Create issue ticket

考えれる8県の原因 基底棘融解

  • 黒色表皮腫

    【 ぼせ 】墓石状(ぼせきじょう)配列row of tombstones:尋常性天疱瘡では基底細胞直上で融解性水疱を生じる。基底細胞は墓石状に配列する。関連語:融解。 【 ほそ 】捕捉像(ほそく)entrapment of collagen:皮膚線維腫の周辺部でみられる所見。[jds.umin.jp] 【 ひょ 】表皮融解性過角化epidermolytic hyperkeratosis  顆粒変性 【 びり 】ビリvilli:融解による水疱形成部に出現する所見。基底細胞が細く索状に真皮側に向かって増殖する様。例:ダリエー病、家族性慢性良性天疱瘡(ヘイリー・ヘイリー病)。対比語:微絨毛microvilli。[jds.umin.jp]

  • 幼少の偽性低アルドステロン症

    融解変性,C3,IgGの沈着を認めた.食道粘膜下,胃・十二指腸粘膜および粘膜下には炎症細胞浸潤,血管や基底膜に免疫グロブリン等の沈着を認めた.患児血清中にPV特異抗体の一つである抗デスモグレイン3抗体を検出し,PVの粘膜優位型と診断した.本症のPLE発症には免疫学的な機序が関していると考察した.[jpeds.or.jp] 口腔粘膜に水疱を形成する臓器特異的自己免疫疾患であり小児例は非常にまれである.皮膚に水疱を欠き,反復性の口腔びらんと低蛋白血症の精査により,蛋白漏出性胃腸症(PLE)を合併したPVと診断した8歳男児例を経験した.アルブミンシンチグラムで腸管に異常集積を認めたことからPLEと診断した.上部消化管内視鏡検査で食道に全周性びらんを確認し,食道粘膜上皮基底[jpeds.or.jp]

  • 落葉状天疱瘡

    臨床的には、表皮基底層および粘膜における融解の結果、軟らかい水疱とびらんを形成する。後者は Dsg1 に対する自己抗体が原因となり、臨床的には表皮顆粒細胞層における棘融解の結果生じる非常に破れやすい水疱と落ち葉のような落屑を特徴とする。粘膜は侵されない。炎症性天疱瘡は疱疹状天疱瘡、増殖性天疱瘡、腫瘍随伴性天疱瘡がある。[kegg.jp] 水疱部は、基底層直上で融解を認めるが、表皮細胞壊死および表皮内へのリンパ球浸潤を伴います。更に、基底細胞の空胞変性、真皮上層に帯状の密なリンパ球浸潤が見られることもあります。好酸球浸潤は稀です。[shinagawaseasideclinic.com] に,PFは表皮上層にそれぞれ融解性表皮内水疱を形成します. 2010年の天疱瘡診療ガイドラインでは,国際基準として用いられているPDAI (Pemphigus Disease Area Index,ピーダイ) に準じた重症度判定基準 IIa (完全版) および IIb (簡易版) が,診断基準や従来の重症度判定基準 I に加えて併設されました[ivd.mbl.co.jp]

  • 孔紋表皮剥脱症

    [検査と診断] 皮膚の細胞を少し切り取って顕微鏡で検査してみると、尋常性天疱瘡では基底層(きていそう)の上に、落葉状天疱瘡では表皮上層角層(ひょうひじょうそうかくそう)の下に融解性(きょくゆうかいせい)の(棘細胞が溶けたような)水疱がみられます。[kotobank.jp]

  • 腺性口唇炎

    個々の細胞は融解細胞という。融解が高度、広範囲に起こると融解性水疱を形成する。尋常性天疱瘡では基底細胞直上で融解性水疱を生じ墓石状配列をとるという。家族性慢性良性天疱瘡(ヘイリー・ヘイリー病)では棘融解によりマルピギー層の細胞の結びつきが緩むため崩れかけたレンガの壁dilapidated brick wallと表現される。[jds.umin.jp] 【 きょ 】棘融解細胞acantholytic cell  融解 【 きょ 】融解性水疱acantholytic bulla  融解 【 きょ 】巨細胞giant cell  多核巨細胞 【 きょ 】鋸歯状(きょしじょう)saw-tooth appearance:表皮基底細胞が変性し、消失すると有細胞が基底面に露出し、表皮突起は鋸歯状[jds.umin.jp]

  • 偽性色汗症

    個々の細胞は融解細胞という。融解が高度、広範囲に起こると融解性水疱を形成する。尋常性天疱瘡では基底細胞直上で融解性水疱を生じ墓石状配列をとるという。家族性慢性良性天疱瘡(ヘイリー・ヘイリー病)では棘融解によりマルピギー層の細胞の結びつきが緩むため崩れかけたレンガの壁dilapidated brick wallと表現される。[jds.umin.jp] 【 きょ 】棘融解細胞acantholytic cell  融解 【 きょ 】融解性水疱acantholytic bulla  融解 【 きょ 】巨細胞giant cell  多核巨細胞 【 きょ 】鋸歯状(きょしじょう)saw-tooth appearance:表皮基底細胞が変性し、消失すると有細胞が基底面に露出し、表皮突起は鋸歯状[jds.umin.jp]

  • 全身性シュワルツマン反応

    巨核球濃縮法3.巨核球,血小板の細胞電気泳動法4.血小板MPV,PDW池淵,研二 5708 207663 血管柄付骨膜の骨形成能に関する研究(第1報)家兎脛骨および肋骨骨膜の血行形態と血管柄付骨膜弁の作成について(第2報)家兎肋骨骨膜の骨形成について(第3報)家兎脛骨骨膜を用いた遊離骨膜と血管柄付骨膜の比較高戸,毅 5709 207664 可移植性融解型皮膚有細胞癌[gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp] の樹立とその基底膜部抗原群の表現性について古江,増隆 5710 207665 大動脈弁石灰化の成因に関する研究マティソン,恵 5711 207666 ラット腎における糖新生能のネフロン内及びネフロン間不均一性、慢性代謝性酸血症及び低カリウム血症による影響山田,秀生 5712 207667 phorbol esterによるBalb/c 3T3[gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp]

  • アッシャー症候群 3型

    [検査と診断] 皮膚の細胞を少し切り取って顕微鏡で検査してみると、尋常性天疱瘡では基底層(きていそう)の上に、落葉状天疱瘡では表皮上層角層(ひょうひじょうそうかくそう)の下に融解性(きょくゆうかいせい)の(棘細胞が溶けたような)水疱がみられます。[kotobank.jp]

さらなる症状