Create issue ticket

考えれる253県の原因 多形性紅斑, 梅毒, 水痘

  • インフルエンザ

    O157 :H7など)、 クレブシエラ ( 肺炎桿菌 )、 プロテウス菌 、 百日咳菌 、 緑膿菌 、 セラチア菌 、 シトロバクター 、 アシネトバクター 、 エンテロバクター 、 マイコプラズマ 、 クロストリジウム などによる各種感染症 結核 ・ 非結核性抗酸菌 、 コレラ 、 ペスト 、 ジフテリア 、 赤痢 、 猩紅熱 、 炭疽 、 梅毒[ja.wikipedia.org] 肝膿瘍 、 膵炎 、 脾膿瘍 、 胃炎 ・ 胃潰瘍 、 腸炎 、 虫垂炎 、 腸腰筋膿瘍 、 クラミジア 肝周囲炎 など 泌尿器 腎盂腎炎 、 膀胱炎 、 前立腺炎 、 膣炎 、 骨盤内感染症 など 皮膚 蜂窩織炎 、 脂肪織炎 、 ガス壊疽 、 せつ 、 よう 、 伝染性膿痂疹 (とびひ)、 ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群 、 帯状疱疹 、 水痘[ja.wikipedia.org] 7 3 感染性下痢 [9] 1.8 3.2% 3.0 2 4 結核 (TB) 1.6 2.7% 2.7 3 5 マラリア 1.3 2.2% 2.0 4 6 麻疹 0.6 1.1% 1.1 5 7 百日咳 0.29 0.5% 0.36 7 8 破傷風 0.21 0.4% 0.15 12 9 髄膜炎 0.17 0.3% 0.25 8 10 梅毒[ja.wikipedia.org]

  • ロッキー山紅斑熱

    ,先天性風しん症候群,梅毒,播種性クリプトコックス症, 破傷風,バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症,バンコマイシン耐性腸球菌感染症,百日咳,薬剤耐性アシネトバクター感染症 問い合わせ先 八戸市保健所 保健予防課 感染症対策グループ 電話 0178-43-2291(直通) FAX 0178-43-2329[city.hachinohe.aomori.jp] (入院例)、先天性風しん症候群、梅毒、播種性クリプトコックス症、破傷風、バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症、バンコマイシン耐性腸球菌感染症、風しん、麻しん、薬剤耐性アシネトバクター感染症、百日咳 新型インフルエンザ等 新型インフルエンザ、再興型インフルエンザ 定点把握疾患には、インフルエンザや水痘(みずぼうそう)など身近な疾患があり、法律[city.naha.okinawa.jp] ) 2類 腸管出血性大腸菌感染症 3類 腸チフス 3類 つつが虫病 4類 デング熱 4類 痘そう 1類 東部ウマ脳炎 4類 鳥インフルエンザ(H5N1) 2類 鳥インフルエンザ(H7N9) 2類 鳥インフルエンザ(H5N1及びH7N9を除く) 4類 ナ行 南米出血熱 1類 ニパウイルス感染症 4類 日本紅斑熱 4類 日本脳炎 4類 ハ行 梅毒[pref.nagasaki.jp]

  • カンジダ症

    帯状疱疹(たいじょうほうしん) 子供の時になった水痘のヘルペスウイルス(水痘帯状疱疹ウイルス)が、神経内の付け根に残っていて、体調が悪いとそれが活性化されて発症します。神経の支配する領域に一致して、発疹が多発します。三叉神経(さんさしんけい)領域の顔面皮膚に好発します。広い範囲に帯状に発赤と小水疱(すいほう:水ぶくれ)がでます。[jsoms.or.jp]

  • 連圏状ひ糠疹

    また、乾癬・類乾癬・梅毒(2期疹・ばら疹)との鑑別も必要である。 特に治療しなくても自然治癒する。痒みが強い場合は、抗アレルギー薬を使用することがある。自然治癒する疾患であるため、ステロイド外用剤は用いないことが多いが、痒みが強いときには使用する。紫外線照射(UVB療法)や日光浴を勧める医者もいる。[ja.wikipedia.org] 蕁麻疹 血管浮腫 特異的なアレルギーをする病態 アナフィラキシーショック 結節 バザン硬結 環状 滲出 Sweet病 持久性隆起性紅斑 アナフィラクトイド紫斑 ステロイド紫斑 慢性色素性紫斑 皮膚アレルギー性血管炎 過敏性血管炎 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹(Mucha-Habermann症候群) 蕁麻疹様血管炎 結節性多発動脈炎[ja.wikipedia.org] 1903年2月、皮膚病学梅毒学教室入局( 土肥慶蔵 教授)。1907年8月講師、10月仙台医専(現: 東北大学 )教授。1912年4月、東北帝国大学付属医専教授、1917年3月-1918年4月、 アメリカ合衆国 および スウェーデン 留学。1918年4月、東北帝国大学皮膚科梅毒学教授。医学部長(1920年7月-1922年7月)。[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚感染症

    その他、性行為感染症である梅毒にも注意が必要ですが、詳細は後述します。[jomf.or.jp] 湿疹・皮膚炎など アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、脂漏性皮膚炎、皮脂欠乏性皮膚炎、手湿疹、急性・慢性じん麻疹、痒疹、皮膚そう痒症 など 炎症角化症 尋常乾癬 など 角化症 鶏眼(うおのめ)、胼胝(たこ) など 滲出、ベーチェット病 など 中毒疹 薬疹 など 水疱症および膿疱症 天疱瘡、類天疱瘡、掌蹠膿疱症 など 細菌性皮膚感染症[sendai.jcho.go.jp] 2.帯状疱疹 1) 原因 水痘・帯状疱疹ウイルスによります。多くのヒトは子供の頃に水ぼうそう(水痘)になります が、それが治った後もウイルスは神経細胞を取り巻く細胞(サテライト細胞)の中に潜んでいます。[hiroshima.med.or.jp]

  • 慢性遊走性紅斑

    細菌感染では 溶血性連鎖球菌 、 梅毒 、 サルモネラ菌 、 エルシニア菌 、 ブルセラ菌 によるものが多い。 症状 [ 編集 ] 若年から 更年期 に下腿前面に好発する。圧痛、時に何もしなくても痛みを伴う直径1〜5mmの硬いしこりのある 紅斑 が多発し、重症の場合は太ももや腕にまで広がることがある。[ja.wikipedia.org] 施設認定 皮膚科学会認定専門医研修施設 皮膚科学会認定生物学的製剤使用承認施設 主な対象疾患 湿疹・皮膚炎群 接触皮膚炎、アトピー皮膚炎など 蕁麻疹・痒疹 慢性蕁麻疹など 滲出、環状紅斑など 薬疹・中毒疹 皮膚血管炎、うっ滞性皮膚炎などの脈管疾患 熱傷(広範囲な重傷熱傷は除く)、褥瘡などの皮膚潰瘍 水疱症・膿疱症[tdc.ac.jp] 感染性皮膚疾患(ウイルス性) 帯状疱疹・水痘 水痘は、水痘・帯状疱疹ウイルスの初感染により生じる発熱と多発する小水疱を特徴とする感染症。帯状疱疹は、水痘罹患後に神経節に潜伏感染していた水痘・帯状疱疹ウイルスが神経支配領域に一致して再活性化することにより生じる。抗ウイルス剤が有効である。[med.jrc.or.jp]

  • 野兎病髄膜炎

    腎症候性出血熱、炭疽、つつが虫病、デング熱、日本紅斑熱、日本脳炎、ハンタウイルス肺症候群、Bウイルス病、ブルセラ症、発しんチフス、マラリア、ライム病、レジオネラ症、乳児ボツリヌス症、アメーバ赤痢、クリプトスポリジウム症、クロイツフェルト・ヤコブ病、劇症型溶血性レンサ球菌感染症、後天性免疫不全症候群、ジアルジア症、髄膜炎菌性髄膜炎、先天性風疹症候群、梅毒[crc-group.co.jp] また、各病型の経過中、3週目頃に一過に蕁麻疹様、浸出などの多様な皮疹(野兎病疹)が現れることがある。 鑑別すべき類似疾患として、ツツガムシ病、日本紅斑熱、結核、ネコ引っ掻き病、ペスト、ブルセラ症などがある。[niid.go.jp] (入院例に限る) H00366 水痘 dsDNAウイルス 先天性風しん症候群 H00395 風疹 ssRNAウイルス 梅毒 H00354 梅毒 スピロヘータ 播種性クリプトコックス症 H00364 クリプトコッカス症 菌類 破傷風 H00337 破傷風 グラム陽性菌 バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症 H00331 バンコマイシン耐性[genome.jp]

  • 皮膚カンジダ症

    梅毒・性病 梅毒、コンジローマ、エイズなどが含まれる。梅毒やコンジローマは特有の皮膚病変を伴うので皮膚科で診断・治療される場合が多い。 感染症科 疥癬(ヒゼンダニ)症 疥癬虫が皮膚角質内に寄生・産卵するために発症する。指間や腋窩、陰部の皮疹、強い痒みが特徴である。[med.jrc.or.jp] (防衛医大学・佐藤貴浩) 滲出 - 重症の場合は生命に関わることも (本町診療所・伊崎誠一) 皮膚がん - 皮膚がんにもいろいろあります (埼玉医大・山本明史) なめまわし皮膚炎 - 皮膚の保湿が大切です (埼玉医大・人見勝博) 帯状疱疹 - 早い治療が重要です(永井皮膚科・永井 寛) 単純ヘルペス - 抗ウィルス内服薬が有効です[saitamahifuka.org] うっ滞皮膚炎 慢性痒疹 乾癬 特徴 :わずかに盛り上がった円形や楕円形のはっきりした (こうはん) が体のあちこちにでき、表面には厚い銀白色のふけのような 鱗屑(りんせつ) がつきます。年齢に関係なく現れる皮膚疾患です。 掌蹠膿疱症 じんましん 白癬 特徴 :手や足にできたものを「水虫」といいます。[kyowa-kirin.co.jp]

  • D因子不足による再発性ナイセリア感染症

    S型菌 、 O抗原 STD (sexually transmitted disease:エスティーディー) STD (性感染症のこと) 淋病、軟性下疽、梅毒、鼠径リンパ肉芽腫などの古典的な性病を始め、性行為を介して伝染する疾患すべてを指し、性行為感染症ともいわれる。[au-techno.com] 粘膜皮膚病変 1) 扁平苔癬 2) 類天疸瘡 3) 尋常, 天疱瘡 4) 5) エリテマトーデス (紅斑性狼瘡) 6) 薬物性 7) その他 b.[jstage.jst.go.jp] ,または慢性肺疾患による続発免疫不全症における感染の重症度増加 MASP-2 不明 — 自己免疫疾患(例,炎症腸疾患,),莢膜を有する細菌(例,肺炎球菌 )による反復の化膿性感染症 副経路における補体欠損 B因子 常染色体劣性 — 化膿性感染症 D因子 常染色体性 — 化膿性感染症 プロパージン X連鎖 — 劇症性ナイセリア感染症[msdmanuals.com]

  • 水疱性扁平苔癬

    老人性色素斑、尋常性白斑など 脂肪織炎 結節性紅斑など 付属器疾患 ざ瘡、脱毛症(男性型脱毛)、爪の変化など 母斑 血管腫を除く(ダイレーザー治療を行っていないため) 皮膚良性腫瘍・悪性腫瘍 ウイルス感染症 帯状疱疹、単純疱疹、カポジー水痘様発疹症など 細菌感染症 伝染性膿痂疹、せつ、丹毒、蜂窩織炎など 真菌感染症 白癬、カンジダ症など 性感染症 梅毒[tdc.ac.jp] 診 断 鑑別診断 白板症、尋常天疱瘡、との鑑別が必要です 症例ノート 症例1 症例2 症例3[chukai.ne.jp] すなわち水痘は初感染像で、帯状疱疹は再感染像です。 3.[a-dental.jp]

類似した症状