Create issue ticket

考えれる550県の原因 多形性紅斑

  • アトピー性皮膚炎

    滲出 上肢(ひじ) 下肢(ひざ)、鎖骨の辺りから急にかゆみを伴う紅斑が広がってきます。内服薬は必ず必要です。 1ヶ月後には再発しやすいので外用薬は良くなってもしばらくは塗り続けましょう。 尋常性白斑 手足の甲の白斑は難治性で エキシマライトによるナローバンド光線治療 を用いますが、数ヶ月以上の期間を要することが多いです。[e-hifuka.jp]

  • インフルエンザ

    抄録 感冒は患者が外来を受診する理由で最も多く, その診療に要する医療資源は莫大な量である. インフルエンザは世界的な大流行を繰り返し, 多くの患者の命を奪っている. インフルエンザに対してはワクチンを用いた適切な予防が重要であるが, 本邦では必ずしも徹底されていない. 感冒・インフルエンザ患者に対する抗菌薬の乱用は, 耐性菌・副作用・医療費において大変な問題である. また, 世界規模でオセルタミビル (タミフル ) 耐性株が出現しているほか, オセルタミビルの治療効果を疑問視する発表も相次いでいる. これらのことから, 感冒・インフルエンザの治療における漢方薬の使用が注目されている.[…][doi.org]

  • 接触性皮膚炎

    日常生活から考えられる原因 1 刺激や毒性のあるものによって起こるかぶれ 触れたものの強い刺激や毒性によって起こり、その物質に触れれば誰でもかぶれる可能性があります。強い酸・アルカリなどの化学物質が含まれている洗剤・髪染料・毛虫の毛や昆虫の毒などが原因で起こります。 2 アレルギーによって起こるかぶれ 特定の物質に過敏に反応する人にだけ起こるアレルギー反応によって、かぶれる場合があります。[…][takeda-kenko.jp]

  • 痔の予防に大事なのは 日頃の習慣 正しいおしりのケアを身につけ、習慣づけておけば、痔の悪化を防ぐことにつながるだけでなく、痔になる確率はぐっと低くなります。実践してみましょう。 総合監修 岩垂 純一 先生 監修 黒川 彰夫 先生 監修 佐原 力三郎 先生 おしりはていねいに拭く おしりは、便のカスなどが残ったままにならないよう、普段からていねいに拭くようにしましょう。ただし、ゴシゴシこするのではなく、紙を押しあてるようにして優しく拭くようにしましょう。[…][borraginol.com]

  • 連圏状ひ糠疹

    蕁麻疹 血管浮腫 特異的なアレルギーをする病態 アナフィラキシーショック 結節 バザン硬結 環状 滲出 Sweet病 持久性隆起性紅斑 アナフィラクトイド紫斑 ステロイド紫斑 慢性色素性紫斑 皮膚アレルギー性血管炎 過敏性血管炎 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹(Mucha-Habermann症候群) 蕁麻疹様血管炎 結節性多発動脈炎[ja.wikipedia.org] 皮症と類症 滲出/結節性紅斑/皮膚粘膜眼症候群/Behcet病/Bazin硬結性紅斑/遠心性環状紅斑/全身性エリテマトーデスの環状紅斑/Sjogren症候群の環状紅斑/手掌紅斑/慢性遊走性紅斑/遠心性丘疹性紅斑/持久性隆起性紅斑/Sweet病/骨髄異形成症候群ほか 紫斑病 アレルギー性紫斑病/単純性紫斑/うっ血性紫斑/血小板減少性紫斑[bookclub.kodansha.co.jp] 有馬靖佳(同・血液内科)大西 輝、八木田正人(同・リウマチ膠原病内科) 20 スラ 四肢に多発病変を生じたサルコイドーシス 太田 馨、岡本祐之(関西医大枚方) 21 一般 Toxic shock-like syndromeの1例 西川里香、山下純史、松永亜紀子、皿山泰子(神戸労災) 22 スラ バラシクロビルによるヘルペス再発抑制療法が著効した滲出[derma.med.osaka-u.ac.jp]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性遊走性紅斑

    施設認定 皮膚科学会認定専門医研修施設 皮膚科学会認定生物学的製剤使用承認施設 主な対象疾患 湿疹・皮膚炎群 接触皮膚炎、アトピー皮膚炎など 蕁麻疹・痒疹 慢性蕁麻疹など 滲出、環状紅斑など 薬疹・中毒疹 皮膚血管炎、うっ滞性皮膚炎などの脈管疾患 熱傷(広範囲な重傷熱傷は除く)、褥瘡などの皮膚潰瘍 水疱症・膿疱症[tdc.ac.jp] お得な電子版購入は コチラより Webコンテンツサービスについて ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ 新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ 本コンテンツ以外のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ 前の項目:滲出 次の項目:天疱瘡 関連記事・論文[jmedj.co.jp] 痒症(そうようしょう)、痒疹(ようしん)、接触皮膚炎(かぶれ)、シラミ症、疥癬(かいせん)、ダニ刺傷 など やけど、帯状疱疹(たいじょうほうしん)、にきび、おでき、結節性紅斑(けっせつせいこうはん)、口内炎、アフタ、蜂窩織炎(ほうかしきえん)、爪囲炎(そういえん)、皮膚潰瘍(かいよう) など かゆい病気の多く、薬疹(薬に対するアレルギー)、滲出[nobuhifuka.com]

  • 薬物過敏症

    2.じん麻疹 3.血管浮腫 4.固定薬疹 5.滲出 6.光線過敏症 7.紫斑様発疹 8.結節性紅斑 9.接触性皮膚炎 10.苔癬型薬疹 11.水疱性薬疹 11 重症薬疹 1.Stevens-Johnson症候群,中毒性表皮壊死剥離症 2.薬剤性過敏症症候群 3.急性汎発性発疹性膿疱症 12 血清病もしくは血清病様反応 1.症状・[igaku-shoin.co.jp] 薬物アレルギーの発症機序 :古典的にはCoombs & Gellの分類I〜Ⅳ型 薬物アレルギーの症状 : 臓器 主な症状・病名 全身性 アナフィラキシー反応、ショック、全身痙攣、血清病様反応、薬物熱、過敏血管炎、ループス症候群、アナフィラキシー様反応 皮膚・粘膜 固定薬疹、播種状型薬疹、蕁麻疹、血管浮腫、型薬疹、Stevens-Johnson[ryumachi.umin.jp] など 3.III型:血清病様反応,腎炎など 4.IV型:接触性皮膚炎など 5.時間経過による分類 5 薬物アレルギーに影響する因子 1.薬物および治療に関連する因子 2.患者に関連する因子 6 多薬剤アレルギー症候群 7 合併疾患 8 併用薬物 9 薬物過敏症の臨床症状 1.アナフィラキシーとアナフィラクトイド反応 10 薬疹 1.播種状丘疹型薬疹[igaku-shoin.co.jp]

  • 猩紅熱

    猩紅熱(しょうこうねつ、英: Scarlet fever)は、小児に多い発疹性伝染病。明治年間に法定伝染病に指定され恐れられていた病気の一つだが、抗生物質が開発された後には、容易に治療が可能となった。このため、猩紅熱は伝染病予防法に定められていた法定伝染病(届け出が必要)であったが、1998年の法改正に伴い、猩紅熱は法定伝染病ではなくなった。現在の感染症法ではA群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)として診断・治療を行うことがほとんどである。 A群β溶血性連鎖球菌の毒素(発赤毒(erythrogenic toxin)[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状