Create issue ticket

考えれる103県の原因 声帯機能障害

  • 急性気管支炎

    この場合も悪性腫瘍の存在や、声帯の運動障害の有無などをチェックする必要があります。高齢者で飲み込みの機能が低下し、誤嚥を繰り返すと重篤な肺炎になることもあります(矢印)。 いびきをかく いびきは、睡眠中にのどがせまくなり呼吸によって振動しやすくなるために起こります。[jibika.or.jp]

  • 扁桃炎

    また肝機能障害を生じることが多いので安静が治療として重要です。 声帯結節 声帯は声を出すときに振動して音を作り出す器官です。声の酷使によりこの声帯の両側に結節という小さいこぶのようなものができ、嗄声(声がれ)が生じるのが声帯結節です。[nakagawajibika.com]

  • 良性移動性舌炎

    2.音声治療 声帯に病変がない、また声帯運動に異常がないのにも関わらず、声がつまる、うまく出ない、続かない、疲れるなどの音声障害を起こすことがあります。これは機能性発声障害と呼び、声帯の使い方が悪いためにおこり、さらにはこれによって声帯結節などの病気も二次的に発生することがあります。[f.kpu-m.ac.jp]

  • 声帯機能障害

    声の病気 急性声帯炎・声帯ポリープ・声帯結節・ポリープ様声帯など 機能性発声障害 (声帯に異常がない発声障害) ※注2 気道全体の病気 発熱・感冒・ 気管支炎・喘息様気管支炎など ※注3 インフルエンザ感染症 睡眠時無呼吸症候群「 (いびき、無呼吸) ※注4 頭頸部癌 頭頚部領域悪性腫瘍 (舌癌、口腔咽頭癌、喉頭癌、頚部腫瘍など) 疑いに[tosho-clinic.com] 機能性発声障害 上に書いた疾患以外に声帯に異常がなく神経にも問題ないのに、声がよくないといった、機能的な発声障害もあります。代表的なものとして、心因性発声障害、声変わり障害があります。声変わり障害のほとんどは男性であり、成長過程の不均衡が原因です。音声治療によりほとんどが改善します。[med.miyazaki-u.ac.jp] 音声外来 嗄声の原因となる声帯結節や声帯ポリープなどの腫瘤性疾患の診断治療のほか、声帯そのものに病変を確認出来ない音声障害の診断治療を行っています。具体的には機能性発声障害、けいれん性発声障害などです。特に声帯振動異常の精密診断にはハイスピードカメラを用い診断を行っています。[fujita-hu.ac.jp]

  • 無気肺

    合併症・偶発症 麻酔法 頭痛 脊髄くも膜下・硬膜外 一過性神経症状 , 馬尾症候群 硬膜外血腫 ・膿瘍,クモ膜下血腫,髄膜炎 脊髄くも膜下・硬膜外 歯の損傷 全身麻酔 声帯肉芽 腫 ・ 反回神経麻痺 など声帯障害 全身麻酔 薬剤・輸血などに対する異常反応 すべての麻酔法 肝・腎機能障害 すべての麻酔法 気道閉塞, 喘息発作 , 誤嚥性肺炎[kch-org.jp]

  • 伝染性単核球症

    また肝機能障害を生じることが多いので安静が治療として重要です。 声帯結節 声帯は声を出すときに振動して音を作り出す器官です。声の酷使によりこの声帯の両側に結節という小さいこぶのようなものができ、嗄声(声がれ)が生じるのが声帯結節です。[nakagawajibika.com]

  • 急性喉頭炎

    萎縮性病変(声帯がやせてしまい、声がでにくくなる) …声帯溝症、反回神経麻痺による声帯萎縮 6. 機能障害 心因性(心理的なもので、声帯は、実はちゃんと動く)の失声 せき(咳嗽) 3週間以内が急性咳嗽、3-8週間未満が遷延性咳嗽、8週間以上が慢性咳嗽といいます。 急性咳嗽の原因疾患 1. 胸部X線で異常を認める重篤な疾患 a.[tsujimoto-jibika.com] のど(喉頭)の病気] 疾患一覧 急性喉頭蓋炎 声帯ポリープ・声帯結節・ポリープ様声帯 喉頭横隔膜症(先天性・後天性) 喉頭軟弱症 喉頭狭窄 喉頭外傷 喉頭異物 急性喉頭炎 急性声門下喉頭炎 急性喉頭気管・気管支炎 喉頭アレルギー 声帯溝症 喉頭肉芽腫 声帯嚢胞 喉頭痙攣 声帯麻痺・反回神経麻痺 声帯萎縮 核上性麻痺 外転麻痺 機能性音声障害[jasanoko.or.jp]

  • 慢性喉頭炎

    声帯上皮過形成 声帯肉芽腫 声帯粘膜線維症 声帯膿瘍 声帯白斑症 声帯瘢痕形成 声帯のう胞 痙攣性発声障害 声帯萎縮 声帯機能不全 J383 声帯のその他の疾患 喉頭浮腫 声門下浮腫 声門上浮腫 声門浮腫 J384 喉頭浮腫 喉頭痙攣 痙攣性喉頭気管炎 J385 喉頭攣縮 喉頭狭窄症 喉頭閉塞 J386 喉頭狭窄 急性喉頭蓋膿瘍 喉頭びらん[kegg.jp] 萎縮性喉頭気管炎 乾燥性喉頭気管炎 肥大性喉頭気管炎 慢性喉頭気管炎 J371 慢性喉頭気管炎 ゲルハルト症候群 仮性声帯麻痺 喉頭麻痺 声帯外転筋麻痺 声帯不全麻痺 声帯麻痺 J380 声帯及び喉頭の麻痺 声帯ポリープ ポリープ様声帯 J381 声帯及び喉頭のポリープ 小児声帯結節 声帯炎 声帯結節症 浮腫性声帯炎 J382 声帯結節 萎縮性声帯炎 声帯溝症[kegg.jp]

  • アスピリン喘息

    目次へ戻る 第4章 喘息の管理・治療 管理・治療の実際:(7)難治性喘息 一ノ瀬正和 東北大学大学院医学系研究科内科病態学講座 講師 要旨 難治性喘息とは,ステロイドを通常量投与してもコントロールが困難な喘息である.ステロイドそのものの作用が転写レベルで働かない患者も存在するが極めてまれで,大部分は胃・食道逆流や声帯機能障害といった他疾患の[saishin-igaku.co.jp]

  • 慢性扁桃炎

    この場合も悪性腫瘍の存在や、声帯の運動障害の有無などをチェックする必要があります。高齢者で飲み込みの機能が低下し、誤嚥を繰り返すと重篤な肺炎になることもあります(矢印)。 いびきをかく いびきは、睡眠中にのどがせまくなり呼吸によって振動しやすくなるために起こります。[jibika.or.jp]

さらなる症状