Create issue ticket

考えれる22県の原因 基底細胞癌

  • 日光角化症

    主なものに基底細胞、有棘細胞癌、悪性黒色腫が含まれるほかさまざまなものがある。皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である菌状息肉症、セザリー症候群などがある。日光角化症、ボーエン病、パージェット病は表皮内癌である。 皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚癌

    主なものに基底細胞、有棘細胞癌、悪性黒色腫が含まれるほかさまざまなものがある。皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である菌状息肉症、セザリー症候群などがある。日光角化症、ボーエン病、パージェット病は表皮内癌である。 皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。[ja.wikipedia.org]

  • 日焼け

    良性型皮膚腫瘍(例えば、有棘細胞 (SCC)や基底細胞) 、白内障、皮膚老化の疾病率の増加が、断続的あるいは累積的な太陽光曝露に関連している。これらの疾患は疾病率全体の増加の重要な原因である一方、たいてい治療で治癒でき致命的にはならない。[web.archive.org]

  • 連圏状ひ糠疹

    老人性色素斑(日光黒子、年寄りのシミ) 脂漏性角化症(年寄りのいぼ) 表皮嚢腫(角質嚢腫・粉瘤腫)ピンポン大に成ってとても痛い 脂肪腫 血管腫 石灰化上皮腫 粘液嚢腫 ガングリオン 神経線維腫 皮膚線維腫 毛細血管拡張性肉芽腫 肥厚性瘢痕 ケロイド アクロコルドン(軟性線維腫、スキンタッグ) 木村病 肥満細胞腫 日光角化症 Bowen病 基底細胞[ja.wikipedia.org]

  • 基底細胞癌

    食道の類基底細胞 [ 編集 ] 食道の類基底細胞は食道に発生する基底細胞に似た特徴を有すると定義され、組織の種々の染色態度より、類基底細胞ー扁平上皮型、腺腫のう腫型、小細胞型などがある。[ja.wikipedia.org] 、Carcinoma, Adenosquamous(腺扁平上皮)、Carcinoma, Basal Cell(基底細胞)などがある。[ja.wikipedia.org] この項目では、重層扁平上皮から生じる の一種について説明しています。 唾液腺 などの腺組織から生じる、基底細胞に似た細胞からなる腫瘍については「 基底細胞 」をご覧ください。[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚の扁平上皮癌
  • 悪性黒色腫

    脂漏性角化症等の良性皮膚疾患、母斑、基底細胞、 TNM分類を基に臨床病期が決定される。Tは腫瘍の厚さによって規定され、上皮内癌をTisとし、1mm、2mm、4mmを境にT1〜T4までの4段階に分けられる。これはさらに潰瘍の有無によってaとbに亜分類される。[ja.wikipedia.org] に,脂漏性角化症,基底細胞,血管病変も肉眼的には鑑別困難であるが,ダーモスコピーでは鑑別しやすい.ダーモスコピー診断は2段階に分けるとわかりやすい.まずメラノサイト病変かどうかを判断し,続いて非メラノサイト病変を順番に考える.メラノサイト病変の可能性が高ければ,第2段階で色と構造の分布が規則的か不規則かを考え,メラノーマか母斑かを判定する[doi.org] の93%はde novoに生じる.メラノーマの診断には,後天性母斑,つまりClark母斑(平坦か扁平隆起),Miescher母斑(半球状,顔に多い),Unna母斑(いぼ状,頭と首に多い),Reed/Spitz母斑(子供に多い)を知ることが重要である.先天性母斑と青色母斑はあまり問題にならない.母斑の典型像と異なればメラノーマを考える.色素細胞病変以外[doi.org]

  • うっ滞性皮膚炎

    老人性色素斑(日光黒子、年寄りのシミ) 脂漏性角化症(年寄りのいぼ) 表皮嚢腫(角質嚢腫・粉瘤腫)ピンポン大に成ってとても痛い 脂肪腫 血管腫 石灰化上皮腫 粘液嚢腫 ガングリオン 神経線維腫 皮膚線維腫 毛細血管拡張性肉芽腫 肥厚性瘢痕 ケロイド アクロコルドン(軟性線維腫、スキンタッグ) 木村病 肥満細胞腫 日光角化症 Bowen病 基底細胞[ja.wikipedia.org]

  • 木村病

    老人性色素斑(日光黒子、年寄りのシミ) 脂漏性角化症(年寄りのいぼ) 表皮嚢腫(角質嚢腫・粉瘤腫)ピンポン大に成ってとても痛い 脂肪腫 血管腫 石灰化上皮腫 粘液嚢腫 ガングリオン 神経線維腫 皮膚線維腫 毛細血管拡張性肉芽腫 肥厚性瘢痕 ケロイド アクロコルドン(軟性線維腫、スキンタッグ) 木村病 肥満細胞腫 日光角化症 Bowen病 基底細胞[ja.wikipedia.org]

  • ボーエン病

    主なものに基底細胞、有棘細胞癌、悪性黒色腫が含まれるほかさまざまなものがある。皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である菌状息肉症、セザリー症候群などがある。日光角化症、ボーエン病、パージェット病は表皮内癌である。 皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状