Create issue ticket

考えれる1,581県の原因 多発性硬化症

  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 内側性硬化症

    吉良潤一 自然経過からみた病型分類と予後.アクチュアル脳・神経疾患の臨床.最新アプローチ 多発硬化と視神経脊髄炎. 辻省次(総編集).吉良潤一(専門編集).中山書店 pp. 18-28, 2012. 吉良潤一 「多発硬化治療ガイドライン2010」の使用に関してのガイダンス. 多発硬化治療ガイドライン2010.[bsd.neuroinf.jp] 35.インターフェロンからフィンゴリモドへ-多発硬化への薬剤開発の流れ- 田中正美 特定非営利活動法人MSキャビンの機関誌、「バナナチップス 2013年, 87号, 3-7頁」に掲載されました。 インターフェロンβから分子標的治療へ インターフェロンβは、多発硬化がウイルス関連疾患という仮説から始まりました。[hwm2.spaaqs.ne.jp] 多発硬化 (MS)は中枢神経系に影響が出る疾患の中でもよくみられるものの一つですが、この疾患にはある誤解と時代遅れの固定観念があります。 これは、多発硬化の原因があまりわかっておらず、多発硬化の症状が患者さんによってさまざまであることが原因と考えられます。[msdmanuals.com]

  • 多発性硬化症

    難病情報センター - 特定疾患情報、多発硬化 国立精神・神経医療研究センター - 多発硬化センター(MSセンター) 多発硬化 (MS) MSDマニュアル プロフェッショナル版 最新アプローチ 多発硬化と視神経脊髄炎 ISBN 9784521734415 多発硬化(MS)診療のすべて ISBN 9784787818188[ja.wikipedia.org] 吉良潤一 自然経過からみた病型分類と予後.アクチュアル脳・神経疾患の臨床.最新アプローチ 多発硬化と視神経脊髄炎. 辻省次(総編集).吉良潤一(専門編集).中山書店 pp. 18-28, 2012. 吉良潤一 「多発硬化治療ガイドライン2010」の使用に関してのガイダンス. 多発硬化治療ガイドライン2010.[bsd.neuroinf.jp] 多発硬化治療学寄附講座とは ご挨拶 東北大学大学院医学系研究科多発硬化治療学寄附講座は、2007年5月からスタートした多発硬化 (Multiple Sclerosis, MS) とその関連疾患の治療を研究することを目的とするわが国で初めての講座です。 MSは中枢神経のいろいろな部位に繰り返し炎症性脱髄病変を生じる神経難病です。[ms.med.tohoku.ac.jp]

  • 脱髄疾患

    多発硬化には、「この症状があれば多発硬化」というような特徴的な症状がなく、検査が必要になることが多いです。多発硬化の疑いがある場合は、神経内科医のいる病院を受診する必要があります。その病院で診断がつけばよいのですが、診断が難しい場合はより多発硬化に詳しい神経内科医のいる大きな病院に紹介されることがあります。[medley.life] 脱髄が多発し、炎症がおさまった後に傷あとが硬くなるので、「多発硬化」の名があります。英語のmultiple(多発) sclerosis(硬化)の頭文字をとって、MSとも呼びます。[ms-supportnavi.com] CQ7-1-4 小児多発硬化はどのように診断するか? 2.視神経脊髄炎 CQ7-2 視神経脊髄炎はどのように診断するか? 3.多発硬化/視神経脊髄炎以外の疾患と鑑別診断 CQ7-3 急性散在脳脊髄炎はどのように診断するか? 8:経過・予後 1.多発硬化 CQ8-1-1 多発硬化の再発や進行はどのように定義されているか?[minds.jcqhc.or.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    ・神経医療研究センター 神経研究所 免疫研究部 - 研究情報 東北大学多発硬化治療学寄附講座 - 研究情報 宇多野病院 - 多発硬化センター (MSセンター) 多発硬化 - 脳科学辞典 Multiple Sclerosis - ウェイバックマシン (2012年10月12日アーカイブ分) (英語) Medpedia 「多発硬化[ja.wikipedia.org] 検査上 抗aquaporin-4(AQP4)抗体 陽性が特異的で(多発硬化では陽性にならない)、多発硬化よりも失明に至るような重篤な視神経炎を起こしやすいが、急性期の血漿交換療法(血液浄化療法)が有効である。このように、多発硬化とは異なる特徴が多いことから、現在では別疾患として扱われている。[ja.wikipedia.org] 編集 ] 最新アプローチ 多発硬化と視神経脊髄炎 ISBN 9784521734415 多発硬化(MS)診療のすべて ISBN 9784787818188 多発硬化と視神経脊髄炎の基礎と臨床 ISBN 9784753225767 関連項目 [ 編集 ] 特定疾患 アトピー脊髄炎 急性散在脳脊髄炎 外部リンク [ 編集 ] 国立精神[ja.wikipedia.org]

  • 神経因性膀胱

    原因としては,中枢神経系(例,脳卒中,脊髄外傷,脊髄髄膜瘤,筋萎縮性側索硬化),末梢神経(例,糖尿病,アルコール依存,ビタミンB 12 欠乏の神経障害,椎間板ヘルニア,骨盤内手術による損傷),またはその両方(例,パーキンソン病,多発硬化,梅毒)が関与する場合がある。[msdmanuals.com] [原因] 原因でもっとも多いのは、外傷脊髄損傷です。そのほか、脳血管障害、脳腫瘍(のうしゅよう)(「 脳腫瘍とは 」)、糖尿病神経障害、多発硬化(たはつせいこうかしょう)(「 多発硬化 」)、パーキンソン病(「 パーキンソン病(特発性パーキンソニズム) 」)などによっておこることがあります。[kotobank.jp] 膀胱または膀胱出口をコントロールする神経に損傷を加えたり干渉したりする病態は、いずれも神経因膀胱を引き起こす可能があります。原因としては、脳卒中、脊髄の損傷または外傷、筋萎縮側索硬化(ALS)、パーキンソン病、多発硬化、糖尿病性神経障害、骨盤内手術によって引き起こされた神経損傷などがあります。[msdmanuals.com]

  • 多発性神経炎

    多発硬化・視神経脊髄炎 TOP 患者の皆様へ 多発硬化・視神経脊髄炎 多発硬化・視神経脊髄炎とは 多発硬化は特定疾患に指定されている神経難病の一つです。[ncnp.go.jp] 関連リンク 難病情報センター 多発硬化/視神経脊髄炎[mbiotech.org] 神経難病について 筋萎縮側索硬化 パーキンソン病 脊髄小脳変性 多系統萎縮 神経免疫疾患 (多発硬化・慢性炎症脱髄多発神経根炎(CIDP)・重症筋無力など) 筋萎縮側索硬化症(Amyotrophic Lateral Sclerosis ALS) ALSは筋肉を動かす運動神経細胞の変性により、全身の筋肉が徐々にやせて、力[nishiniigata.hosp.go.jp]

  • 呼吸筋麻痺

    中でも神経難病(筋萎縮側索硬化、パーキンソン病、重症筋無力多発硬化、脊髄小脳変性症など)は日常生活動作の障害が強く、リハビリテーションの必要性が高いと考えられます。[hwc.or.jp] 多発硬化は、原因不明の炎症によって脳、脊髄、視神経の一部分の髄鞘が障害され(脱髄)、そこを通る電気信号が遅延する事により症状が出現する病気です。 数日から数ヶ月の単位で症状が出たり消えたりし(時間的多発性)、障害される脳や脊髄の部位により様々な症状が出現します(空間的多発性)。検査では脳や脊髄のMRIや腰椎穿刺検査を行います。[neurology.w3.kanazawa-u.ac.jp] 鑑別診断 下位または上位ニューロン障害のみを示す神経変性疾患 脳腫瘍、多発硬化など脳幹病変 頚椎症、後縦靭帯骨化症など脊髄病変 末梢神経障害 [診断の判定] 次の1 5のすべてを満たすものを、筋萎縮性側索硬化症と診断します。 成人発症である。 経過は進行性である。 神経所見で、上記3つのうち2つ以上をみとめる。[agmc.hyogo.jp]

  • ライム病

    () 筋痛脳脊髄炎/慢性疲労症候群、線維筋痛多発硬化、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、パーキンソン病などの神経系疾患や強迫性障害、うつ病などの精神疾患と診断されている患者の中に、ライム病陽性患者がいることがわかっている。[markhouse-projects.com] 慢性疲労症候群や線維筋痛のみならず、多発硬化、ALS、パーキンソン病などの神経系疾患と診断されている患者やアルツハイマー病、うつ病、強迫性障害、自閉症スぺクトラムなどと診断されている患者の中に、マダニ媒介感染症(母子感染もある)ライム病(ボレリア菌感染)と共感染症に陽性反応を示す患者がいることが欧米諸国で報告されています。[markhouse-projects.com] […] l ターメリック(自然の抗生物質) l L- グルタミン(腸修復、リーキーガット) l 赤外線サウナ(解毒) l エプソムソルトをいれた風呂(解毒、痛み、へルクスマイヤー反応を和らげる) l CBD オイル(痛みや精神症状を和らげる) l オゾン療法 l 高圧酸素療法(私はトライしたが、3分も耐えられなかった) l ステムセル療法 筋痛脳脊髄炎[markhouse-projects.com]

  • ぶどう膜炎

    ぶどう膜炎(ぶどうまくえん、英: Uveitis)は、ぶどう膜(虹彩、毛様体、脈絡膜)に炎症を起こす疾患である。ぶどう膜炎自体は一つの疾患概念ではなく、様々な疾患の一つの表現形である。 充血、眼痛、比較的急激に視力障害をきたす。 またその原因は、全身疾患によっておこることが非常に多く、全身精査が必要なこともある。 三叉神経刺激による充血、羞明、疼痛、流涙、視力低下、飛蚊症、調節障害 毛様充血、前房の炎症、前房蓄膿、縮瞳、硝子体混濁、乳頭浮腫、白内障、眼圧上昇、緑内障 ぶどう膜炎は、炎症の様式により下記の二つに大別される。おのおのに分類される疾患を列挙する。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状