Create issue ticket

考えれる692県の原因 多発性腎嚢胞

  • 常染色体優性多発性嚢胞腎

    検索結果に戻る 最終更新日:2018年10月16日 公 開 日:2017年09月23日 治験実施者:医師主導 治験実施地域:日本国内のみ 終了 常染色体優性多発嚢胞/多発嚢胞 実施病院 順天堂医院 診療科 泌尿器科 区分 治験薬 名称 NK939 種類 形態 責任医師 募集期間 参加期間 承認日/販売名 備考 (2015-019)[gcprec.juntendo.ac.jp] 概要 常染色体優性多発嚢胞(多発嚢胞)とは、両方の腎臓に多くの 嚢胞 ( のうほう ) (球状の袋でなかに液体が溜まっている)ができる病気のことです。遺伝疾患ではもっとも頻度が高いといわれています。 常染色体優性多発嚢胞に罹患すると、70歳までに約半数の方が末期腎不全に陥るといわれています。[medicalnote.jp] 常染色体優性多発嚢胞(Autosomal dominant polycystic kidney disease, ADPKD)は、疾患のひとつ。 多発嚢胞の1タイプであり、ポリシスチン蛋白をコードする遺伝子の異常によって、腎臓に嚢胞が多発し、徐々に腎不全に至る疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • ファブリー病

    認知症 パーキンソン病 片頭痛 慢性疼痛 レストレスレッグズ症候群 ・泌尿器系疾患 急性腎臓病 多発嚢胞 排尿障害 慢性腎不全透析期(血圧・血糖・貧血管理等) 慢性腎不全保存期(血圧・血糖・貧血管理等) 自己免疫疾患 血友病 特発性血小板減少性紫斑病 播種性血管内凝固症候群(DIC) 婦人科系疾患 婦人科ホルモン療法 精神神経疾患[medpeer.jp] ) 慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH) 呼吸器系疾患 間質性肺炎 COPD 喘息 リンパ脈管筋腫症 消化器系疾患 胃食道逆流症とその関連疾患 炎症性腸疾患 過敏性腸症候群 機能性ディスペプシア C型肝炎 ヘリコバクター感染症 便秘症 内分泌・代謝系疾患 骨粗鬆症 脂質異常症 2型糖尿病 ファブリー病 ポンぺ病 ムコ多糖症 神経系疾患 多発硬化症[medpeer.jp]

  • 慢性腎不全

    慢性糸球体腎炎など高血圧以外の原因で慢性腎不全になった方も、通常腎臓が悪くなると血圧が上昇する事が多い為、すでに慢性腎不全に陥られた方を診察する際に、原因疾患が糸球体炎か硬化症か区別の付かない事が珍しくない。 多発嚢胞 先天の病気で、遺伝子の異常で家庭内に多発する。[rpm.or.jp] 大部分は加齢に伴って発生するもので、放置しておいても良い単純嚢胞という病気ですが、中には遺伝のもの、悪性のものもあるので、これらを鑑別する必要があります。 多発嚢胞は、腎に嚢胞が出来る遺伝性の病気です。片親がこの病気の場合、その子供は男女を問わず50%に、すなわち二人に一人の確率で遺伝します。[kanazawa-med.ac.jp] 原因 [ 編集 ] 糖尿病症 (透析導入として最多の原因疾患) 慢性糸球体炎 (2番目に多い) 悪性硬化症(3番目に多い) 多発嚢胞( 常染色体優性多発嚢胞 /ADPKDなど) 病態 [ 編集 ] 病期は第1期〜第4期に分けられる。[ja.wikipedia.org]

  • 結節性硬化症

    また正常組織を圧迫して不全に至ることがあります。 2.多発嚢胞 まれですが、周囲の腎組織を圧迫して高血圧と腎機能低下を生じることがあります。 3.腎細胞癌 稀です。 3.皮膚症状 1.白斑 出生時から乳児期に認められる。多くの結節性硬化症小児患者に認められます。健診などから診断されることがあります。[www2.hosp.med.tottori-u.ac.jp] の過誤腫 *3 網膜無色素斑 散在小白斑 多発嚢胞 *3 *1.大脳皮質結節と放射状大脳白質神経細胞移動線の両症状を同時に認める場合は1つと考える。[juntendo-urology.jp] 以上の白斑 シャグリンパッチ 多発性の網膜の過誤腫 大脳皮質結節 *1 脳室上衣結節(SEN) 上衣下巨細胞性星細胞腫(SEGA) 心横紋筋腫 肺リンパ脈管筋腫症(LAM) *2 腎血管筋脂肪腫(腎AML) *2 歯エナメル質の多発性小腔 過誤腫性直腸ポリープ *3 骨シスト *4 放射状大脳白質神経細胞移動線 *1,4,5 歯肉の線維腫 以外[juntendo-urology.jp]

  • 高血圧を伴った常染色体優性進行性腎障害

    常染色体優性多発嚢胞(ADPKD)とは? 多発嚢胞には、常染色体優性多発嚢胞(ADPKD)と常染色体劣性多発嚢胞(ARPKD)とがあります。 以下はADPKDについての説明です。ARPKDについては別項「 常染色体劣性多発嚢胞について 」で説明しています。[pck.jp] 外病変 多発嚢胞 多発嚢胞はADPKDにおいて最も高頻度に見られる外病変である.多発嚢胞の重症度は通常嚢胞の重症度と相関するが,例外も多い.[grj.umin.jp] 定義・概念 多発嚢胞(PKD)には常染色体優性多発嚢胞(ADPKD)と常染色体劣性多発嚢胞(ARPKD)があります。両疾患は発生のメカニズムで共通した点もありますが、臨床的には全く異なったものであり、ここでは頻度の多いADPKDについて述べます。以下、「疾患」の項では、ADPKDを多発嚢胞と略します。[jpma-nanbyou.com]

  • 遺伝性腎細胞癌

    PKD1 遺伝子は、 TSC2 遺伝子と近接して存在するため同時に欠失することがあり、その場合、結節硬化症の臨床症状に加え、乳児期から早発多発嚢胞が発現することや多発嚢胞の合併症である肝嚢胞性病変や動脈瘤などが起こることがあり、注意を要します。[afinitor.jp] 両方の腎臓にできた多発嚢胞が徐々に大きくなり、進行性に機能が低下する、最も頻度の高い遺伝性腎疾患です。 尿細管の太さ(径)を調節するPKD遺伝子の異常が原因で起こります。多くは成人になってから発症し、70歳までに約半数が透析を必要とします。高血圧、肝嚢胞、脳動脈瘤など、全身の合併症もあり、その精査を行うことも大切です。[twmu.ac.jp] フォン・ヒッペル・リンドウ病は中枢神経系や網膜の血管芽腫のほか、 細胞癌 (主として明細胞癌)、 褐色細胞腫 、精巣上体嚢胞多発嚢胞、膵嚢胞、 膵内分泌腫瘍 、内耳内リンパ嚢胞腺腫等を生じうる。 この疾患の責任遺伝子は第3染色体の3p35-26領域にあるVHL遺伝子である [4] 。[ja.wikipedia.org]

  • 家族性間質性腎炎

    特に遺伝多発嚢胞や膠原病・血管炎に伴う腎障害に対しては、全国でも有数の診療実績を有しております。 また腎炎、ネフローゼ症候群の診断と治療方針決定に必須の検査である腎生検にも、東日本有数の経験数を持っております。[kawagoe.saitama-med.ac.jp] (ループス炎など), 代謝疾患に伴う疾患(糖尿病症など),血管病変(ANCA関連炎など), 嚢胞疾患(多発嚢胞など),尿細管間質性腎炎,急性腎不全,慢性腎不全 4)高血圧 本態性高血圧,二次性高血圧(原発性アルドステロン症,褐色細胞腫,腎実質性高血圧, 腎血管性高血圧など) 関係する症状 •胸痛 •胸部圧迫感 •胸部灼熱感[dokkyomed.ac.jp] 慢性の腎臓病には 慢性糸球体炎 、 糖尿病症 、 硬化症 、 多発嚢胞 などがありますが、根本的な治療法がなく、多くの場合は腎臓の機能が果たせなくなる 腎不全 へと進んでしまいます。 急性糸球体腎炎(急性腎炎)は、ほかの腎臓病と異なって、ほとんどの場合完全に治ります。[zjk.or.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    慢性の腎臓病には 慢性糸球体炎 、 糖尿病症 、 硬化症 、 多発嚢胞 などがありますが、根本的な治療法がなく、多くの場合は腎臓の機能が果たせなくなる 腎不全 へと進んでしまいます。 急性糸球体腎炎(急性腎炎)は、ほかの腎臓病と異なって、ほとんどの場合完全に治ります。[zjk.or.jp] ニューロパチー 多発筋炎 多発硬化症 多発嚢胞 遅発性内リンパ水腫 中枢性尿崩症 中毒性表皮壊死症 TSH産生下垂体腺腫 TSH受容体異常症 天疱瘡 特発性拡張型心筋症 特発性間質性肺炎 特発性血小板減少性紫斑病 特発性血栓症 特発性大腿骨頭壊死 特発性門脈圧亢進症 特発性両側性感音難聴 突発性難聴 難治性ネフローゼ症候群 膿疱性乾癬[city.shijonawate.lg.jp] 汎発特発骨増殖症 ・泌尿器系疾患 ・泌尿器系疾患 IgA症 急速進行糸球体多発嚢胞 難治性ネフローゼ症候群 スモン[resja.or.jp]

  • 遺伝性腎炎

    講座教員 講座概要 多発嚢胞研究講座は2013年4月に開設されました。現在の所属構成員は東原のみですが、泌尿器科、放射線科、脳外科、腎臓内科のご協力を得ながら、主として多発嚢胞の診療と臨床研究に従事しています。多発嚢胞の疾患説明、講座の研究内容、新薬サムスカの説明などは 多発嚢胞研究講座のウェブサイト をご覧ください。[kyorin-u.ac.jp] 対象疾患 急性腎炎、慢性炎(IgA症など)、ネフローゼ症候群、糖尿病症、ループス炎、顕微鏡的多発血管炎、遺伝疾患(常染色体優性多発嚢胞・Fabry病など)、間質性腎炎、腎血管性高血圧、コレステロール塞栓症、慢性腎不全、急性腎障害、透析合併症、腎移植後管理、妊娠高血圧症候群、自己免疫性疾患・血液疾患・生活習慣病など全身性疾患[fujita-hu.ac.jp] 一般・CKD) 午後 22番 午前 井上 宏子 (一般・CKD・多発嚢胞) 再診 (予約のみ) 石井 公祥 (一般・CKD) 牧野 慎市 (一般・CKD・多発嚢胞) 若林 華恵 (一般・CKD) 午後 ページの先頭へ[ho.chiba-u.ac.jp]

  • 尿路疾患

    バーター症候群 リドル症候群 嚢胞病変 [ 編集 ] 常染色体優性多発嚢胞 (成人型) 常染色体劣性多発嚢胞(小児型) 髄質海綿腎 結節性硬化症 フォン・ヒッペル・リンドウ病 全身の病変 [ 編集 ] 透析 アミロイドーシス 原因 長期にわたり 透析 を受けている末期腎不全患者において 透析 では十分には除去できないβ2ミクログロブリン[ja.wikipedia.org] これを特に高カリウム型尿細管アシドーシスと言う。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状