Create issue ticket

考えれる47県の原因 変更された腸の機能

  • 便秘

    日本消化器病学会関連研究会「慢性便秘の診断・治療研究会」編集によるガイドライン。便秘は有病率が高く、ありふれた症状の一つといえるが、その診断は客観的な評価が難しく、治療に対する患者の満足度も低い疾患である。一方、治療法として、生活習慣改善、下剤、漢方薬、外科治療のほか、近年新薬も登場し選択肢が広がりつつある。本ガイドラインは「第1章.定義・分類・診断基準」、「第2章.疫学」、「第3章.病態生理」、「第4章.診断」、「第5章.治療」で構成され、第5章ではCQ形式で臨床上の疑問を解説する。 第1章 定義・分類・診断基準 1.便秘の定義 2.慢性便秘(症)の分類 3.慢性便秘症の診断基準[…][nankodo.co.jp]

  • うつ病

    うつ病を正しく理解するために 『月曜日の朝は、いつにもまして起きづらく、ゆううつだ』と感じることは誰にでもあります。また、仕事上のことや、日常の生活の中で、自分に自信が持てず、煩わしさから逃げ出したくなる気持ちにとらわれることもあるかもしれません。 このような気持ちは、ふだんの生活の中でもしばしば体験することですが、たいていは一時のことで、過ぎ去ってしまいます。 うつ病の症状は、このように気分が沈んだ状態とも似ていますが、以下のような点で違っています。 (うつ病を疑うポイント)[…][pref.nara.jp]

  • 反応性うつ病

    こんな症状ありませんか? うつ病の更に詳しい情報 うつ病とは 抑うつ気分、抑うつ状態、うつ病 「ゆううつである」「気分が落ち込んでいる」などと表現される症状を抑うつ気分といいます。抑うつ状態とは抑うつ気分が強い状態です。うつ状態という用語のほうが日常生活でよく用いられますが、精神医学では抑うつ状態という用語を用いることが多いようです。このようなうつ状態がある程度以上、重症である時、うつ病と呼んでいます。 うつ病の分類[…][mhlw.go.jp]

  • 内因性うつ病

    内因性うつ病からの回復 精神科医が自ら綴る症例報告 紙の書籍 定価:税込 2,592 円(本体価格 2,400円) 在庫僅少 発刊年月 2014.09(中旬刊) ISBN 978-4-535-98410-3 判型 四六判 ページ数 232ページ Cコード C3047 ジャンル 精神医学 内容紹介 信州生まれの精神科医である著者は六〇代半ばに内因性うつ病を罹患、死の淵から生還した。自らが詳細に綴る貴重な治療・症例報告の書。 目次 第一部 一精神科医の自分史―――――――――――――――――――――――――― はじめに 一 過去に罹患した病気(既往歴) 二 家族模様(家族歴)[…][nippyo.co.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 大腸炎

    消化器学(しょうかきがく、英: gastroenterology)は、内科学の一分野。 元々の語源となっているように「胃腸学(Gastroenterology)」を元として、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸等から、肝臓、胆嚢、膵臓などの「肝臓学(Hepatology)」を含む消化器(digestive)全般を取り扱う分野となっている。 外科学分野では消化器外科学が携わる。診療科としては消化器内科と消化器外科が共に消化器センターを設置している施設もある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺機能低下症

    甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)は、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が不十分となる疾患である。代謝内分泌疾患の一つ。先天性のものや幼少時発症のものは、発達上の障害が大きな問題となるため特にクレチン症という。 甲状腺ホルモンは全身のエネルギー利用を促すホルモンである。エネルギー需要に応じて甲状腺から分泌されるが、本症ではこれが不足するので全身でエネルギーを利用できず、神経系、心臓、代謝など各器官の働きが低下する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 家族性大腸腺腫症

    家族性大腸腺腫症(かぞくせいだいちょうせんしゅしょう,familial adenomatous polyposis;FAP)とは大腸に100個以上のポリープ(ポリポーシス)が発生する遺伝的な疾患である。家族性大腸ポリポーシス、家族性腺腫性ポリポーシスなどとも呼ばれる。 常染色体優性遺伝の遺伝疾患である。原因遺伝子はAPC遺伝子であることが判明している。[…][ja.wikipedia.org]

  • 過敏性腸症候群

    過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、英語:Irritable Bowel Syndrome、略称:IBS)は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。検査を行っても炎症や潰瘍といった器質的疾患が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛とそれに関係する便通異常が慢性的または再発性に持続する機能性消化管疾患である。 以前は大腸の機能の異常によって引き起こされる病気ということで「過敏性大腸症候群」と呼ばれていたが、最近では、大腸だけではなく小腸にも関係することなどからこのように呼ばれている。20 -[…][ja.wikipedia.org]

  • 消化管腫瘍

    編者が選んだ、消化器内視鏡医にとって読むべき重要な論文200篇が、「頭頸部」(5篇)、「食道」(30篇)、「胃」(60篇)、「十二指腸」(5篇)、「小腸」(15篇)、「大腸」(85篇)の6カテゴリー別に収載されています。いずれも1論文1ページの読み切りとなっています。各論文は、その論文のポイントとなる点を簡潔にまとめた「概説」と、その論文の重要性やその論文がもたらした影響・関連する背景などを各執筆者の視点から解説した「解説」で構成されています。また原著論文にアクセスしたいときには、QRコードを掲載していますので、スマートフォンやタブレットから直接、PubMedの収載ページにアクセスできま[…][cbr-pub.com]

さらなる症状