Create issue ticket

考えれる22県の原因 基底ラ音

  • 低ナトリウム血症

    低ナトリウム血症(ていナトリウムけっしょう、英: Hyponatremia)とは、何らかの原因により水の調節機能が正常に働かず血中のナトリウムの濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血中ナトリウム濃度が 136(mEq/L)未満になることを言う。つまり、体内総水分量(TBW)が過剰な状態である。 臨床的には抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)とそれ以外の非SIADHに分けられる。腎臓は50mmHg/kgH2O[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺炎

    肺炎(はいえん、英: Pneumonia)とは、肺の炎症性疾患の総称である。 ある種の肺炎はワクチンによって予防可能である。他の方法には、手洗い、禁煙などがある。治療法はその原因によって異なり、細菌性のものであれば抗生物質が用いられる。重症の場合は一般的に入院となる。酸素レベルが低い場合は酸素吸入を行う。[…][ja.wikipedia.org]

  • うっ血性心不全

    ホーム 新着文献 ソラフェニブによる急性うっ血性心不全 薬剤 ソラフェニブ 腫瘍用薬 副作用 急性うっ血性心不全 概要[…][imic.or.jp]

  • 肺水腫

    Last Update:2014年3月3日 呼吸器の病気一覧へ戻る F-03 肺血管性病変 はいすいしゅ 肺水腫 【概要】 肺は酸素を取り入れ、体内で生じた二酸化炭素を排出するために、肺胞(はいほう)と呼ばれる小さな袋状の構造物に空気を取り入れています。この肺胞の周りには網目状の毛細血管が取り巻き、空気と血液との間で酸素と二酸化炭素が交換されています。肺水腫はこの毛細血管から血液の液体成分が肺胞内へ滲み出した状態です。肺胞の中に液体成分が貯まるため、肺で酸素の取り込みが障害されて重症化すると呼吸不全に陥ることがあります。 【疫学】 様々な原因による疾患のため正確な発症数は不明です。[…][jrs.or.jp]

  • 心筋疾患

    看護師求人TOP ナースフル疾患別シリーズ 循環器疾患 第2章 主な循環器疾患 心筋疾患 心筋症 病態 心機能障害をきたす心筋疾患の総称である。原因不明の「特発性心筋症」と原因疾患や毒性物質が明らかな「 二次性心筋症 」に分ける。 * 二次性心筋症の除外診断が必要である 治療 特発性心筋症は、以下のとおりである。 肥大型心筋症 […][…]治療目標は、突然死の防止である。致死性不整脈があれば、予防内服薬としてβ遮断薬、CA拮抗薬、抗不整脈薬を用いる。 拡張型心筋症[…][nurseful.jp]

  • 急性心筋梗塞

    狭心症・心筋梗塞の前兆 (患者さんの声参照) 狭心症の患者さんは胸痛発作が出て、はじめて病院に行くという場合がほとんどですが、胸痛が起こる前にもなんらかの初期症状は現れます。そのひとつは、胸部、左肩、左腕などの違和感です。狭心症は冠動脈が狭くなり、血液循環の不良が左肩の違和感となって現れます。数分から15分程度の左肩の違和感を自覚したら要注意です。 心臓は横隔膜を隔てて胃と接しているので、胃の痛みとして現れる場合もあります。胃の検査をしても異常がないため、放置されがちです。そのほか、坂や階段を上がっているとき、息切れがひどくなったり、急に胸が痛み出したりします。[…][xn--ymsx5oniia519h1i2a.com]

  • 急性呼吸窮迫症候群

    急性呼吸窮迫症候群 (きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、acute respiratory distress syndrome, ARDS) とは、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種である。特に発症前後の状態を急性肺傷害 (acute lung injury, ALI) と言う。本項では二つをまとめて述べる。 かつては成人呼吸促迫症候群 (adult respiratory distress syndrome) と呼ばれた。これは超未熟児における新生児呼吸窮迫症候群(RDS)と区別するためであるが、本症は未成年にも見られるため、現在はこの呼称は使われない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 高拍出性心不全

    抄録[…][jstage.jst.go.jp]

  • 悪性血管内皮腫

    血管内大細胞型B細胞性リンパ腫 (けっかんないだいさいぼうがたBさいぼうせいリンパしゅ、 intravascular large B cell lymphoma : IVLBL)は、節外性大細胞型リンパ腫細胞が血管内(特に毛細血管内)に選択的に認めるものを指す。 歴史 [ 編集 ] この疾患は1959年、オーストリアの皮膚科医が皮膚生検で血管内に著明な腫瘍細胞の浸潤を認めた31歳女性の症例を報告した [1] ことに始まる。当時は血管内皮細胞由来の腫瘍と考えられていた。 1980年代中頃に、本態は悪性リンパ腫であり、ほとんどはB細胞性腫瘍であることが明らかにされた [2] 。[…][ja.wikipedia.org]

  • 誤嚥性肺炎

    Last Update:2017年6月15日 呼吸器の病気一覧へ戻る A-12 感染性呼吸器疾患 ごえんせいはいえん 誤嚥性肺炎 【概要】 物を飲み込む働きを嚥下機能、口から食道へ入るべきものが気管に入ってしまうことを誤嚥と言います。誤嚥性肺炎は、嚥下機能障害のため唾液や食べ物、あるいは胃液などと一緒に細菌を気道に誤って吸引することにより発症します。吐物を大量に吸引した場合には胃酸による化学性肺炎を起こすことがあり、メンデルソン症候群と呼ばれます。 【疫学】[…][jrs.or.jp]

さらなる症状