Create issue ticket

考えれる18県の原因 夜尿症

  • 外陰炎
  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 神経症性障害
  • バラニティデス
  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 適応障害

    なお、小児では、 夜尿症 、幼稚な話し方などの 退行現象 が起こる場合もあるので、注意が必要となる。小児の場合、主観的な苦痛や機能の障害は、仕事や学校の成績の低下や対人関係の一時的な変化として認められることが多いとされている。 定義上、そのストレス因子(またはその結果)がひとたび終結すると、症状がその後さらに6か月以上持続することはない。[bsd.neuroinf.jp]

  • 尿失禁

    排尿 排便 おむつ おむつプレイ トイレットトレーニング 育児 夜尿症 ねしょんべんものがたり 糞尿愛好症[ja.wikipedia.org]

  • 腎盂腎炎

    腎盂腎炎(じんうじんえん、拉: pyelonephritis)は、細菌感染を原因とする腎盂ならびに腎実質の炎症。臨床症状として血尿、混濁尿、膿尿、細菌尿、発熱を特徴とする。病理学的には腎杯の炎症、壊死、変性が認められる。ウシではCorynebacterium属菌(特にCorynebacterium renale)による感染が重要である。 発熱、腰背部痛、悪心、CVA叩打痛、白血球尿、細菌尿などを特徴とするが、この疾患の非常に恐ろしいところは容易に敗血症や播種性血管内凝固症候群 (DIC)、急性呼吸窮迫症候群 (ARDS)[…][ja.wikipedia.org]

  • てんかん

    持病のてんかんを隠して免許を更新したとして千葉県柏市の医師が逮捕された事件で、県警は2日までに、道交法違反(免許証不正取得、過労運転の禁止)容疑で、医師綱川慎一郎容疑者(38)を書類送検した。 送検容疑は2011年11月、てんかんの発作を隠して運転免許を不正に更新し、今年3月、柏市内で運転中、発作による物損事故を起こした疑い。 県警柏署が今年4月、臨時適性検査の受検や免許の自主返納を求めていたが、応じなかった。06年にも神奈川県内で発作による物損事故を起こし、担当の医師から運転を控えるように忠告されていたという。 (この記事は時事通信から引用させて頂きました)[…][sdeoc21y.blog.so-net.ne.jp]

  • 欠神発作

    ホーム 脳神経内科の主な病気 (疾患・用語編) てんかん 解説 てんかんとは てんかんは脳内の神経細胞の過剰な電気的興奮に伴って、意識障害やけいれんなどを発作的に起こす慢性的な脳の病気です。この病気は紀元前から知られており、かつては憑き物にとりつかれて生じる病気と信じられていたため、いまだに多くの誤解や偏見があります。過剰興奮が脳の様々な場所に起こるため、その場所に応じて症状も様々なものとなります。[…][neurology-jp.org]

さらなる症状