Create issue ticket

考えれる22県の原因 多嚢胞性卵巣症候群

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    嚢胞卵巣症候(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん、英: Polycystic ovary syndrome:PCOS)とは、女性の排卵が阻害されて卵巣内に多数の卵胞がたまり、月経異常や不妊を生じた病態。 卵巣の表面が肥厚し排卵が行われず、滞留した卵胞によって卵巣が多嚢胞化している。[ja.wikipedia.org] 体外受精、未熟卵子体外培養体外受精法(IVM-IVF) 少なくとも、ミオイノシトールとカイロ-イノシトールは、二重盲検法による小規模な臨床に於いて、嚢胞卵巣症候の改善に効果を見出している。イノシトールは、インスリン代謝のセカンドメッセンジャーとして機能する天然の物質で、現在までに副作用は報告されていない。[ja.wikipedia.org]

  • 2型糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 尋常性ざ瘡

    集簇ざ瘡は,抗菌薬の全身投与が無効に終わった場合は,イソトレチノインの内服により治療する。 内分泌異常(例,嚢胞卵巣症候,女性の男性化副腎腫瘍)によるざ瘡については,抗アンドロゲン薬の適応となる。スピロノラクトンには抗アンドロゲン作用がいくらかあり,ときに50 100mg,1日1回の経口投与で,ざ瘡治療に処方されることがある。[msdmanuals.com]

  • 甲状腺機能亢進症

    甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)とは、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が過剰になる疾患である。甲状腺ホルモンは細胞レベルで非常に大切なホルモンであり、体の殆どの組織に影響を及ぼす。代謝内分泌疾患の一つ。 甲状腺ホルモンは身体にエネルギーの利用を促すホルモンであり、これが過剰になる事で全身の臓器細胞の働きが過剰になる。肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 主に心臓の活動が上がって頻脈になり、エネルギー消費の亢進により多食や体重減少、重い疲労感の症状がある。 心拍数の増加、高血圧 発汗量の増加、体温の上昇 皮膚のかゆみ、口が乾く 手足の震え 躁状態、勇敢、やる気の増大[…][ja.wikipedia.org]

  • 1型糖尿病
  • 膵炎

    膵炎(すいえん、英: Pancreatitis)とは、何らかの要因により膵臓が炎症を起こした状態の総称。炎症の原因は、ウイルス感染症、胆石、アルコール摂取、薬の副作用、消化酵素などである。急な発症の急性膵炎と徐々に膵臓の機能不全に陥る慢性膵炎がある。 臨床の発症状態において以下に分類される。詳細は各項目の記述を参照。 急性膵炎(Acute pancreatitis) 慢性膵炎(Chronic pancreatitis) 要因として以下の疾患が原因となりうる。詳細は各項目の記述を参照。 アルコール性膵炎 自己免疫性膵炎(IgG4関連疾患) 遺伝性膵炎 膵胆管合流異常症 血液検査[…][ja.wikipedia.org]

  • 妊娠糖尿病

    妊娠糖尿病 (にんしんとうにょうびょう, 英語: gestational diabetes)とは、妊娠中のみ 血糖値 が異常となる症状をいう [2] 。妊娠糖尿病は、将来のII型糖尿病リスクを増加させる [2] 。 発症機序と予後 [ 編集 ] 妊娠中は、 ヒト胎盤性ラクトゲン や エストロゲン 、 プロゲステロン などの妊娠中に増加するホルモンにより、耐糖能が悪化しがちであることによる。一般的には、出産後に耐糖能は正常化する。一方、もともと糖尿病患者が妊娠した場合は、 糖尿病合併妊娠 と呼ばれる。とは言え、もともと 糖尿病[…][ja.wikipedia.org]

  • グルカゴン産生腫瘍

    症状 糖尿病やアミノ酸血症、壊死性移動性紅斑である皮膚病変が主症状です。糖尿病の症状はインスリン分泌に影響されるものではなく、グルカゴン作用によって引き起こされると言われており、二次性の糖尿病となります。低アミノ酸血症はほとんどのケースで見られ、他の症状が強く出ていなくても低アミノ酸血症だけは明らかに出現していたとする症例も見られます。壊死性移動性紅斑は顔面、殿部、鼠径部、四肢末端部といった個所に出現します。色素沈着や痂皮(かさぶた)、糜爛、水疱といったものが見られます。その他、血栓塞栓症、赤沈亢進、萎縮性舌炎、精神症状、口唇炎、貧血、体重減少などを示すこともあります。 原因[…][lalso.com]

  • 膵の悪性新生物
  • 嚢胞性線維症

    嚢胞性線維症(CF症)(のうほうせいせんいしょう、Cystic[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状