Create issue ticket

考えれる35県の原因 外眼筋麻痺

  • アルコール離脱

    意識障害、麻痺、記憶力障害、小脳失調、失見当識(場所や時間が分からなくなる)の症状がでる。コルサコフ症候群では記憶障害の結果として、記憶の不確かな部分を作話で補おうとすることが知られる。サイアミン投与が有効である。 アルコール幻覚症 被害的内容の幻聴を主とする幻覚が、飲酒中止時や大量飲酒時に急性・亜急性に出現する。[ja.wikipedia.org]

  • 眼瞼下垂

    まぶた 重症無力症 :型 ミトコンドリア病 : 進行性麻痺 遠位型ミオパチー 眼瞼痙攣 参考文献 [ 編集 ] 日本内科学会雑誌 平成22年 5 月10日 外部リンク [ 編集 ] NPO法人 眼瞼下垂の会 目の病気 眼瞼下垂 日本眼科学会 眼瞼下垂症 一般社団法人 日本頭蓋顎顔面外科学会[ja.wikipedia.org] 視神経炎、視神経低形成、レーベル病 視束管骨折、多発性硬化症、Devic病、下垂体腫瘍、脳梗塞 ドライアイ 涙嚢炎、鼻涙管ちりょう閉塞、涙小管炎 近視、遠視、乱視 老視 斜視(内斜視、斜視) 下斜過動症、Duane症候群、動神経麻痺転神経麻痺 Fisher症候群 ギラン・バレー症候群の亜型。[ja.wikipedia.org] 上斜麻痺 後天性のものは外傷性が多い。 Horner症候群 縮瞳状態になる。 adie症候群 急性期には散瞳状態となる。 外傷性散瞳 外傷を起因として不可逆性散瞳を来す。 色覚異常 重症筋無力症、全身性エリテマトーデス(網膜症)、甲状腺眼症 羞明羞明とはまぶしく見えることで角膜、水晶体の障害を示唆する。[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性神経障害

    急性型には麻痺(眼瞼下垂、 複視 、眼球運動制限など、特に動眼神経麻痺)、顔面神経麻痺、聴・前庭神経障害(難聴、めまい)、躯幹神経障害(胸腹部のしびれや痛み)、外側大腿皮神経障害(大腿外側部のしびれや痛み)、腓骨神経障害(下腿外側部のしびれや足背屈力低下)などが知られている。[ja.wikipedia.org] 瞳孔回避では内麻痺に瞳孔開大が軽度になる。躯幹神経障害は胸腹部のデルマトームに一致した異常感覚、疼痛、感覚鈍麻を生じるもので肋間神経痛様の激しい症状がみられる。片側性のものが多い。胸髄神経根障害であり腰髄神経根障害では糖尿病性筋萎縮症となる。これらは炎症反応を基盤とした多発神経根炎であり 脊髄炎 など ミエロパチー が鑑別となる。[ja.wikipedia.org]

  • トロサ・ハント症候群

    トロサ・ハント症候群(とろさ・はんとしょうこうぐん、英語: Tolosa–Hunt syndrome; THS)は稀な疾患であり、第III, IV, V, VI脳神経のいずれかに関係する、性の麻痺を伴った片側性で重い頭痛と、特定の眼の脱力と麻痺(麻痺)を伴う眼の側方と後方の痛みを特徴に持つ。[ja.wikipedia.org]

  • ギラン・バレー症候群

    ギラン・バレー症候群が全身型の疾患であるのに対して、同様の自己免疫が原因で末梢神経の障害が起こる疾患にフィッシャー症候群やビッカースタッフ型脳幹脳炎があり、麻痺、失調、深部反射低下などが見られる。[ja.wikipedia.org] そのほか、両側性の顔面神経麻痺障害などといった脳神経症状や、構音障害や嚥下障害などの球麻痺症状、自律神経障害を伴うことがある。自律神経障害は突然死の原因となり、麻痺による長期臥床は肺梗塞の原因となりいずれも致死的であり注意が必要である。[ja.wikipedia.org] 必要条件 進行性の運動麻痺が四肢のうち二肢以上に存在し、程度は軽度から完全麻痺まで、体幹、球部筋、顔面筋、筋が侵されることもある。 深部腱反射の消失。全身性が原則である診断を支持する所見 臨床所見 重要度順に 進行性 比較的対称性 軽度な知覚症状 脳神経障害:顔面神経が約50%。[ja.wikipedia.org]

  • 痛みがある眼筋麻痺

    トロサ・ハント症候群(とろさ・はんとしょうこうぐん、英語: Tolosa–Hunt syndrome; THS)は稀な疾患であり、第III, IV, V, VI脳神経のいずれかに関係する、性の麻痺を伴った片側性で重い頭痛と、特定の眼の脱力と麻痺(麻痺)を伴う眼の側方と後方の痛みを特徴に持つ。[ja.wikipedia.org]

  • 球後視神経炎

    複視 複視は麻痺で生じ、核間性麻痺または転神経障害によって生じる眼球運動障害である。MSでは核間性眼球麻痺が両側性に生じるのが特徴である。[ja.wikipedia.org] このほかにMSでよくみとめられる注視麻痺には水平性注視麻痺、一眼半水平注視麻痺症候群(one and a half syndrome:水平性注視麻痺と同側の核間性麻痺)、後天性振子様眼振などがある。[ja.wikipedia.org]

  • 視神経炎

    複視 複視は麻痺で生じ、核間性麻痺または転神経障害によって生じる眼球運動障害である。MSでは核間性眼球麻痺が両側性に生じるのが特徴である。[ja.wikipedia.org] このほかにMSでよくみとめられる注視麻痺には水平性注視麻痺、一眼半水平注視麻痺症候群(one and a half syndrome:水平性注視麻痺と同側の核間性麻痺)、後天性振子様眼振などがある。[ja.wikipedia.org]

  • MELAS症候群

    中枢神経 痙攣、ミオクローヌス、失調、脳卒中様症状、知能低下、偏頭痛、精神症状、ジストニア、ミエロパチー 骨格 筋力低下、易疲労性、高CK血症、ミオパチー 心臓 伝導障害、ウォルフ・パーキンソン・ホワイト(WPW)症候群、心筋症、肺高血圧症 視神経萎縮、麻痺、網膜色素変性 肝 肝機能障害、肝不全 腎 ファンコーニ症候群、尿細管機能障害[nanbyou.or.jp] 1.主要項目 (1)主症状 ①進行性の筋力低下、横紋融解症又は 麻痺を認める。 ②知的退行、記銘力障害、痙攣、精神症状、一過性麻痺、半盲、皮質盲、ミオクローヌス、ジストニア、小脳失調などの中枢神経症状のうち、1つ以上を認める。または、手足のしびれなどの末梢神経障害を認める。[nanbyou.or.jp] 、糸球体病変、ミオグロビン尿 膵 糖尿病、分泌不全 血液 鉄芽球性貧血、汎血球減少症 内耳 感音性難聴 大腸・小腸 下痢、便秘 皮膚 発汗低下、多毛 内分泌腺 低身長、低カルシウム血症 4.治療法 対症療法は、基本的に、各臓器症状に応じて適切に行われる必要があり、患者の全身状態を改善させるために極めて重要である。[nanbyou.or.jp]

  • ミオパチー

    眼瞼下垂眼瞼下垂は動眼神経麻痺による眼瞼挙筋麻痺で生じることが多いが疾患でも起こることがある。上眼瞼の下端が瞳孔上縁にかかるかどうかがポイントとなる。麻痺もミトコンドリア病、咽頭型筋ジストロフィー、筋炎、甲状腺眼症などの疾患が鑑別にあがってくる。[ja.wikipedia.org] 眼輪筋、口輪筋眼輪筋、口輪筋麻痺は顔面神経麻痺のほか、顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーをはじめ多くのミオパチーで認められる。 脊椎の屈曲制限坐位や立位で首の前屈や体幹の前屈の屈曲制限がある場合がある。rigid-spine症候群(強直性脊椎症候群)といわれる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状