Create issue ticket

考えれる1,118県の原因 多発性神経炎

  • 多発性神経炎

    多発神経(たはつせいしんけいえん)とは、薬物中毒、代謝異常、遺伝疾患などにより手や足の末梢神経に障害を生じる病気である。多発ニューロパチーとも称される。多発神経多発神経に分けることもある。 主に次のような原因がある。 中毒ヒ素や鉛、薬品(医薬品や農薬等)などによるもの。アルコールの慢性中毒によるものもある。[ja.wikipedia.org] 1本の末梢神経が障害される単神経のほかに、左右対称に、系統的に障害される 多発神経 と、複数の末梢神経が障害される 多発神経 があります。 糖尿病など代謝障害でよくみられる 代謝の病気、中毒、遺伝性のものなど原因はいろいろです(表9―5)。もっとも多いのは糖尿病が原因で起こる神経障害です。[cocokarada.jp] 特異なものに急性多発性根神経( ギラン バレー症候群 )がある。これは中枢神経の一部も冒される原因不明の神経炎で,下肢から上肢にかけて弛緩(しかん)麻痺(まひ)を呈する。 関連項目 膝蓋腱反射 出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて 情報 栄養・生化学辞典 の解説 多発神経 多発ニュロパシーともいう.[kotobank.jp]

  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

    神経多発を含む)または多発神経: 血管炎によるグローブ/ストッキング分布の神経症状 4. レントゲン上移動性浸潤影: 移動性、一過性肺浸潤影。固定陰影は含まない 5. 副鼻腔症状: 急性、慢性の副鼻腔痛、圧痛、レントゲン上の副鼻腔影など 6.[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 3.症状 主要臨床症状は、先行する気管支喘息あるいはアレルギー性鼻炎と、血管によるものである。発熱、体重減少、末梢神経多発神経)、筋痛・関節痛、紫斑、胃・腸の消化管出血、肺の網状陰影や小結節状陰影、心筋梗塞や心外膜、脳梗塞・脳出血などである。多発神経は、急性症状が改善してからも、知覚や運動障害が遷延することがある。[nanbyou.or.jp] 多発神経は難治性で、理学療法もあわせておこないます。[medical.jiji.com]

  • ニューロパチー

    なお、CIDPの日本語訳は慢性炎症脱髄多発神経、慢性炎症脱髄多発神経など複数あります。また神経炎をニューロパチーと表現される場合もありますが、これらはすべて同じ疾患を指す用語です。 2.[nanbyou.or.jp] 慢性 ( まんせい ) 炎症 ( えんしょうせい ) 脱髄 ( だつずいせい ) 多発 ( たはつ ) 根 ( こん ) 神経 ( しんけいえん ) や 多巣 ( たそうせい ) 運動 ( うんどう ) ニューロパチーとはどのような病気ですか?[nihon-pharm.co.jp] マクロ的にどこが障害されるかによって、 単神経多発神経多発神経 に区別される。[arsvi.com]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    慢性炎症脱髄多発神経 (まんせいえんしょうせいだつずいせいたはつしんけいえん、Chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy、CIDP)は、末梢神経の脱髄および炎症細胞の浸潤をきたす神経疾患のひとつ。[ja.wikipedia.org] 概要 慢性炎症脱髄多発神経とは、2ヶ月以上に渡る慢性的な経過で末梢神経の炎症が生じる病気を指します。慢性炎症脱髄多発神経を発症すると、筋力の低下やしびれ、ぴりぴり感などの神経症状を認めることになります。[medicalnote.jp] なお、CIDPの日本語訳は慢性炎症脱髄多発神経、慢性炎症脱髄多発神経など複数あります。また神経炎をニューロパチーと表現される場合もありますが、これらはすべて同じ疾患を指す用語です。 2.[nanbyou.or.jp]

  • 骨髄性プロトポルフィリン症

    また、症状が多彩で、循環器症状として 高血圧 、精神神経症状としてはヒステリー、多発神経などを伴うことが特徴です。 さらには、家族歴も挙げられます。家系内に原因不明の腹痛や高血圧性脳疾患で亡くなった方がいないかなど、詳細を伝えましょう。家族歴のない肝性ポルフィリン症例はまれです。[saiseikai.or.jp]

  • ゴーシェ病

    ゴーシェ病(ゴーシェびょう、Gaucher's disease)は、1882年にフランスの医師フィリップ・ゴーシェによって発見された病気。遺伝的要因により生まれつきグルコセレブロシダーゼという酵素が不足・欠損するなどして活性が低下するため、グルコセレブロシド(糖脂質)をセラミドに分解できず、肝臓・脾臓・骨などにグルコセレブロシドが蓄積する疾患である。またゴーシェ病は、ライソゾーム病、先天性代謝異常症、常染色体劣性遺伝に分類される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 高オルニチン血症・高アンモニア血症・ホモシトルリン尿症

    重症筋無力症 ギラン・バレー症候群 慢性炎症脱髄多発神経 ペルオキシソーム病 ライソゾーム病 亜急性硬化全脳炎(SSPE) 結節性硬化症 神経線維腫症I型(レックリングハウゼン病) 神経線維腫症II型 慢性消化器疾患 肝硬変 肝内胆管異形成症候群 肝内胆管閉鎖症 原発性硬化性胆管炎 先天性肝線維症 先天性胆道拡張症(先天性総胆管拡張症[city.abiko.chiba.jp] 重症筋無力症 ギラン・バレー症候群 慢性炎症脱髄多発神経 ペルオキシソーム病 ライソゾーム病 亜急性硬化全脳炎(SSPE) 結節性硬化症 神経線維腫症1型(レックリングハウゼン病) 神経線維腫症2型 慢性消化器疾患 肝硬変 肝内胆管異形成症候群 肝内胆管閉鎖症 原発性硬化性胆管炎 先天性肝線維症 先天性胆道拡張症(先天性総胆管拡張症[town.nagaizumi.lg.jp] 重症筋無力症 ギラン・バレー症候群 慢性炎症脱髄多発神経 ペルオキシソーム病 ライソゾーム病 亜急性硬化全脳炎(SSPE) 結節性硬化症 神経線維腫症1型(レックリングハウゼン病) 神経線維腫症2型 慢性消化器疾患 肝硬変 肝内胆管異形成症候群 肝内胆管閉鎖症 原発性硬化性胆管炎 先天性肝線維症 先天性胆道拡張症(先天性総胆管拡張症[city.noda.chiba.jp]

  • 遺伝性ATTRアミロイドーシス

    トランスサイレチン型 トランスサイレチンと呼ばれるタンパク質が原因である 家族性 遺伝する アミロイド ナイロンに似た線維状の構造をもつタンパク質(アミロイド)がさまざまな臓器にたまる ポリニューロパチー 四肢の感覚障害や筋力低下などの多発神経が起こる 2 TTR-FAPはなぜ起きる?[ttrfap.jp] 遺伝的な背景がはっきりしない孤発例の高齢発症のFAPが報告されており10:1と男性に圧倒的に多く、自律神経障害が軽微であることが特徴とされている。このような症例では慢性炎症脱髄多発神経との鑑別が重要となる。 末梢神経の症状は一般に自律神経、感覚神経、運動神経の順で症状が出現することが多いとされている。[ja.wikipedia.org]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    腎症状(腎機能低下、血尿、蛋白尿など、急速進行性糸球体腎炎(RPGN)は重症) 肺症状(肺出血または間質肺炎など) その他の臓器の症状(発熱、倦怠感、体重減少、筋痛、関節痛、口内、出血、多発神経など) MPO-ANCA陽性 CRP陽性、蛋白尿、血尿、BUN・血清クレアチニンの上昇、WBC上昇 胸部X線写真所見で肺胞出血、間質性肺炎[ja.wikipedia.org] 高安動脈(TA)、巨細胞動脈(GCA)があげられる。 中小動脈を傷害するものである。結節多発動脈(PAN)、川崎病(KD)、中枢神経限局血管(原発肉芽腫中枢神経系血管 PACNS)などがあげられる。[ja.wikipedia.org] 血管炎は一般的に罹患血管が支配する臓器の虚血(きょけつ)を起こすため、腎、肺、脳、心などの重要な臓器障害を起こし、生命維持に関わる危険があります。 また、急性期を脱しても 腎不全 や多発神経などの後遺症を残す可能性があります。 さらに、再発が多いことも知られています。 このため、早期発見・早期治療が必要です。[health.goo.ne.jp]

  • ステロール 27-ヒドロキシラーゼ欠損症

    フリーフィンズによるサイト検索 1996年の2017年の医学生化学のページ. org、LLC info @ themedicalbiochemistrypage. 組織 コレステロール利用の最終生成物は、 胆汁酸. ビタミンe 中性脂肪 エネルギー代謝 クチコミ 実際、胆汁酸の合成は、哺乳動物におけるコレステロール異化の主要な経路である. 胆汁酸合成に関与するいくつかの酵素は多くの細胞型において活性であるが、肝臓はそれらの完全な生合成が起こりうる唯一の臓器である. 胆汁酸の合成は、 過剰コレステロールの排泄のための主なメカニズム. しかし 胆汁酸の形態のコレステロールの排泄は、[…][bclarkwilliamd.weebly.com]

さらなる症状