Create issue ticket

考えれる1,229県の原因 壊疽

  • レーノー現象

    血流の障害や足の小さな傷がもとになって壊疽を起こす場合があり、感染症の危険から全身を守るため、壊疽を起こした足を切断することがある。 ガス壊疽 gas gangrene ガス産生菌の感染により、皮下組織内にガスがみられる進行性の皮下感染症。ガスの産生によって、患部を圧迫すると捻髪音を発するので、ガス壊疽という。[shiga-med.ac.jp] 30歳以下の女性に発症 することが多く、 抗核抗体は陰性か低力価 であり、指趾壊疽( 指先に血流がいかないため腐ること)をきたすことはまれです。 レイノー症候群(二次性レイノー症候群) は 基礎疾患 に伴ってレイノー現象が出現する病態です。 抗核抗体 が検出されることが多く、時に 指趾壊疽 (ししえそ)をきたすことがあります。[suzuhiro-clinic.com] 稀なケースではあるが、症状が重い場合は血流が慢性的に消失し、潰瘍や壊疽が生じて手術が必要になることもある。[toyokeizai.net]

  • レイノー病

    血流の障害や足の小さな傷がもとになって壊疽を起こす場合があり、感染症の危険から全身を守るため、壊疽を起こした足を切断することがある。 ガス壊疽 gas gangrene ガス産生菌の感染により、皮下組織内にガスがみられる進行性の皮下感染症。ガスの産生によって、患部を圧迫すると捻髪音を発するので、ガス壊疽という。[shiga-med.ac.jp] 30歳以下の女性に発症 することが多く、 抗核抗体は陰性か低力価 であり、指趾壊疽( 指先に血流がいかないため腐ること)をきたすことはまれです。 レイノー症候群(二次性レイノー症候群) は 基礎疾患 に伴ってレイノー現象が出現する病態です。 抗核抗体 が検出されることが多く、時に 指趾壊疽 (ししえそ)をきたすことがあります。[suzuhiro-clinic.com] 5年救肢率90%以上を達成しておりますので、血流障害による足壊疽だけでなく、虚血性の下肢痛や血流障害による著しい歩行障害でお悩みの方は是非当科へご相談ください。[asahikawa-med-surgery.jp]

  • 末梢神経障害

    進行して感覚が低下した場合は、足に靴ずれや胼胝(べんち:たこ)ができても痛みを感じなくなり、手当が遅れると細菌感染をおこし、その部分の組織が一部死んでしまう状態の壊疽(えそ)にまで発展することもあります。ひどくなれば足を切断することにもなります。[nukada.jimdo.com] 神経障害のうち、両手両足の末端の神経より障害が進行する糖尿病性末梢神経障害は、まったく自覚症状を伴わない場合も多く、治療をしないまま放置しておくことによって、足の潰瘍や壊疽など重篤な事態にもつながるため、早期のチェックが重要です。[healthcare.omron.co.jp] 進行すると、足部の感覚低下、栄養障害に循環障害が加わって、ちょっとしたけがから壊疽(えそ)に陥ったりします。 治療 糖尿病の上手なコントロールがもっともたいせつです。そのためには食事療法と運動療法を行ないます。 強い痛みやしびれには、抗けいれん薬などを用います。[kotobank.jp]

  • 動脈硬化症

    足潰瘍や壊疽の症例に対しては、下腿領域の細い動脈に対して血管内治療が施行される場合もあります。下腿の3本の動脈はその血管径が細く、閉塞や高度狭窄病変が多発している事が多いため、血管内治療のみでは、創傷治癒に十分な血流を供給できない場合もあります。 ③創傷処置 重症虚血肢(足潰瘍や壊疽)の治療においては、確実な血行再建が必須条件となります。[ameria.org] 症状は比較的ゆっくりと進行しますが悪化すると安静時でも痛みあり、血流不全のため潰瘍や組織が腐る(壊疽)こともあります。下の表に示すごとく重症度や治療効果の判定にFontaine分類という分類がよく用いられます。[kobe-ekisaikai.or.jp] 進行すると脚に血液が届かず、脚が壊疽(えそ)を起こし、脚を切断することにもなってしまいます。 血管は内側から内膜・中膜・外膜の三層になっており、内膜は内皮細胞でコーティングされています。悪玉のLDLコレステロールは内皮細胞から内膜に入り込み、酸化された変性LDLコレステロールになります。[healthcare.omron.co.jp]

  • 血栓症

    さらに病気が悪化すれば、足が冷たく、安静時でも痛みがあり、皮膚の色が悪い(紫色)、傷が治りにくい、足の指やかかとに潰瘍ができるなど、壊疽と呼ばれる状態になります 図1 。[ncvc.go.jp] 糖尿病のコントロールが悪ければ、閉塞性動脈硬化症が進行するだけではなく、糖尿病性壊疽(足が黒くなる)や糖尿病性神経症(足のしびれや痛み)も合併して発症します。 歩くことは動脈硬化の進行を抑えるだけではなく、閉塞性動脈硬化症の治療としても効果があります。先に述べた間欠性跛行は、毎日歩くことで、少しずつ歩ける距離が長くなります。[ncvc.go.jp]

  • 臍帯ヘルニア

    締め付けられた状態が長期に及ぶと、血液循環障害により脱出した部分が壊死ないし壊疽に至る場合がある。多くは激痛を伴う。[ja.wikipedia.org]

  • 丹毒

    遠心性に拡大し、重症では膿疱・壊疽を生じる。 ときに 遊走する[遊走性丹毒]、 再発しやすい[習慣性丹毒]や、 腎炎・脳膜炎 を合併する。 治療上、乾性と湿性に分ける。[naoru.com] 腫張は軽いが,充実性で,ときとしてその表面は水疱を形成したり, かさぶた となったり, 壊疽 (えそ)になったりする。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報 大辞林 第三版 の解説 たんどく【丹毒】 皮膚の外傷部分から主に連鎖球菌が侵入して起こる急性の炎症。皮膚に境界の鮮明な痛みの強い赤斑ができ、高熱を伴う。[kotobank.jp] 心外膜炎 、 心筋炎 、 感染性大動脈炎 、 敗血症 など 腹部・消化器 胆嚢炎 、 胆管炎 、 肝炎 、 肝膿瘍 、 膵炎 、 脾膿瘍 、 胃炎 ・ 胃潰瘍 、 腸炎 、 虫垂炎 、 腸腰筋膿瘍 、 クラミジア 肝周囲炎 など 泌尿器 腎盂腎炎 、 膀胱炎 、 前立腺炎 、 膣炎 、 骨盤内感染症 など 皮膚 蜂窩織炎 、 脂肪織炎 、 ガス壊疽[ja.wikipedia.org]

  • 動脈塞栓症

    血流の障害や足の小さな傷がもとになって壊疽を起こす場合があり、感染症の危険から全身を守るため、壊疽を起こした足を切断することがある。 ガス壊疽 gas gangrene ガス産生菌の感染により、皮下組織内にガスがみられる進行性の皮下感染症。ガスの産生によって、患部を圧迫すると捻髪音を発するので、ガス壊疽という。[shiga-med.ac.jp] 糖尿病壊疽 糖尿病の3大合併症は、持続する高血糖による網膜症、腎症および神経障害です。糖尿病壊疽は、末梢性の神経障害を基盤として、足の潰瘍、壊死が生じることをいいます。糖尿病壊疽の特徴は、動脈硬化に基づく血行障害と異なり、疼痛がなく、あしの皮膚温は高く、あしの動脈拍動も増えます。[jikei-kch.jp] Ⅳ度:潰瘍・壊疽 最も進行した患者さんでは、動脈硬化により血液が届きにくくなった足先に、治りにくいジュクジュクした傷(潰瘍)ができます。足先への血流が全く流れなくなって、足先が腐ってしまう(壊疽)こともあり、最悪の場合、足を切断しなければならないこともあります。 閉塞性動脈硬化症の診断 気になる症状などについて確認します。[mt-pharma.co.jp]

  • 1型糖尿病

    ただ、高血糖が10年、20年と続くと、 網膜症による失明や透析が必要な腎不全、自律神経、感覚神経の障害、足に起こる壊疽(えそ)、心筋梗塞、脳梗塞といった合併症が起きます。 合併症は1型糖尿病でも2型糖尿病でもまつたく同じように起こってきます。このため、原因の異なるこれらの2種類の病気を同じ糖尿病という名称で呼ぶのです。[sagaekiminami-clinic.jp] 傷を放置すると、組織が腐敗し、死んでしまう、壊疽が起きます。そんな、糖尿病患者・予備軍は合わせて2000万人を超えていて、まさに国民病です。 1型と2型の違い そんな怖い糖尿病で、一般に知られている原因は、肥満・ストレス・食べ過ぎ・運動不足というものです。長年の生活習慣が原因となって、徐々に血糖値が下がりくい状態になってしまいます。[tbsradio.jp] 最悪の場合、足がくさって壊疽になることもあります。 合併症をおこさないためにも、正しい治療を受けましょう。 合併症は糖尿病になったら必ず起こるわけではなく、適切な血糖コントロールで防ぐことができます。むやみに恐れることなく、正しい治療を続け、定期的な検査と診察を受けることが大切です。[myfreestyle.jp]

  • クロストリジウム感染症

    クロストリジウム属の細菌が傷口から侵入して増殖し、組織を破壊する毒素を出して、ガス壊疽(えそ)を引き起こす。 クロストリジウムは胆嚢、結腸、女性の生殖器へも感染します。まれに、クロストリジウム・ソルデリ が女性生殖器に感染して、毒素性ショック症候群を引き起こす場合があります。[msdmanuals.com] CDは、普段は腸内細菌叢の下に隠れて腸粘膜の奥深くに常在しているグラム陽性嫌気性菌の一つで、破傷風菌、ボツリヌス菌、ガス壊疽菌などと並んでクロストリジウム属に属する代表的な菌種です。発見の当初は培養が「困難」(“difficult”)だったことからディフィシル(difficile)と命名されたのです。[ime.or.jp]

さらなる症状

類似した症状