Create issue ticket

考えれる100県の原因 多発梗塞性認知症

  • パーキンソン病

    京都大学iPS細胞研究所の高橋淳教授らの研究チームは30日、人のiPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病のサルに移植し、手足の震えなどの症状が軽減したとする研究成果を発表した。霊長類で効果が確認されたのは初めて。2018年度中にもパーキンソン病患者を対象にした再生医療の臨床試験(治験)の開始を目指す。高橋教授は「(治験に使う)手法の有効性や安全性に問題がないことが確認された」としている。 研究成果は英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。[…][nikkei.com]

  • 多発梗塞性認知症

    アルツハイマー病 との鑑別診断が重要になりますが、多発梗塞認知ではCT(コンピュータ断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像法)で脳梗塞多発がみられ、病気の進行はゆっくりで、階段状に一歩一歩わるくなっていきます。CTでみて脳の100g以上に梗塞が起こると、認知症がはじまると考えられています。 初期から人格の障害があらわれます。[medical.jiji.com] 多発梗塞認知は、文字どおり脳梗塞多発することにより持続の神経症状 と認知機能障害がみられるようになるものです。[health-net.or.jp] 病理学的には、認知を呈しやすく頻度の高いものとして、大脳皮質や皮質下白質に小梗塞多発する「多発梗塞認知」や、大脳深部白質にびまん性病変を呈する「ビンスワンガー型認知」などがあります。 これらの病理変化と対応して、頭部CTやMRIで特徴的な画像所見がみられます。[senior-mental.com]

  • 脳血管性認知症

    ただし、単独では麻痺などの明らかな症状を呈しない小血管病変や低かん流脳血管認知などもあり、脳血管認知は厳密には多発梗塞認知、小血管病変によるものとして多発ラクナ梗塞認知およびBinswanger病、また認知機能にとって重要な部位の単一脳梗塞によるもの、低かん流性脳血管性認知症、脳出血性脳血管性認知症など様々に分類されます。[sagasix.jp] 多発梗塞認知は、文字どおり脳梗塞多発することにより持続の神経症状 と認知機能障害がみられるようになるものです。[health-net.or.jp] まず、脳血管障害が連続したあとに急速に進行する場合は、「急性発症の血管認知」。 何回かの小さな梗塞が積み重なって、少しずつ症状が表れる「多発梗塞認知」に分けられます。また、高血圧で、大脳深部白質の血流が乏しくなることで起こる「皮質下血管性認知症」。[e-heartclinic.com]

  • 動揺性高血圧

    多発梗塞認知は、文字どおり脳梗塞多発することにより持続の神経症状 と認知機能障害がみられるようになるものです。[health-net.or.jp] 前者には 血栓性 あるいは 塞栓性 の大梗塞多発の皮質梗塞多発の皮 質出血、 大脳の白質が主に傷害されるビンスワンガー型白質脳症、多発梗塞 認知などが含まれます。 後者の局在性病変の部位としては、知的機能に関与する前頭葉、後頭葉、側頭 葉、海馬、帯状回、脳梁などにおける梗塞や出血が認知をきたしうるとされます (表 9) 。[health-net.or.jp] しかし血管認知のなかでも後述するビン スワンガー型白質脳症や多発梗塞認知の場合、卒中発作が明らかではなく徐々 に進行する場合があるので注意が必要です。 [health-net.or.jp]

  • 大脳基底核出血

    多発梗塞認知は、文字どおり脳梗塞多発することにより持続の神経症状 と認知機能障害がみられるようになるものです。[health-net.or.jp] 前者には 血栓性 あるいは 塞栓性 の大梗塞多発の皮質梗塞多発の皮 質出血、 大脳の白質が主に傷害されるビンスワンガー型白質脳症、多発梗塞 認知などが含まれます。 後者の局在性病変の部位としては、知的機能に関与する前頭葉、後頭葉、側頭 葉、海馬、帯状回、脳梁などにおける梗塞や出血が認知をきたしうるとされます (表 9) 。[health-net.or.jp] しかし血管認知のなかでも後述するビン スワンガー型白質脳症や多発梗塞認知の場合、卒中発作が明らかではなく徐々 に進行する場合があるので注意が必要です。 [health-net.or.jp]

  • 前大脳動脈梗塞

    なお、多発梗塞認知を伴うものをとくに多発梗塞痴呆 (ちほう) とよんでいる。 [荒木五郎] 脳梗塞は脳出血のように病気そのものが死因となることは少なく、合併症による死亡が多いので、看護にはこれに十分留意する必要がある。[kotobank.jp] Binswanger病 [ 編集 ] 白質病変を特徴とする脳血管認知として知られる。多発ラクナ梗塞認知とともに日本の脳血管認知の約半数を占める。皮質下血管認知に分類され、脳小血管病変を主因とする。[ja.wikipedia.org] 多発梗塞 とよばれるもののほとんどはこのラクナ梗塞多発であり、多発することで 認知 ・ パーキンソニズム (脳血管パーキンソン症候群)の原因となることがある。ラクナ梗塞であるのかアテローム血栓性脳梗塞であるのかは、ラクナ梗塞のタイプを知っていると分かりやすい。[ja.wikipedia.org]

  • 混合性不安抑うつ状態

    ,特定不能のもの F01 血管認知 (高橋 晶) F01.0 急性発症の血管認知 F01.1 多発梗塞認知 F01.2 皮質下血管性認知症 F01.3 皮質および皮質下混合性血管性認知症 F01.8 他の血管性認知症 F01.9 血管性認知症,特定不能のもの F02 他に分類されるその他の疾患による認知症 049 (朝田 隆)[rr2.nakayamashoten.co.jp] 精神科診療データブック 目次 FX 分類の歴史 (中根允文) F0 症状性を含む器質性精神障害 認知症(痴呆) (朝田 隆) F00 アルツハイマー病型認知症 F00.0 早発性アルツハイマー病型認知症 F00.1 晩発性アルツハイマー病型認知症 F00.2 アルツハイマー病型認知症,非定型あるいは混合型 F00.9 アルツハイマー病型認知[rr2.nakayamashoten.co.jp]

  • 梗塞性後大脳動脈閉塞

    なお、多発梗塞認知を伴うものをとくに多発梗塞痴呆 (ちほう) とよんでいる。 [荒木五郎] 脳梗塞は脳出血のように病気そのものが死因となることは少なく、合併症による死亡が多いので、看護にはこれに十分留意する必要がある。[kotobank.jp]

  • 脳血栓症

    Binswanger病 [ 編集 ] 白質病変を特徴とする脳血管認知として知られる。多発ラクナ梗塞認知とともに日本の脳血管認知の約半数を占める。皮質下血管認知に分類され、脳小血管病変を主因とする。[ja.wikipedia.org] 多発梗塞 とよばれるもののほとんどはこのラクナ梗塞多発であり、多発することで 認知 ・ パーキンソニズム (脳血管パーキンソン症候群)の原因となることがある。ラクナ梗塞であるのかアテローム血栓性脳梗塞であるのかは、ラクナ梗塞のタイプを知っていると分かりやすい。[ja.wikipedia.org] 多発梗塞 [ 編集 ] 多発性脳梗塞や全身に多発する梗塞を認めた場合際は心原性脳塞栓症を念頭に治療を開始し、それと並行して塞栓源となりうる心疾患などの検索を行う。[ja.wikipedia.org]

  • アルコール性認知症

    長期飲酒例では、アルコールが動脈硬化の危険因子となり、多発梗塞(脳血管性認知)の誘因となるともいわれます。一方、実験的には、アルコールがアルツハイマー病に拮抗する可能性も報告されており、アルコールとアルツハイマー病との関係についてはまだ結論が出ていないようです(Costin BN,Miles MF.[lab.toho-u.ac.jp] アルコール認知 アルコール依存の人には、しばしば知的低下を伴う認知の症状がみられます。しかし、認知の原因は多発梗塞などの脳血管障害、頭部外傷、肝硬変、糖尿病、ウェルニッケ・コルサコフ症候群(下記参照)を含む栄養障害など多岐に及びます。[t-pec.co.jp]

さらなる症状