Create issue ticket

考えれる852県の原因 多動性

  • 食品アレルギー

    食物アレルギー(しょくもつアレルギー)は、原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して起こる生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシー反応など)である。食品によっては、アナフィラキシーショックを発症して命にかかわることもある。一部の集団では、後にアトピー性皮膚炎、喘息へと進展するというアレルギー・マーチの仮説の最初のアレルギー反応である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性アンフェタミン中毒

    薬剤による心停止、カルディオバージョン/除細 電気的除細は薬剤を原因とするVTや心室細のために脈の ない患者、そしてVTのある循環動態が不安定な患者に対して妥 当である。 難治性VFのある交感神経作動薬中毒の症例では、アドレナリン投与の間隔 を広げ標準投与量のみを使用する。[plaza.umin.ac.jp] 薬剤による心室頻拍と心室細動 患者が急に低血圧を伴う QRS幅が広いリズムに 変化したら、薬剤による心室頻拍(VT)の可能があり、除細 の適応がある。 もし、患者が不安定でのVTであれば、 高エネルギ-(除細の用量)で非同期ショッ クを行う。 血行動態的に安定している、薬剤によるVTの症例では抗不整脈薬が適応となる。[plaza.umin.ac.jp]

  • 不安障害

    不安障害 その他の症例キーワード 自律神経失調症 不安障害 うつ病 不眠症 パニック障害 頭痛 動悸 めまい 物忘れ 息苦しさ 認知症 躁うつ病 統合失調症 過敏腸症候群 意欲低下 社交不安障害 発達障害 強迫障害 妄想障害 被注察感 妄想 AD/HD(注意欠陥・障害) むずむず脚症候群 機能性ディスペプシア てんかん 夜驚症[kuramen.com] 気分障害(うつ病、双極性障害) 不安障害(パニック症 社交不安症) 月経に関する精神的な病気(月経前症候群、更年期障害) トラウマ関連症状(急性ストレス障害、外傷後トラウマ障害) 大人の発達障害(自閉症スペクトラム症 注意欠陥障害ADHD) 統合失調症(統合失調スペクトラム障害) 不安障害(パニック症 社交不安症) パニック症(パニック[kitabayashi.or.jp] 自閉スペクトラム症 自閉スペクトラム症(自閉症スペクトラム障害)は、かつて広汎発達障害と呼ばれていた障害です。 注意欠如・症 注意欠如・多動症(ADHD)は、課題を成し遂げることができない、思いつきで突発的な行動をとる、3分としてじっとしていられない、などの特徴がある障害です。[heartclinic-odawara.com]

  • せん妄

    せん妄は,注意,認知,および意識レベルが急性かつ一過性に障害される病態で,その程度には変動がみられ,通常は可逆的である。ほぼ全ての疾患および薬剤が原因となりうる。診断は臨床的に行い,原因同定のために臨床検査と通常は画像検査を施行する。治療は原因の是正と支持療法である。 せん妄はあらゆる年齢で起こりうるが,高齢者でより多くみられる。入院する高齢患者の10%以上にせん妄があり,15 50%は入院期間中いずれかの時点でせん妄を経験する。術後患者,介護施設入居者,およびICU患者でも,せん妄がよくみられる。より若年者がせん妄を発症した場合,通常は薬物使用か生命を脅かす全身性疾患が原因である。[…][msdmanuals.com]

  • アルコール離脱

    アルコール離脱症候群(アルコールりだつしょうこうぐん、Alcohol withdrawal syndrome)は過剰なアルコール摂取期間後、アルコールの摂取を止めたり量を減らすことにより発症する。一般的な症状は主に不安感、震え、発汗、嘔吐、 頻脈、微熱である。さらに重い症状には てんかん発作、幻覚、幻聴、振戦せん妄(DTs)がある。通常、最後のアルコール摂取から6時間後位より症状が出始め、24〜72時間後に症状が一番重くなり、7日後には症状は向上する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 双極性障害

    バイオバブルとは、たとえば気分障害やADHD(注意欠陥障害)や不安障害の根底にあるとされる、セロトニンレベルの低下仮説や化学的アンバランス説といったようなことを指します。これは、フロイト理論において精神力動的な障害の根底にあるとされるリビドーの変化と同じくらい、神話的なものです。[msz.co.jp] 注意欠陥・障害ADHDでは気分の高揚はない。子供のイライラやかんしゃくはほとんどが正常か、注意欠陥障害 (ADHD) などであり、流行する診断名に巻き込まれないよう。ほとんどかんしゃくは非常に短期間であり、ここでいうエピソード的ではない。#子供の双極性障害も参照。[ja.wikipedia.org] 子どもについては、ADHD(注意欠陥・障害)との識別が困難であることも、研究を難しくしている要因です。また、60歳以上の発症の場合、家族歴はまれで、脳や身体疾患との関連性がある場合が多いようです。 最後に自殺企図率ですが、双極性障害は再発率が高いと同時に、自殺企図率が精神障害の中で最も高い疾患といわれます。[dr-maedaclinic.jp]

  • バセドウ病

    甲状腺機能亢進症に一般的な症状の多くはアドレナリン過剰症状に類似しており,神経質,動悸,汗,暑さに対する過敏,疲労,食欲亢進,体重減少,不眠症,筋力低下,および頻回の排便(ときに下痢)などがみられる。過少月経を呈することもある。徴候には,温かく湿った皮膚,振戦,頻脈,脈圧増大,および心房細動などが含まれる。[msdmanuals.com]

  • 甲状腺機能亢進症

    甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)とは、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が過剰になる疾患である。甲状腺ホルモンは細胞レベルで非常に大切なホルモンであり、体の殆どの組織に影響を及ぼす。代謝内分泌疾患の一つ。 甲状腺ホルモンは身体にエネルギーの利用を促すホルモンであり、これが過剰になる事で全身の臓器細胞の働きが過剰になる。肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 主に心臓の活動が上がって頻脈になり、エネルギー消費の亢進により多食や体重減少、重い疲労感の症状がある。 心拍数の増加、高血圧 発汗量の増加、体温の上昇 皮膚のかゆみ、口が乾く 手足の震え 躁状態、勇敢、やる気の増大[…][ja.wikipedia.org]

  • パーキンソン病

    パーキンソン病(パーキンソンびょう、英: Parkinson's disease)は、手の震え・動作や歩行の困難など、運動障害を示す、進行性の神経変性疾患である。進行すると自力歩行も困難となり、車椅子や寝たきりになる場合がある。40歳以上の中高年の発症が多く、特に65歳以上の割合が高い。 錐体外路症状を呈し、アルツハイマー病と並んで頻度の高い神経変性疾患と考えられている。日本では難病(特定疾患)に指定されている。本症以外の変性疾患などによりパーキンソン様症状が見られるものをパーキンソン症候群と呼ぶ。[…][ja.wikipedia.org]

  • パーキンソン病 3型

    介護が必要になるきっかけの一つにパーキンソン病の発症があります。パーキンソン病は主に50歳以上の中高年に見られる進行性の疾患で、手足のこわばりといった軽い症状から、最悪の場合は寝たきり状態になることもある、現代の医学では完治が困難な難病として知られています。 今回は、「家族にパーキンソン病の疑いがある」「親がパーキンソン病を発症した」という人のために、パーキンソン病の症状や予防法についてご紹介します。 【目次】 1.パーキンソン病とは? 2.パーキンソン病の主な症状 3.パーキンソン病の予防法 4.パーキンソン病の症状が現れたときの対処法 5.パーキンソン病と正面から向き合った生活を[…][irs.jp]

さらなる症状