Create issue ticket

考えれる135県の原因 回帰熱

  • 膀胱の悪性新生物

    膀胱癌(ぼうこうがん、英: Bladder cancer)は、膀胱から発生する上皮性悪性腫瘍である。 第9染色体長腕ヘテロ接合性の消失、第17染色体短腕ヘテロ接合性消失が関与するタイプも指摘されている 発癌の危険因子としては、不衛生な環境、化学物質、ビルハルツ住血吸虫による感染症、喫煙、などが指摘されている。 血尿排尿痛などの見られない、無症候性肉眼的血尿が唯一の症状であることも多い。上皮内癌や浸潤癌では頻尿や排尿痛などを伴うこともある。 死亡数は、男性が悪性腫瘍の第11位、女性は第14位。 発生率は男性が女性の3倍多い。 70歳代での発症が多く、50歳以下の若年発症はまれ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 回帰熱

    治療・予防 回帰には抗菌薬による治療が有効である 5)。ダニ媒介性回帰の場合にはテ トラサイクリンが用いられる。シラミ媒介性回帰の場合は、テトラサイクリンとエリスロマイシンの併用、若しくはドキシサイクリンが有効とされている。小 児の場合はエリスロマイシンが推奨されている。[nih.go.jp] ダニ媒介性の回帰に比べ高い致命率(4〜40%)を持つ。[ja.wikipedia.org] 統計が残っている1950年代以降はこれまで国内での報告はなかったが、我々は2010年にウズベキスタン渡航後に発症したわが国初となる輸入回帰症例を報告している2)。回帰は稀な感染症であり、流行地からの輸入回帰の症例は世界中でも報告は少ない。[nih.go.jp]

  • ライム髄膜脳炎

    (2013年現在) 回帰の国内感染事例について 2013年9月3日に、厚生労働省より、回帰の国内感染事例が初めて確認された旨の発表がありました。[city.sapporo.jp] ダニ媒介性回帰(Rückfallfieber) 回帰ボレリアによる感染症です。インフルエンザに似た症状(高熱・筋肉痛・関節痛)が現れる「発熱期」と、「無熱期」を数回繰り返すため、回帰と命名されました。肝臓が腫れて黄疸がみられたり、高血圧、皮ふの点状出血、鼻血、血尿がみられることもあります。[newsdigest.de] ライム病とは(国立感染症研究所ホームページ) (新しいウィンドウで開きます) 回帰(ダニ媒介性) 回帰には、シラミが媒介するものとマダニが媒介するものがあります。[city.okazaki.lg.jp]

  • スイート症候群

    耳下腺の腫脹がみられればムンプス、野生動物生息域での水泳などの活動歴があればレプトスピラ、ダニへの曝露がみられればライム病、回帰や他のリケッチア症、肺炎が認められればマイコプラズマ等が鑑別の第一歩となる。 また、髄液を十分検索することは鑑別診断の糸口になる。[niid.go.jp] 結核、ライム病、回帰、ブルセラ症、レプトスピラ症なども臨床像の一部として、その他、広東住血線虫などの寄生虫性疾患も無菌性髄膜炎を引きおこすことがある。 感染経路は起因病原体により異なり、接触、飛抹、あるいは食物など一般媒介物、あるいは媒介動物を介した感染がありうる。[niid.go.jp]

  • シュニッツラー症候群

    ホーム 症状チェッカー ホーム 疾患 シュニッツラー症候群 シュニッツラー症候群 症状 症状チェッカー 種類 合併症 症状 症状チェッカー 種類 合併症 症状: シュニッツラー症候群 慢性じんましん 骨痛 関節痛 関節炎 リンパ節肥大 »» もっと見る »» 同様の症状: シュニッツラー症候群 蕁麻疹 血液からの伝染病 血液の状態、病状 血液感染(症) »» もっと見る »» その他の症状に関する情報 関節炎 ...関節炎様の症状は、通常関節痛、関節の発赤、関節の炎症、関節の腫れ、その他の関節の症状をいいます。[…][shoojoo.jp]

  • 結核

    (Vol.28 p 190-192:2007年7月号) 感染症法における結核対策がスタートした。結核はポリオ、ジフテリア、SARSとともに二類感染症に分類された。一方、結核菌は多剤耐性の場合は三種、それ以外の場合は四種病原体とされた。本稿では、結核予防法において規定されていた事項が、改正感染症法でどのように規定され、運用されるかについて解説する。 1.患者等の届出について 結核予防法第22条では、医師は 結核患者 であると診断した時は 2日以内[…][idsc.nih.go.jp]

  • ホジキン病

    ホジキン病 ホジキン-びょう 広辞苑より イギリスの医師ホジキン T.Hodgkin 1798 1866の名に因む。 悪性リンパ腫の一病型。ステルンベルグ-リード細胞と呼ばれる細胞の 出現が特徴的で、全身リンパ腫の腫脹、肝臓、脾臓、骨髄への病変の波及が 主症状。リンパ球優勢型・混合細胞型・リンパ球減少型および結節硬化型に 分類される。原因、本態とも不明。 僕の主治医に伺ったところ、小児ホジキン病というのはホジキン病と基本的に同じなのだそうです。 治療法が変わってくるため、15歳くらいまでのホジキン病患者を小児ホジキン病と呼ぶそうです。[…][www005.upp.so-net.ne.jp]

  • 家族性地中海熱

    の症候をもつもの 2 回帰性リウマチ:関節の症状を主徴としそれが反復するもの 3 全身型若年性特発性関節炎:炎症性疾患・サイトカインストームの様相を呈するもの 4 広義の自己炎症性疾患をどこまでとるか?[kinpodo-pub.co.jp] 4 PFAPA症候群 5 N LRP12関連周期性症候群 6 NLRC4異常症 7章 発熱が主徴とならない自己炎症性疾患 1 Schnitzler症候群 2 若年発症サルコイドーシス / Blau症候群 3 中條-西村症候群 4 PAPA症候群 5 自己炎症性骨疾患 8章 自己炎症性疾患の近縁疾患・類似疾患 1 再発性心膜炎:家族性地中海[kinpodo-pub.co.jp]

  • ダニ麻痺症

    (2013年現在) 回帰の国内感染事例について 2013年9月3日に、厚生労働省より、回帰の国内感染事例が初めて確認された旨の発表がありました。[city.sapporo.jp] 、まれに心筋炎 潜伏期間 回帰やダニ媒介脳炎は、1週間から2週間以内、ライム病は、2週間 予防対策 マダニに咬まれないことが重要で、活動する春から秋にかけて注意が必要。[city.yamatotakada.nara.jp] ダニが媒介する感染症には、ライム病・回帰・日本紅斑熱・ダニ媒介脳炎・重症熱性血小板減少症候群(SFTS)などがあります。[city.asahikawa.hokkaido.jp]

  • CINCA症候群

    HOME 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) CINCA症候群(Cryopyrin関連周期熱症候群)(平成22年度) CINCAしょうこうぐん(Cryopyrinかんれんしゅうきねつしょうこうぐん 研究班名簿 一覧へ戻る 1. 概要 自己炎症性疾患の一つであり、軽症型の家族性寒冷自己炎症性症候群、中間型のMuckle-Wells症候群、重症型のCINCA症候群の3症候群が含まれる。炎症性サイトカインIL-1βの産生亢進により、持続性または周期性の全身炎症を来す。 2. 疫学 日本における推定患者数は100人程度である。孤発例が多いが、家族例の報告も増えている。男女比はない。 3. 原因[…][nanbyou.or.jp]

さらなる症状