Create issue ticket

考えれる17県の原因 夜間下肢こむら返し

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症

    某人気グループのメンバーが書類送検されたことが大きなニュースになってます。国政やら南北朝鮮やら重要な問題がたくさんあるときに、それほど大騒ぎすることでもあるまい、という気がしつつも、つい見てしまう自分が恥ずかしい。 飲酒で酩酊状態になったことが原因のようだが、う ん、それってアルコール依存症とちゃうんか。[…][sumufumulab.jp]

  • むずむず脚症候群

    むずむず脚症候群 (むずむずあししょうこうぐん、 英 : restless legs syndrome 、RLS)は、身体末端の不快感や痛みによって特徴づけられた慢性的な病態である。 レストレスレッグス症候群 (レストレスレッグスしょうこうぐん)、 下肢静止不能症候群 (かしせいしふのうしょうこうぐん)ともいう。現在は 周期性四肢運動障害 ( 英語版 ) (PLMD)と表裏一体の関係にあるとされている。 病名 [ 編集 ] むずむず脚症候群は、ヨーロッパでは 17世紀[…][ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    末梢神経障害とは、手や足、口のまわりや喉のしびれが起きることを言います。注射剤でのエルプラット、シスプラチン、タキソール、タキソテールで起こることがあります。 エルプラットの末梢神経障害では、冷感を感じる部分が増えて冷たさに敏感になるしびれと、慢性の持続するしびれがあります。 シスプラチンでは手足のしびれ、聴力に影響がでる事があります。 タキソール、タキソテールではグローブアンドストッキングと呼ばれるしびれがあります。これは、手や足の先からしびれが始まり、手袋や靴下で覆われた部分までしびれが広がることから言われるよういなりました。[…][takeda.or.jp]

  • 低ナトリウム血症

    低ナトリウム血症(ていナトリウムけっしょう、英: Hyponatremia)とは、何らかの原因により水の調節機能が正常に働かず血中のナトリウムの濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血中ナトリウム濃度が 136(mEq/L)未満になることを言う。つまり、体内総水分量(TBW)が過剰な状態である。 臨床的には抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)とそれ以外の非SIADHに分けられる。腎臓は50mmHg/kgH2O[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性腎不全

    慢性腎不全 1、疫学 腎臓には体の水分を調節したり老廃物を尿として排泄する機能があります。 ところが腎臓の病気などで血液を濾過する機能がおちると、老廃物を十分排泄できなくなります。 この結果、体内に不必要なものや体にとって有害なものがたまってきてしまいます。 これを腎機能障害、障害が強く機能が著しく低下した状態を腎不全といいます。 2、腎不全の原因 例えば、脱水などでも急性腎不全は引き起こされます。 それから腎臓に 害のある薬剤や化学物質の暴露によるもの 、あるいは腎臓の炎症である腎炎、 細菌によって引き起こされる腎盂腎炎なども繰り返せば腎不全に陥ります。[…][med.nihon-u.ac.jp]

  • 深部静脈血栓症

    手術や長期臥床などが誘因となって起こる、深部静脈血栓症(以下、DVT)。 予防法は病棟で多く取り扱っている一方、実際にDVTを発症したというケースに合った看護師は少ないのではないでしょうか。 そこで今回は、実際にDVTを発症した筆者が、病態から発症によるつらさ、そして実際に行っている予防法について、ご紹介します。 血栓形成における3つのメカニズムを把握しよう DVTを理解する上でまず大切なのは、血栓形成に至る3つのメカニズムを把握することです。 そこで血栓形成における3つのメカニズムを解説します。 1)血流停滞[…][ogw-media.com]

  • 甲状腺機能亢進症

    甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)とは、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が過剰になる疾患である。甲状腺ホルモンは細胞レベルで非常に大切なホルモンであり、体の殆どの組織に影響を及ぼす。代謝内分泌疾患の一つ。 甲状腺ホルモンは身体にエネルギーの利用を促すホルモンであり、これが過剰になる事で全身の臓器細胞の働きが過剰になる。肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 主に心臓の活動が上がって頻脈になり、エネルギー消費の亢進により多食や体重減少、重い疲労感の症状がある。 心拍数の増加、高血圧 発汗量の増加、体温の上昇 皮膚のかゆみ、口が乾く 手足の震え 躁状態、勇敢、やる気の増大[…][ja.wikipedia.org]

  • パーキンソン病

    基礎知識と療養のポイント 監修;兵庫県立尼崎総合医療センター 脳神経内科 パーキンソン病は神経難病の中で最も患者さんが多く、研究が進んでいる疾患です。研究の歴史も古く、1817年にイギリスのジェームス・パーキンソンが最初に患者を報告しました。この疾患は厚生労働省の指定難病です。 1.パーキンソン病はどんな病気? どのくらいの患者さんがいるのでしょうか?人口10万人あたり100 120人の患者さんがおられます。発症年齢は50 60歳代で日本では男性よりも女性のほうが多いとされています。家族性(遺伝性)は5-10%で、大半は非遺伝性です。 2.パーキンソン病の主な症状[…][agmc.hyogo.jp]

  • バセドウ病

    バセドウ病またはバセドー病(バセドウびょう、バセドーびょう、 独: Basedow-Krankheit)とは、甲状腺疾患のひとつで、甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気である。機能亢進によって甲状腺ホルモンが必要以上に産生されるため、肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 ロバート・ジェームス・グレーブス(1835年)とカール・アドルフ・フォン・バセドウ(1840年)によって発見、報告された。かつては発見者のカール・フォン・バセドウ(Carl von Basedow)にちなみ、バセドウ氏病とも呼ばれた。英語圏ではグレーブス病(グレーブスびょう、 英: Graves' disease)と呼ばれる。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状