病気が進行すると、寝ていて急に呼吸が苦しくなる夜間発作呼吸困難を起こすようになります。また、体を横にしただけで呼吸が苦しくなり常に体を起こしていなければならなくなる、起座呼吸を起こすようにもなります。 拡張期の血圧が大きく低下して失神したりします。不整脈も起こります。[doctorblackjack.net] 臨床症状 慢性の大動脈弁閉鎖不全では前述の代償機構が働くため長期間無症状で経過する.非代償期になると労作時呼吸困難発作夜間呼吸困難,起坐呼吸などの左心不全症状をきたす.失神や狭心痛も生じうるが頻度は少ない.急性のものは,突然の左心不全症状をきたす.[kotobank.jp] 原因としては,弁変性および大動脈基部拡張(二尖弁の合併を含む),リウマチ熱,心内膜炎,粘液腫様変性,大動脈基部解離,結合組織疾患(例,マルファン症候群),リウマチ疾患などがある。症状としては,労作時呼吸困難,起座呼吸発作夜間呼吸困難,動悸,胸痛などがある。徴候としては,脈圧開大や拡張早期雑音などがある。[msdmanuals.com]

さらなる症状