Create issue ticket

考えれる154県の原因 外耳道の欠損

  • 耳垢栓塞

    診断 外耳に多量の角化物の堆積を認める。また、それらを除去した際に骨欠損・骨破壊を認めた場合に外耳真珠腫と診断されます。CTで病変の進展を把握することもあります。 治療 堆積・増殖した真珠腫を定期的に除去することで病変の進行・拡大を防ぎます。[inoue-ent-cl.jp]

  • 耳管開放症

    診断 外耳に多量の角化物の堆積を認める。また、それらを除去した際に骨欠損・骨破壊を認めた場合に外耳真珠腫と診断されます。CTで病変の進展を把握することもあります。 治療 堆積・増殖した真珠腫を定期的に除去することで病変の進行・拡大を防ぎます。[inoue-ent-cl.jp]

  • 小耳症

    概要 原因不明であるが、健康な両親よりsporadicに両側の耳介が欠損し、両側の外耳欠損したまま生まれる。伝音難聴を呈す る。Treacer Collins症候群のみが原因がわかっている。放置すると、言語発達の遅れ、コミュニケーション障害を伴う。両側小耳症による劣等感を抱き、精神的に内 向する。 2.[nanbyou.or.jp] (右耳:左耳:両耳 5:2:2) 小耳症について [ 編集 ] 小耳症の耳には個人差があり一概には言えないが、耳の一部がある場合は「 小耳症 」、耳が完全に欠損している場合は「 無耳症 」とされる。耳の穴がふさがっていると(外耳閉鎖症)聴力が低い、または、ほとんどない場合がある。大体の小耳症患者は穴がふさがっている。[ja.wikipedia.org] 下の写真では耳介のひだの一部(対耳輪)が欠損し 下の写真では耳介の上半分が欠損しています。 全体的に健常側と比べ小さくなっています。 耳の穴の入り口(耳甲介窩)が小さくなっています。 外耳は閉鎖しています。 外耳道は閉鎖しています。[aichi-med-u.ac.jp]

  • 慢性外耳炎

    診断 外耳に多量の角化物の堆積を認める。また、それらを除去した際に骨欠損・骨破壊を認めた場合に外耳真珠腫と診断されます。CTで病変の進展を把握することもあります。 治療 堆積・増殖した真珠腫を定期的に除去することで病変の進行・拡大を防ぎます。[inoue-ent-cl.jp] ・皮膚欠損部は上皮化を促進するために、側頭骨筋膜や人工皮膚を用いてカバーしておきます。 ・外耳真珠腫、閉塞性角化症では自浄作用が落ちているため、痂皮が蓄積しやすいので数ヵ月毎の定期的な清掃が必要です。 関連疾患(細目) 閉塞性角化症 外耳道炎[urano-ent.jp]

  • 慢性中耳炎

    診断 外耳に多量の角化物の堆積を認める。また、それらを除去した際に骨欠損・骨破壊を認めた場合に外耳真珠腫と診断されます。CTで病変の進展を把握することもあります。 治療 堆積・増殖した真珠腫を定期的に除去することで病変の進行・拡大を防ぎます。[inoue-ent-cl.jp]

  • 中耳真珠腫

    ここから真珠腫を取り除いたのちに軟骨で外耳欠損部を塞ぎ、元の外耳に近い成形をしていきます。当院では特に患者さんのQOLを優先し可能な限りクローズ法(canal wall up)で行います。 手術の経過2 中耳(鼓室)の真珠腫が取り除かれているのが確認できます。[hiroshiba.com] ・皮膚欠損部は上皮化を促進するために、側頭骨筋膜や人工皮膚を用いてカバーしておきます。 ・外耳真珠腫、閉塞性角化症では自浄作用が落ちているため、痂皮が蓄積しやすいので数ヵ月毎の定期的な清掃が必要です。 関連疾患(細目) 閉塞性角化症 外耳道炎[urano-ent.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    ラスムッセン脳炎 ルビンシュタイン・テイビ症候群 ランゲルハンス細胞組織球症 【れ】 ランドウ・クレフナー症候群 レーベル遺伝性視神経症 【り】 レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ欠損症 リジン尿性蛋白不耐症 劣性遺伝形式をとる遺伝性難聴 両側性小耳症・外耳閉鎖症 レット症候群 両大血管右室起始症 レノックス・ガストー症候群[city.sendai.jp]

  • 悪性中耳炎

    ここから真珠腫を取り除いたのちに軟骨で外耳欠損部を塞ぎ、元の外耳に近い成形をしていきます。当院では特に患者さんのQOLを優先し可能な限りクローズ法(canal wall up)で行います。 手術の経過2 中耳(鼓室)の真珠腫が取り除かれているのが確認できます。[hiroshiba.com]

  • 若年性ミオクロニーてんかん

    ブラウ症候群 344 ライソゾーム病 300 プラダ-・ウィリ症候群 345 ラスムッセン脳炎 301 プリオン病 346 ランゲルハンス細胞組織球症 302 プロピオン酸血症 347 ランドウ・クレフナー症候群 303 PRL分泌亢進症(高プロラクチン血症) 348 リジン尿性蛋白不耐症 304 閉塞性細気管支炎 349 両側性小耳症・外耳閉鎖症[city.nerima.tokyo.jp] 305 β-ケトチオラーゼ欠損症 350 両大血管右室起始症 306 ベーチェット病 351 リンパ管腫症/ゴーハム病 307 ベスレムミオパチー 352 リンパ脈管筋腫症 308 ヘパリン起因性血小板減少症 353 類天疱瘡(後天性表皮水疱症を含む。)[city.nerima.tokyo.jp]

  • 細菌性中耳炎

    診断 外耳に多量の角化物の堆積を認める。また、それらを除去した際に骨欠損・骨破壊を認めた場合に外耳真珠腫と診断されます。CTで病変の進展を把握することもあります。 治療 堆積・増殖した真珠腫を定期的に除去することで病変の進行・拡大を防ぎます。[inoue-ent-cl.jp]

さらなる症状