Create issue ticket

考えれる10県の原因 基礎代謝率増加

  • 大動脈弁狭窄症

    TAVI Transcatheter Aortic Valve Implantation 外科手術が困難とされていた患者さんに対する新しい治療方法です。 日本では2013年に保険償還され、2016年3月までに多くの患者さんが、 この治療により救われています。 当院は2016年1月6日付で 「経カテーテル的大動脈弁置換術実施施設」 として認定されました。 TAVIの対象疾患 症状のある、 重症大動脈弁狭窄症 が治療の対象となります。 大動脈弁狭窄症とは 心臓の左心室と大動脈を隔てている弁の動きが悪くなり、全身に血液を送り出しにくくなる状態になる疾患です。[…][scvc.jp]

  • バセドウ病

    バセドウ病またはバセドー病(バセドウびょう、バセドーびょう、 独: Basedow-Krankheit)とは、甲状腺疾患のひとつで、甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気である。機能亢進によって甲状腺ホルモンが必要以上に産生されるため、肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 ロバート・ジェームス・グレーブス(1835年)とカール・アドルフ・フォン・バセドウ(1840年)によって発見、報告された。かつては発見者のカール・フォン・バセドウ(Carl von Basedow)にちなみ、バセドウ氏病とも呼ばれた。英語圏ではグレーブス病(グレーブスびょう、 英: Graves' disease)と呼ばれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 外因性甲状腺中毒
  • ハシトキシコーシス
  • 慢性骨髄性白血病

    慢性骨髄性白血病 (まんせいこつずいせいはっけつびょう Chronic myelogenous leukemia ,CML)とは、 造血幹細胞 の遺伝子が後天的に変異して、造血細胞が分化・成熟能を保ったまま自律的な増殖をし、血液において白血球や時に血小板が増加する血液腫瘍である。 発生率と疫学 [ 編集 ] 慢性骨髄性白血病は年間に100万人あたり10-15人程度発生しすべての白血病(年間10万人あたり6人程度)の約2割を占める [1][…][ja.wikipedia.org]

  • 褐色細胞腫

    【MixOnline】パンくずリスト 【MixOnline】記事詳細 小野 褐色細胞腫の症状軽減薬メチロシンを導入 国内開発へ 公開日時 2013/10/23 03:50[…][mixonline.jp]

  • 甲状腺クリーゼ
  • クッシング症候群

    白血球数増加、好酸球減少 基礎代謝上昇 デキサメサゾン抑制試験 デキサメサゾン抑制試験(できさめさぞんよくせいしけん)は、糖質コルチコイドのアゴニストであるデキサメサゾンを投与して副腎皮質刺激ホルモンの分泌を抑制して血中糖質コルチコイドを測定する試験。[ja.wikipedia.org]

  • 下垂体腺腫

    白血球数増加、好酸球減少 基礎代謝上昇 デキサメサゾン抑制試験 デキサメサゾン抑制試験(できさめさぞんよくせいしけん)は、糖質コルチコイドのアゴニストであるデキサメサゾンを投与して副腎皮質刺激ホルモンの分泌を抑制して血中糖質コルチコイドを測定する試験。[ja.wikipedia.org]

  • チロキシン

    サイロキシンまたはチロキシン (Thyroxine) は甲状腺の濾胞から分泌される甲状腺ホルモンの一種であり、同じく甲状腺ホルモンであるトリヨードサイロニンの前駆体ともなる修飾アミノ酸で、T4と略記される。 サイロキシンは、その99.95%がサイロキシン結合タンパク質やアルブミンなどのタンパク質と結合した状態で血液中を運ばれる。血中での寿命はおよそ1週間である。 またサイロキシンは代謝量の制御に関わり、成長に影響を与えていることが示されている。 D型の異性体はデキストロサイロキシンと呼ばれ、脂質の改質に用いられている。 サイロキシン結合グロブリン(Thyroxine Binding[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状