Create issue ticket

考えれる51県の原因 β型連鎖球菌

  • 副鼻腔炎

    副鼻腔炎(ふくびくうえん、Sinusitis)は、副鼻腔に炎症がおきる病気。慢性の副鼻腔炎の俗称は蓄膿症(ちくのうしょう)。症状が4週未満の場合は急性副鼻腔炎(ARS)、12週以上続く場合は慢性副鼻腔炎(CRS)と定義される。 原因には感染症、アレルギー、大気汚染、鼻の構造的問題などがある。大部分はウイルス感染症である。症状が10日以上続いたり、悪化していく場合は細菌感染症が疑われる。再発エピソードは喘息、嚢胞性線維症、免疫機能低下の者に多い。X線は合併症が疑われる場合を除いて必要ない。慢性ケースでは、直接造影やCTにより確定検査が推奨される。[…][ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性上気道感染症

    さらに最近、急速に進行する敗血性ショック、多臓器不全症状を呈する激症A群β溶血性連鎖球菌感染症が注目されている。 病原体 …A群β(ベータ)溶血性レンサ球菌 潜伏期間 …一般に2 4日。猩紅熱は1 7日。 感染経路 …飛沫感染である。飲食物による経口感染の報告もある。[nagaoka-med.or.jp]

  • 胃炎

    胃潰瘍、胃癌の発症の多くにヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori、以下ピロリ菌)感染が関与していることが明らかになる一方で、ピロリ菌陰性であっても胃疾患を発症する患者はいまだ少なくない。これらの胃疾患に関係しているとみられているのが、ピロリ菌以外のヘリコバクター属、Helicobacter heilmannii(以下、ハイルマニイ)だ。今年の日本ヘリコバクター学会で発表された全国調査では、ピロリ菌陰性の胃疾患患者27人のおよそ半数がこの菌に感染していたことが示された。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 中耳炎

    (漿液性中耳炎) 執筆者: Richard T. Miyamoto, MD, MS, Arilla Spence DeVault Professor Emeritus and Past-Chairman, Department of Otolarynology - Head and Neck Surgery, Indiana University School of Medicine 滲出性中耳炎は中耳内の滲出液であり,急性中耳炎の不完全な治癒または感染を伴わない耳管閉塞に起因する。症状としては,難聴,耳閉感,耳の圧迫感などがある。診断は,鼓膜の外観,およびときにティンパノメトリーに基づく。大半の症例は2[…][msdmanuals.com]

  • 化膿レンサ球菌

    メモ2)レンサ球菌 ・溶血環による分類 α溶血 緑色連鎖球菌: 口腔内常在菌、亜急性心内膜炎の起炎菌 β溶血 溶血性連鎖球菌: 病原性は強い γ型溶血 非溶血性連鎖球菌: 起炎菌となることはほとんどない ・細胞壁抗原性による分類(A-O群) A群 化膿性連鎖球菌 B群 GBS:口腔、腟内常在菌。[f.kpu-m.ac.jp] […] β-ラクタム系抗生剤に対する広い耐性の機構としてはβ-ラクタム剤の標的部位(PBP)の変化による親和性の低下が知られている。[f.kpu-m.ac.jp]

  • クレブシエラ属

    メモ2)レンサ球菌 ・溶血環による分類 α溶血 緑色連鎖球菌: 口腔内常在菌、亜急性心内膜炎の起炎菌 β溶血 溶血性連鎖球菌: 病原性は強い γ型溶血 非溶血性連鎖球菌: 起炎菌となることはほとんどない ・細胞壁抗原性による分類(A-O群) A群 化膿性連鎖球菌 B群 GBS:口腔、腟内常在菌。[f.kpu-m.ac.jp] […] β-ラクタム系抗生剤に対する広い耐性の機構としてはβ-ラクタム剤の標的部位(PBP)の変化による親和性の低下が知られている。[f.kpu-m.ac.jp]

  • 丹毒

    丹毒(たんどく、erysipelas)とは、溶連菌による皮膚の化膿性炎症である。 表皮基底層および真皮浅層が、病変の主座である。そのレベルを水平方向に急速に拡大する浮腫性紅斑と腫脹を特徴とする。浮腫性紅斑には菌体および菌産生毒素に対する免疫アレルギーが関与しているといわれている。疼痛を伴うこともあるが、比較的少ない。人畜共通の病気でもあり発熱・頭痛など全身症状を伴うこともある。また、治癒したと思っても再発再燃をおこす場合があり、それを習慣性丹毒(しゅうかんせいたんどく)という。 顔面に好発する。 蜂窩織炎が下肢に多いのに比べると下肢の丹毒は少ない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 蜂窩織炎

    しばらくブログの更新ができなかった理由が 『蜂窩織炎』 蜂窩織炎ってこじらせると厄介な病気らしく 私はその事を知らずに少しこじらせてしまった のでその経緯を書きたいと思います。 その日は突然でした! 何の前触れもなく突然右足首が少し痛い かな? っと思い始めてから15分もしないうちに 激痛‼ あれよあれよという間に腫れあがり 歩くのも困難になり、熱(37.7度)と悪寒を発症。 その日は休日で、どんどん痛さは増し少しでも 動かすと痛くなっていたので救急車も考えまし たが、まずは電話で受け入れてくれるところを 探すことにしました。 でもこれが本当にすんなりいかない(-_-;)[…][ameblo.jp]

  • 緑色レンサ球菌

    劇症A群β溶血性連鎖球菌感染症の報告基準では、ショック症状は必須ですが、壊死性筋膜炎は必須ではありません。報告基準からすると、主としてA群β溶血性連鎖球菌毒素性ショック症候群が日本では把握されることになるかと思われます。横浜市でも、劇症A群β溶血性連鎖球菌感染症の発生が見られています。[city.yokohama.lg.jp] メモ2)レンサ球菌 ・溶血環による分類 α溶血 緑色連鎖球菌: 口腔内常在菌、亜急性心内膜炎の起炎菌 β溶血 溶血性連鎖球菌: 病原性は強い γ型溶血 非溶血性連鎖球菌: 起炎菌となることはほとんどない ・細胞壁抗原性による分類(A-O群) A群 化膿性連鎖球菌 B群 GBS:口腔、腟内常在菌。[f.kpu-m.ac.jp] 日本では、感染症予防法により劇症A群β溶血性連鎖球菌感染症(toxic shock-like syndrome : TSLS)が全数把握の5類感染症とされていて、劇症A群β溶血性連鎖球菌感染症を診断した医師は、保健所に届出をしなければなりません。届出基準は こちら(劇症溶血性レンサ球菌感染症)(PDF:197KB) です。[city.yokohama.lg.jp]

  • コアグラーゼ陰性ブドウ球菌

    メモ2)レンサ球菌 ・溶血環による分類 α溶血 緑色連鎖球菌: 口腔内常在菌、亜急性心内膜炎の起炎菌 β溶血 溶血性連鎖球菌: 病原性は強い γ型溶血 非溶血性連鎖球菌: 起炎菌となることはほとんどない ・細胞壁抗原性による分類(A-O群) A群 化膿性連鎖球菌 B群 GBS:口腔、腟内常在菌。[f.kpu-m.ac.jp] […] β-ラクタム系抗生剤に対する広い耐性の機構としてはβ-ラクタム剤の標的部位(PBP)の変化による親和性の低下が知られている。[f.kpu-m.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状