Create issue ticket

考えれる13県の原因 β型連鎖球菌A群

  • レンサ球菌感染

    […] β溶血を示すレンサ球菌を原因とし、突発的に発症して急激に進行する敗血症性ショック病態である。 初発症状は咽頭痛、発熱、消化管症状(食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢)、全身倦怠感、低血圧などの敗血症症状、筋痛などであるが、明らかな前駆症状がない場合もある。後発症状としては軟部組織病変、循環不全、呼吸不全、血液凝固異常(DIC)、肝腎症状など多臓器不全を来し、日常生活を営む状態から24時間以内に多臓器不全が完結する程度の進行を示す。A群レンサ球菌等による軟部組織炎、壊死性筋膜炎、上気道炎・肺炎、産褥熱は現在でも致命的となりうる疾患である。 劇症型溶血性レンサ球菌感染症とは (国立感染症研究所)[…][pref.okayama.jp]

  • 急性カタル性扁桃炎

    さらに最近、急速に進行する敗血性ショック、多臓器不全症状を呈する激症Aβ溶血性連鎖球菌感染症が注目されている。 病原体 …A群β(ベータ)溶血性レンサ球菌 潜伏期間 …一般に2 4日。猩紅熱は1 7日。 感染経路 …飛沫感染である。飲食物による経口感染の報告もある。[nagaoka-med.or.jp]

  • 急性腹膜炎

    急性腹膜炎 きゅうせいふくまくえん[…][184.73.219.23]

  • 鎖球菌感染後糸球体腎炎

    急速進行性糸球体腎炎 (きゅうそくしんこうせいしきゅうたいじんえん、 英 : rapidly progressive glomerulonephritis、RPGN )とは、急速に進行し急性腎不全に至る極めて予後不良な疾患の一群を指す。 概要 [ 編集 ] 急速進行性糸球体腎炎(RPGN)は、数週から数か月の間に急速に腎機能障害が進行し、血尿(肉眼的または顕微鏡的)や蛋白尿、各種円柱などの腎炎性尿所見を認める腎不全症候群である。組織学的には、強い糸球体炎症を反映して多くの症例で半月体形成が認められ、壊死性半月体形成性糸球体腎炎(necrotizing crescentic[…][ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性舞踏病

    文献概要 1ページ目 (1)[…][webview.isho.jp]

  • β型連鎖球菌

    目に見えないバクテリア(写真はイメージです) 最近、世間を騒がせているのが「人食いバクテリア」というもの。 もちろんこれは俗称で、正式名称は「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」といいます。 発症すると急速に症状が悪化して手足が壊死、ひどい時には死に至る恐ろしい病気です。 その致死率は3割といわれています。 今年8月、この病気に感染した患者の数が過去最多になったと国立感染症研究所が発表しました。 症状の詳細や感染ルートなど、この病気について気になる点を調べてみました。 劇症型溶血性レンサ球菌感染症とは?[…][tenki.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    さらに最近、急速に進行する敗血性ショック、多臓器不全症状を呈する激症Aβ溶血性連鎖球菌感染症が注目されている。 病原体 …A群β(ベータ)溶血性レンサ球菌 潜伏期間 …一般に2 4日。猩紅熱は1 7日。 感染経路 …飛沫感染である。飲食物による経口感染の報告もある。[nagaoka-med.or.jp]

  • 緑色レンサ球菌

    劇症β溶血性連鎖球菌感染症の報告基準では、ショック症状は必須ですが、壊死性筋膜炎は必須ではありません。報告基準からすると、主としてβ溶血性連鎖球菌毒素性ショック症候が日本では把握されることになるかと思われます。横浜市でも、劇症β溶血性連鎖球菌感染症の発生が見られています。[city.yokohama.lg.jp] 壊死性筋膜炎の患者の約20%とβ溶血性連鎖球菌毒素性ショック症候の患者の半数以上が亡くなります。侵襲性β溶血性連鎖球菌感染症の他の(敗血症や肺炎など)では、約10-15%が亡くなります。1998年に、アメリカ合衆国では、約1万件の侵襲性β溶血性連鎖球菌感染症が発生しました。[city.yokohama.lg.jp] 侵襲性β溶血性連鎖球菌感染症患者の80%から得られた258のβ溶血性連鎖球菌の分離株について、血清で多いのは、M1(24%)、M12(7.4%)、M4(6.5%)、M28(6.2%)、M3(5.8%)でした。[city.yokohama.lg.jp]

  • 猩紅熱

    劇症β溶血性連鎖球菌感染症の報告基準では、ショック症状は必須ですが、壊死性筋膜炎は必須ではありません。報告基準からすると、主としてβ溶血性連鎖球菌毒素性ショック症候が日本では把握されることになるかと思われます。横浜市でも、劇症β溶血性連鎖球菌感染症の発生が見られています。[city.yokohama.lg.jp] 壊死性筋膜炎の患者の約20%とβ溶血性連鎖球菌毒素性ショック症候の患者の半数以上が亡くなります。侵襲性β溶血性連鎖球菌感染症の他の(敗血症や肺炎など)では、約10-15%が亡くなります。1998年に、アメリカ合衆国では、約1万件の侵襲性β溶血性連鎖球菌感染症が発生しました。[city.yokohama.lg.jp] 侵襲性β溶血性連鎖球菌感染症患者の80%から得られた258のβ溶血性連鎖球菌の分離株について、血清で多いのは、M1(24%)、M12(7.4%)、M4(6.5%)、M28(6.2%)、M3(5.8%)でした。[city.yokohama.lg.jp]

  • 細菌性脳炎

    さらに最近、急速に進行する敗血性ショック、多臓器不全症状を呈する激症Aβ溶血性連鎖球菌感染症が注目されている。 病原体 …A群β(ベータ)溶血性レンサ球菌 潜伏期間 …一般に2 4日。猩紅熱は1 7日。 感染経路 …飛沫感染である。飲食物による経口感染の報告もある。[nagaoka-med.or.jp]

さらなる症状