Create issue ticket

考えれる8県の原因 基底核の神経膠症

  • 精神疾患

    […] dementia)/ビンスワンガー病/クロイツフェルト-ヤコブ病/アルコール性認知症/BPSDと漢方/認知症の家族ケア/認知症の非薬物療法/高齢期の気分障害/高齢期の身体表現性障害/高齢期の不安症/不安障害/高齢期の睡眠障害/高齢者のパーソナリティ障害/高齢期の統合失調症 13 器質性精神障害 パーキンソン病/ハンチントン病/進行性核上性麻痺/大脳皮質基底変性[igaku-shoin.co.jp] /多系統萎縮症/進行性皮質下症/脳卒中後のアパシー/三山病/HIV感染症/細菌性・真菌性感染症/神経梅毒/橋本脳症/傍腫瘍性・自己免疫性辺縁系脳炎/自己抗体介在性急性可逆性辺縁系脳炎/単純ヘルペス脳炎/硬膜下血腫/外傷性脳損傷/脳腫瘍術後/多発性硬化症/求心路遮断性疼痛 14 薬剤性精神障害と他の症状性精神障害 抗精神病薬による精神症状/[igaku-shoin.co.jp]

  • 鉤状回発作

    SMA症候群は、SMA複合体 3 を含む前頭神経症例において特に観察される重要な臨床状態である。 SMA複合体は、辺縁系、基底、小脳、視床、対側SMA、上頭頂葉、および繊維路を介した前頭葉の部分との接続を有する。これらの白質結合への損傷の臨床効果は、皮質よりも重症である可能性がある。[jove.com]

  • ビオチニダーゼ欠損症

    脳MRI画像診断では、脳室拡張、脳萎縮、脳水腫、脳梁の部分的もしくは完全消失、延髄錐体の消失、下オリーブ異常もしくは異所性下オリーブ、左右対称性嚢胞性病変、皮質、基底、脳幹、小脳の神経、全般的ミエリン形成不全が様々な組み合わせで認められることがある 脳MRS: 「脳性乳酸アシドーシス」との名前の由来通りの高い乳酸濃度.[grj.umin.jp]

  • ハラーホルデン・スパッツ症候群

    特定の実施形態において、タウ関連障害または神経変性障害は、アルツハイマー病、前頭側頭型認知、進行性上麻痺、大脳皮質基底神経節変性、ボクサー痴呆、染色体に関連したパーキンソニズム、リティコ ボディグ病、タングル優位型認知症、神経節腫、神経節細胞腫、髄膜血管腫、亜急性硬化性全脳炎、鉛脳障害、結節性硬化症、ハラーホルデン スパッツ病、[biosciencedbc.jp] タウに関連している神経変性障害の非限定的な例には、アルツハイマー病、進行性核上麻痺、ボクサー痴呆、前頭側頭型認知症、染色体に関連したパーキンソニズム、リティコ ボディグ病、タングル優位型認知神経腫、神経節細胞腫、髄膜血管腫、亜急性硬化性全脳炎、鉛脳障害、結節性硬化症、ハラーホルデン スパッツ病、ピック病、大脳皮質基底神経節変性症[biosciencedbc.jp] 実施形態100.神経変性症候群が、アルツハイマー病、進行性核上麻痺、ボクサー痴呆、前頭側頭型認知症、染色体に関連したパーキンソニズム、リティコ ボディグ病、タングル優位型認知神経腫、神経節細胞腫、髄膜血管腫、亜急性硬化性全脳炎、鉛脳障害、結節性硬化症、ハラーホルデン スパッツ病、ピック病、大脳皮質基底変性症、嗜銀性グレイン病、核上麻痺[biosciencedbc.jp]

  • ピルビン酸カルボキシラーゼ欠乏

    脳MRI画像診断では、脳室拡張、脳萎縮、脳水腫、脳梁の部分的もしくは完全消失、延髄錐体の消失、下オリーブ異常もしくは異所性下オリーブ、左右対称性嚢胞性病変、皮質、基底、脳幹、小脳の神経、全般的ミエリン形成不全が様々な組み合わせで認められることがある 脳MRS: 「脳性乳酸アシドーシス」との名前の由来通りの高い乳酸濃度.[grj.umin.jp]

  • リシン血症

    脳MRI画像診断では、脳室拡張、脳萎縮、脳水腫、脳梁の部分的もしくは完全消失、延髄錐体の消失、下オリーブ異常もしくは異所性下オリーブ、左右対称性嚢胞性病変、皮質、基底、脳幹、小脳の神経、全般的ミエリン形成不全が様々な組み合わせで認められることがある 脳MRS: 「脳性乳酸アシドーシス」との名前の由来通りの高い乳酸濃度.[grj.umin.jp]

  • コハク酸酸血症

    脳MRI画像診断では、脳室拡張、脳萎縮、脳水腫、脳梁の部分的もしくは完全消失、延髄錐体の消失、下オリーブ異常もしくは異所性下オリーブ、左右対称性嚢胞性病変、皮質、基底、脳幹、小脳の神経、全般的ミエリン形成不全が様々な組み合わせで認められることがある 脳MRS: 「脳性乳酸アシドーシス」との名前の由来通りの高い乳酸濃度.[grj.umin.jp]

  • アセチルCoAカルボキシラーゼ欠乏

    脳MRI画像診断では、脳室拡張、脳萎縮、脳水腫、脳梁の部分的もしくは完全消失、延髄錐体の消失、下オリーブ異常もしくは異所性下オリーブ、左右対称性嚢胞性病変、皮質、基底、脳幹、小脳の神経、全般的ミエリン形成不全が様々な組み合わせで認められることがある 脳MRS: 「脳性乳酸アシドーシス」との名前の由来通りの高い乳酸濃度.[grj.umin.jp]

さらなる症状