Create issue ticket

考えれる11県の原因 多発性スパイクと背景活動の脳波に見られる進歩的な減速, 減速 - シータ波, 減速 - デルタ波後頭部両側

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低ナトリウム血症

    低ナトリウム血症(ていナトリウムけっしょう、英: Hyponatremia)とは、何らかの原因により水の調節機能が正常に働かず血中のナトリウムの濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血中ナトリウム濃度が 136(mEq/L)未満になることを言う。つまり、体内総水分量(TBW)が過剰な状態である。 臨床的には抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)とそれ以外の非SIADHに分けられる。腎臓は50mmHg/kgH2O[…][ja.wikipedia.org]

  • アルツハイマー病

    抄録[…][doi.org]

  • 外傷性脳損傷

    Traumatic brain injury CT scan showing cerebral contusions , hemorrhage within the hemispheres, subdural hematoma , and skull fractures [1] 分類および外部参照情報 診療科・ 学術分野 脳外科 ICD - 10 S 06 ICD - 9-CM 800.0 - 801.9 , 803.0 - 804.9 , 850.0 - 854.1 DiseasesDB 5671 MedlinePlus 000028 eMedicine med/2820 neuro/153 ped/929 MeSH[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • クッシング症候群

    クッシング症候群(クッシングしょうこうぐん、Cushing's syndrome)は、慢性の糖質コルチコイド過剰による症候群。ただし、下垂体腺腫が原因で起こるクッシング症候群を、特にクッシング病(Cushing's disease)と呼ぶ。 アメリカの脳神経外科医、ハーヴェイ・ウィリアムス・クッシングによって「クッシング病」が初めて報告された。 原因は、副腎腺腫が約50%、クッシング病が約35%である。他の腫瘍から来るものもある。女性に多い。 下垂体腺腫(クッシング病) 副腎疾患 副腎腺腫、副腎癌、ACTH非依存性大結節性副腎過形成(AIMAH)、原発性副腎皮質小結節性異形成(PPNAD)など[…][ja.wikipedia.org]

  • 髄膜脳炎

    「髄膜脳炎」に関連する情報 41件中 1 10件目[…][kakaku.com]

  • ハイドログラフィス

    水頭症(すいとうしょう)とは、脳脊髄液の産生・循環・吸収などいずれかの異常により髄液が頭蓋腔内に貯まり、脳室が正常より大きくなる病気である。脳脊髄液による脳の圧迫が、脳機能に影響を与える。おもに乳幼児に多くみられる。 脳水腫について 「水頭症」は以前「脳水腫」と称されることが多かったが、「脳水腫」は別の意味に用いられる場合がある。新病理学各論 1975年版では、脳浮腫を「脳水腫(brain edema)」とする記載がみられ、このような混同を避けるためにも「水頭症」の用語が適切と考えられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低カルシウム血症

    低カルシウム血症(ていかるしうむけっしょう、英:hypocalcemia)とは、何らかの原因によって血漿中のカルシウムイオン濃度が生体に必要とされる値よりも低下した状態のことである。例えば、カルシウムイオンの骨や腎臓からの再吸収減少、消化管からの吸収減少、血清カルシウムのキレート化現象などにより起こる。血漿中のカルシウムイオン濃度の低下は神経や筋肉の興奮性を増加させるため反射の亢進、強直性痙攣、テタニー、身体症状としてトルソー徴候(上腕をマンシェットで圧迫し血流を遮断することで助産師手位が出現)、クヴォステク徴候(顔面神経を叩打することで上唇に筋緊張が出現)、ルスト徴候(腓骨神経を腓骨頭[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    […] δ-アミノレブリン酸合成酵素 1( ALAS1 )遺伝子の発現誘導と神経毒性のある中間体の蓄積は,ヘム生合成のまれな遺伝性疾患である急性間欠性ポルフィリン症患者において,内臓神経性発作や疾患の症状発現につながる.ギボシラン(givosiran)は,肝臓の ALAS1 合成を阻害する開発段階の RNA 干渉治療薬である. 急性間欠性ポルフィリン症患者を対象にギボシランの第 1 相試験を行った.試験のパート A では,最近ポルフィリン症発作のない(すなわちベースライン前の 6 ヵ月間に発作がない)患者を,ギボシランの 5 段階の用量(0.035,0.10,0.35,1.0,2.5 mg/kg[…][nejm.jp]

類似した症状