Create issue ticket

考えれる279県の原因 多発性嚢胞腎, 性, 腎盂腎炎

  • 常染色体優性多発性嚢胞腎

    患者は急性腎盂,嚢胞感染,尿路結石(患者の20%)のリスクも高い。最終的には不明の機序により血管硬化および間質線維化が発生し,典型的に侵される尿細管は全体の10%未満であるが,約35 45%の患者では60歳までに腎不全が発生する。[msdmanuals.com] 概要 常染色体優性多発嚢胞腎(多発嚢胞腎)とは、両方の腎臓に多くの 嚢胞 ( のうほう ) (球状の袋でなかに液体が溜まっている)ができる病気のことです。遺伝の腎疾患ではもっとも頻度が高いといわれています。 常染色体優性多発嚢胞腎に罹患すると、70歳までに約半数の方が末期腎不全に陥るといわれています。[medicalnote.jp] 尿路感染,嚢胞感染 過去においてはADPKD患者における尿路感染症の頻度は過大評価されていた.これは無菌性膿尿が頻繁に起こるためである.一般人口集団と同様,男性患者に比べて女性患者のほうが尿路感染症の頻度は高く,起菌はたいていの場合大腸菌や他の腸内細菌である.膀胱からの逆行性感染は腎盂や嚢胞感染を引き起こす.[grj.umin.jp]

  • 間質性腎炎

    ネフロパシー ,他に分類されないもの 家族性 慢性尿細管間質性 逆流性症 慢性閉塞性腎盂 非閉塞性慢性腎盂 慢性腎盂 慢性尿細管間質性 慢性複雑性腎盂 IgG4関連腎臓病 尿細管間質性,急性または慢性と明示されないもの 術後腎盂 腎盂 上行性腎盂 尿細管間質性腎炎 BKウイルス腎症 薬物および[scuel.me] 【 間質腎炎はどんな病気? 】 間質腎炎とは腎臓病の一種で腎不全にも繋がる病気です。急性と慢性がありますが、発症の原因についてはまだ不明なことが多く、無症状無自覚のまま病状が進行するケースもあります。[hospita.jp] 慢性尿細管間質炎の原因 原因 例 バルカン症 — 嚢胞疾患 後天嚢胞疾患 髄質嚢胞疾患 髄質海綿 ネフロン癆 多発嚢胞* 薬剤 鎮痛薬* 抗悪性腫瘍薬(シスプラチンおよびニトロソウレア系薬剤) 免疫抑制薬(シクロスポリン*およびタクロリムス) リチウム* 肉芽腫性 多発血管炎性肉芽腫症(以前のウェゲナー肉芽腫症) 炎症性腸疾患[msdmanuals.com]

  • 急性間質性腎炎

    である.薬剤によるものでは抗菌薬,非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs),などが代表的なものであるが,そのほかに,ヒスタミンH 2 受容体拮抗薬(シメチジンなど),プロトンポンプ阻害薬(オメプラゾールなど),尿酸合成阻害薬(アロプリノールなど),抗てんかん薬(フェニトインなど),があげられる.感染症によるものでは腎臓への直接感染によるもの(腎盂[kotobank.jp] ホーム 新着文献 プレガバリンによる急性間質腎炎 薬剤 プレガバリン 中枢神経用薬 副作用 急性間質腎炎 概要 84歳、これまで検尿異常や腎機能障害を指摘されたことのない女性。入院4日前より手のしびれに対しプレガバリン25 mgが処方された。[imic.or.jp] 虚血症 尿細管間質疾患 慢性間質炎 痛風 薬剤障害 多発嚢胞 ネフロン癆 図2:慢性腎臓病の原因疾患(CKD診療ガイド2012より) このなかで臨床上重要な疾患のうちの一つが糖尿病性腎症です。[tokushukai.or.jp]

  • 慢性腎不全

    腎盂 腎盂(腎臓から尿管につながるところ)に細菌感染症が起きて、そこから腎臓内部に炎症が及んだもので慢性と急性があります。慢性腎盂は、尿路結石,前立腺肥大症,尿路奇形など基礎疾患があることが多く、軽い熱や腹痛など比較的軽い自覚症状があります。急性の細菌性腎盂では、ある日突然寒気や震え、腰痛が起きます。[t-pec.co.jp] 小児慢性腎不全低身長症 フローチャート PDF 身長基準・成長速度基準(男女) PDF 1.ヒト成長ホルモンを新規に使用する場合、0.175mg/kg/週を少なくとも6ヶ月間投与します。 2.ヒト成長ホルモン継続基準を充たし、かつ以下の項目のいずれかに該当した場合は0.35mg/kg/週まで増量できるものとします。[fgs.or.jp] 慢性糸球体腎炎など高血圧以外の原因で慢性腎不全になった方も、通常腎臓が悪くなると血圧が上昇する事が多い為、すでに慢性腎不全に陥られた方を診察する際に、原因疾患が糸球体炎か硬化症か区別の付かない事が珍しくない。 多発嚢胞 先天の病気で、遺伝子の異常で家庭内に多発する。[rpm.or.jp]

  • 家族性間質性腎炎

    ネフロパシー ,他に分類されないもの 家族性 慢性尿細管間質性 逆流性症 慢性閉塞性腎盂 非閉塞性慢性腎盂 慢性腎盂 慢性尿細管間質性 慢性複雑性腎盂 IgG4関連腎臓病 尿細管間質性,急性または慢性と明示されないもの 術後腎盂 腎盂 上行性腎盂 尿細管間質性腎炎 BKウイルス腎症 薬物および[scuel.me] 非特異間質肺炎(NSIP)、急性間質肺炎(AIP)、特発器質化肺炎(COP)、剥離間質肺炎(DIP)、呼吸細気管支炎関連間質肺炎(RB-ILD)、リンパ球間質肺炎(LIP) 2.参考事項 特発間質肺炎(IIPs)は、びまん肺疾患のうち特発肺線維症(IPF)を始めとする原因不明の間質肺炎の総称であり、本来その分類及[nanbyou.or.jp] 特に遺伝多発嚢胞や膠原病・血管炎に伴う腎障害に対しては、全国でも有数の診療実績を有しております。 また腎炎、ネフローゼ症候群の診断と治療方針決定に必須の検査である腎生検にも、東日本有数の経験数を持っております。[kawagoe.saitama-med.ac.jp]

  • 腎不全

    腎盂 腎盂(腎臓から尿管につながるところ)に細菌感染症が起きて、そこから腎臓内部に炎症が及んだもので慢性と急性があります。慢性腎盂は、尿路結石,前立腺肥大症,尿路奇形など基礎疾患があることが多く、軽い熱や腹痛など比較的軽い自覚症状があります。急性の細菌性腎盂では、ある日突然寒気や震え、腰痛が起きます。[t-pec.co.jp] 注目される.腹膜透析患者の腹膜炎では,明らかな感染源なしの自然発症細菌腹膜炎の頻度が高い.[doi.org] 大部分は加齢に伴って発生するもので、放置しておいても良い単純嚢胞という病気ですが、中には遺伝のもの、悪性のものもあるので、これらを鑑別する必要があります。 多発嚢胞は、腎に嚢胞が出来る遺伝性の病気です。片親がこの病気の場合、その子供は男女を問わず50%に、すなわち二人に一人の確率で遺伝します。[kanazawa-med.ac.jp]

  • 抗因子H抗体がある非定型溶血性尿毒症症候群

    常染色体劣性多発性嚢胞 尿管異所開口 重複腎盂尿管 ポッター症候群 感染症 腎盂 膿瘍 膀胱 結核 尿路結石 膀胱結石 腫瘍 細胞癌 腎盂腫瘍 尿管腫瘍 前立腺肥大症 前立腺癌 精巣腫瘍 陰茎癌 芽腫 性器 の疾患 前立腺 停留精巣 精巣捻転 包茎 勃起不全 病態・症状 腎不全 急性腎不全 急性尿細管壊死 慢性腎臓病 慢性腎不全[ja.wikipedia.org] 下痢原大腸菌感染症とは (IDWR 2000年第50号) 下痢原大腸菌は5種類 (腸管病原大腸菌・腸管侵入大腸菌・毒素原大腸菌・腸管凝集大腸菌・腸管出血大腸菌)に分類され、その疫学、病原についてはおのおの異なる。このうち腸管出血大腸菌(EHEC)については別に項目を立てたので、そちらを参照されたい。[niid.go.jp] 腸管出血大腸菌による腸炎にかかり下痢や発熱が出てから4-10日後に血小板減少、細血管障害溶血貧血、腎機能障害を来たします( 溶血尿毒症症候群の3徴)。溶血尿毒症症候群の90%は腸管出血大腸菌によるものと言われています。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 高血圧症

    抄録 本態高血圧症における食塩負荷時の血圧上昇に対するカリウム投与の影響を検討する目的で, 23名の本症患者に低塩食(NaCl25mEq/日)を3日間施行したのち, 6日間食塩(250mEq/日)のみを負荷した群(NaCl単独群)12名と,同量の食塩に加えてカリウム96mEq/日を投与した群(NaCl KCl群)11名に分け,比較した.その[doi.org] 二次性高血圧で最も多いのは、腎性高血圧で、その中にも腎実質性高血圧と血管高血圧があります。実質高血圧とは、慢性糸球体炎、糖尿病による糖尿病症、多発嚢胞(のうほう)などが原因で腎障害を来し、高血圧をもたらす病態です。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 最後に、 HIV 、先天心疾患、または強皮症といったほかの既存の疾患と関連して発症する、各種疾患に伴うPAHがあります。 以上の、突発、遺伝、薬物誘発、各種疾患に伴う場合の4つのタイプのPAHのすべてで同じ治療を行いますが、タイプによって予後が異なることがあります。[janssen.com]

  • 高血圧を伴った常染色体優性進行性腎障害

    ).子供が小さなときには高熱の他に下痢や嘔吐,不機嫌といった,一見腎臓とは関係のない症状を伴うこともあります.年長児では高熱を出す前に,排尿 時痛や頻尿といった膀胱炎症状が見られることもあります.風邪の症状がないのに何回も高熱を繰り返す場合には,尿に異常がないかを小児科の先生に相談して みて下さい.尿路感染症以外には,排尿が自立できる[jsps.gr.jp] 限局腎嚢胞 限局腎嚢胞は片側の腎の一部に嚢胞変性を生じるもので,病変部の組織学的所見はADPKDに類似しているが進行ではないし家族でもない.この病態は非対称病変を示すADPKDや,多房嚢胞腎腫,嚢胞腎癌,分節多嚢胞腎異形成などと区別する必要がある.[grj.umin.jp] 常染色体優性多発嚢胞(ADPKD)とは? 多発嚢胞には、常染色体優性多発嚢胞(ADPKD)と常染色体劣性多発嚢胞(ARPKD)とがあります。 以下はADPKDについての説明です。ARPKDについては別項「 常染色体劣性多発嚢胞について 」で説明しています。[pck.jp]

  • 尿細管間質性腎炎-ブドウ膜炎症候群

    2 ぶどう膜を伴う尿細管間質性症候群(TINU症候群) 3 萎縮性腎盂 4 黄色肉芽腫性腎盂 5 腺様腎盂 6 特発性尿細管間質性[急性,慢性] 7 肉芽腫性間質性 8 尿細管間質性症()[急性,慢性] 9 慢性腎盂 10 免疫異常関連尿細管間質性腎炎 11 免疫複合体性尿細管間質性腎炎 12 膀胱尿管逆流[medbooks.or.jp] 診断 急激な腎機能の悪化を認めた場合まずは腎前、腎、腎後を鑑別する。尿量、エコーなどで腎後、循環状態を確認して腎前を除外する。腎のものでは尿細管上皮の障害によるもの、糸球体の障害によるものなどを鑑別する。上記の薬の服用歴や尿沈渣所見、ラボデータがみられたら急性間質腎炎を疑う。 確定診断は腎生検で行う。[georgebest1969.typepad.jp] 近未来的CAPD 電話回線による遠隔操作 インターネットを利用した多施設病診連携システムの構築 多発嚢胞(ADPKD)のCAPD症例について.[hakusaido.jp]

類似した症状