Create issue ticket

考えれる42県の原因 多発性骨髄腫

  • 骨折

    病的骨折に至る疾病としては、骨肉腫、多発骨髄腫、転移性骨腫瘍などが典型例である。 骨幹部骨折 骨の中央付近における骨折を指す。 骨端部骨折 骨の端部における骨折を指す。1つの骨につき端は2つあるので、遠位端骨折及び近位端骨折として区別される。上下肢(手足)においては体幹に近い方の骨端を近位端、遠い方の骨端を遠位端とする。[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    また高齢発症関節リウマチ、痛風、偽痛風、甲状腺疾患、副甲状腺疾患、多発骨髄腫も重要な鑑別になる。CRP、ESR高値が特徴的である。しかしESRはリウマチ多発筋痛症の5%で正常値をとる。またESR1時間値で100mm以上の場合は巨細胞性動脈炎や悪性腫瘍を疑う。超音波検査では滑液包炎が確認できる。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    家族アミロイド多発ニューロパチー [ 編集 ] 後天ニューロパチー [ 編集 ] 炎症ニューロパチー [ 編集 ] ALアミロイドーシス [ 編集 ] ALアミロイドーシスは多発骨髄腫、原発性マクログロブリン血症、リンパ腫、他の形質細胞腫またはリンパ球増殖性疾患や原発不明の疾患が背景にあって起こる。[ja.wikipedia.org]

  • アシドーシス

    具体的には低アルブミン血症、IgG多発骨髄腫、ブロマイド中毒、高カルシウム血症、高マグネシウム血症、高カリウム血症が存在する。特に低アルブミン血症のためAGの増加がマスクされることはよくあり、アルブミンが1mg/dL低下するごとにAGは2.5 3mEq/L低下することが知られている。これはアルブミンがアニオンであるためである。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性骨髄腫

    多発骨髄腫(メルクマニュアル家庭版) 日本骨髄腫研究会 日本骨髄腫患者の会 多発骨髄腫(一般の方向けサイト) - 国立がん研究センター がん情報サービス “多発骨髄腫とは”. 慶應義塾大学医学部血液内科. 2017年10月9日閲覧。 “多発骨髄腫について”. 小野薬品工業. 2018年3月5日閲覧。[ja.wikipedia.org] 多発骨髄腫と関連する疾患について 2.症状 多発骨髄腫は、「骨髄腫細胞」が主に骨髄でふえ続け、体にいろいろな症状があらわれる病気です。[ganjoho.jp] 多発骨髄腫ではMGUSからSMMを経て症候骨髄腫に至ると考えられており、治療は症候骨髄腫になってから始められる。 多発骨髄腫は胚中心で発生すると考えられている。胚中心は免疫グロブリンの体細胞超変異およびクラススイッチが起きる場所であり(詳細は抗体#免疫グロブリンの多様参照)、変異が起こりやすい。[ja.wikipedia.org]

  • 偽痛風

    また高齢発症関節リウマチ、痛風、偽痛風、甲状腺疾患、副甲状腺疾患、多発骨髄腫も重要な鑑別になる。CRP、ESR高値が特徴的である。しかしESRはリウマチ多発筋痛症の5%で正常値をとる。またESR1時間値で100mm以上の場合は巨細胞性動脈炎や悪性腫瘍を疑う。超音波検査では滑液包炎が確認できる。[ja.wikipedia.org]

  • 急性腎不全

    抄録 AKIを起こす血液疾患として,白血球系では,1)腫瘍崩壊症候群(tumorlysis syndrome),2)多発骨髄腫(myeloma kidney)がある.また,赤血球系と血小板系では,溶血性尿毒症症候群(hemolytic uremic syndrome:HUS)・血栓性血小板減少性紫斑病(thrombotic thrombocytopenic[doi.org]

  • 結節性紅斑

    サリドマイド(英語: thalidomide)とは、非バルビツール酸系の化合物で、催眠作用と催奇形を持ち、抗多発骨髄腫薬、ハンセン病の2型らい反応の治療薬としても知られる。[ja.wikipedia.org] 藤本製薬は2005年8月からサリドマイドを多発骨髄腫の治療薬として、治験を開始すると明らかにした。同社は2006年6月30日に治験を終え、8月8日、厚生労働省に製造販売の承認申請を行った。[ja.wikipedia.org] また1999年には多発骨髄腫(骨髄がん)への臨床試験が行われ、日本でも2008年サレドカプセルの商品名で再承認された。日本では使用にあたって「サリドマイド製剤安全管理手順」の遵守が求められる。 西ドイツのグリュネンタール社が開発し、1957年に発売した。[ja.wikipedia.org]

  • 小球性貧血

    悪性リンパ腫 (ML) ホジキン病 (HL) 非ホジキン病 (NHL) 血管免疫芽球型T細胞リンパ腫 (AILT) 血管免疫芽細胞リンパ節症 (AILD) 多発骨髄腫 (MM) キャッスルマン病 クロウ・フカセ症候群 白血球減少症 後天性免疫不全症候群 (AIDS) 血漿タンパク異常 マクログロブリン血症 (ICD-10: C88.0)[ja.wikipedia.org]

  • 膝蓋骨骨折

    病的骨折に至る疾病としては、骨肉腫、多発骨髄腫、転移性骨腫瘍などが典型例である。 骨幹部骨折 骨の中央付近における骨折を指す。 骨端部骨折 骨の端部における骨折を指す。1つの骨につき端は2つあるので、遠位端骨折及び近位端骨折として区別される。上下肢(手足)においては体幹に近い方の骨端を近位端、遠い方の骨端を遠位端とする。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状