Create issue ticket

考えれる1,268県の原因 四肢麻痺

  • 頸部脊柱管狭

    及びこれに引き続き生じる髄膜炎 頸椎を削除する際に使用する高速回転のドリルによる脊髄・神経の損傷(損傷の程度により四肢麻痺、上肢麻痺などが生じる) 術後の血腫形成による脊髄圧迫(四肢麻痺の危険性) 創部感染 頸部の頑固な疼痛 上肢の挙上障害 頸椎バランスの悪化 その他のまれな合併症として深部静脈血栓症。[heiseihp.com] また、ごく稀に痺れ、痛み、四肢麻痺、そして排尿排便障害が発生し、症状が遺残することがあります(0.1%程度)。 エ 硬膜損傷 手術中に硬膜が破れて中の脳脊髄液が漏れ出すことがあります。 その場合にはクリップや特殊な糊を 用いて、硬膜の修復を行いますが、 それにも関わらず術後に創部に髄液が貯留することが3%程度あります。[kyoto-shinwa.com] 時には、道で転倒するなどの比較的軽い外傷にもかかわらず、外傷後に急激に四肢麻痺などの極めて重い症状が出現することもあります。 頸部脊椎症において行われる検査法 検査法としては、X線撮影・脊髄造影・CT scan・MRIなどが行われます。 頸部脊椎症の経過 この病気の進み方は患者さまにより様々です。[okamoto-hp.or.jp]

  • ポルフィリン症

    重症例でもリハビリによって麻痺が改善される。 生存率 死亡例は少ない 入院の必要 四肢麻痺、精神症状、腹部症状があり、歩行不能。貧血が高度で肝脾腫が著明。 就労の条件 軽い腹痛程度の場合。 過労 避ける 精神的ストレス 避ける 日光 遅発性皮膚型ポルフィリン症では光線暴露を避ける 注意事項 禁酒[nivr.jeed.or.jp] 精神神経症状 四肢麻痺やヒステリー様症状などを呈する。 ポートワイン尿 検査所見 低ナトリウム血症[med.akita-u.ac.jp] 急性ポルフィリン症は、ヘム合成に関与する酵素群の活性の低下により、δ-アミノレブリン酸(ALA)やポルフォビリノーゲン(PBG)などのポルフィリン前駆体が蓄積することで、腹部症状(腹痛、嘔吐など)、精神症状(幻覚、妄想など)、神経症状(四肢麻痺、筋力低下など)、高血圧や頻脈などの自律神症状を呈する疾患で、適切な治療が行われないと呼吸麻痺などで[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 多発性硬化症

    神経学的診察所見としては、 視神経 萎縮、 視神経乳頭 耳側蒼白( 乳頭黄斑 線維が 視神経炎 で障害されやすいため)、視野欠損等の視神経障害、 片麻痺 、 対麻痺四肢麻痺 等の運動障害、 痙縮 、四肢 腱反射 亢進、 病的反射 の出現、 痙縮 、 小脳性運動失調 、 感覚鈍麻 、 感覚性失調 、 膀胱直腸障害 、 内側縦束 (medial[bsd.neuroinf.jp] 日本では視力低下が最も多く、上下肢の運動麻痺四肢頸部体感などのしびれ感がこれにつぐ。発症の状態は1〜3日で神経症状の完成する急性ないし亜急性が多い。全経過中に出現する頻度は視力低下や視神経萎縮が多い。MSでは中枢神経障害に基づく症候であればどんなものでも出現しうる。[ja.wikipedia.org]

  • 低血圧

    高血圧・低血圧とは 血圧とは、心臓から全身に送り出される血液が、血管(動脈)の内側に与える圧力のことです。血圧には上の血圧(最高血圧、収縮期血圧)と下の血圧(最低血圧、拡張期血圧)があります。 上の血圧は、血液を全身に送り出すポンプの役割をもつ心臓が、ぎゅっと収縮して大動脈に血液を送り出し、大動脈がぐっと膨らむ一番高いときの血圧です。 下の血圧は、心臓が拡張しているとき血圧です。心臓の収縮が終わり弁が閉じると、膨らんだ大動脈がもとに戻ろうと末梢血管に血液を送ります。このとき末梢血管の抵抗が大きいと、下の血圧が高くなります。[…][jhf.or.jp]

  • 多発性骨髄腫

    腫瘍性形質細胞(myeloma cell)が脊柱管に浸潤すると、脊髄圧迫による根性疼痛・膀胱直腸障害、さらに進行すると四肢麻痺を生ずます。また、末梢神経障害がアミロイドタンパクの蓄積によって生ずることがあります(ALアミロイドーシス)。[tokushukai.or.jp]

  • 神経膠腫

    神経膠腫は、四肢麻痺や失調症状、失語症、記銘力障害、てんかんなどの神経症状をきたす事がありますが、当院ではこれらの症状に対して、早期から理学療法、作業療法、言語聴覚療法による機能回復訓練を実施します、医療ソーシャルワーカーや地域医療施設との連携の元に早期の社会復帰へ向けた完全なチーム医療を提供します。[osakacity-hp.or.jp]

  • HIV感染症

    エイズってどんな病気 エイズはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)によって引き起こされる病気です。HIVに感染すると免疫の力が弱くなり、普段なら何でもない病原体で病気になったりします。この発病した状態をエイズといい、HIVに感染し治療しないでいると、10年で約半数が発病するといわれています。 どうやって感染するの HIVの主な感染経路は次の3つです。 (1)性的接触による感染 (2)母子感染 (3)血液による感染 HIVは、性的接触以外の日常的な接触では感染しません。コンドームを適切に使用することで、HIVだけでなく、他の性感染症や望まない妊娠から体を守ることができます。 感染の心配があるときは[…][city.ota.tokyo.jp]

  • 麻痺

    「遺伝性周期性四肢麻痺」は、麻痺中の血液中カリウム濃度によって、「低カリウム性周期性四肢麻痺」と「高カリウム性周期性四肢麻痺」とに分類されると述べましたが、「低カリウム性周期性四肢麻痺」は CACNA1S 遺伝子と SCN4A 遺伝子のいずれかの遺伝子異常で起こることが知られています。[nanbyou.or.jp] 麻痺四肢麻痺、単麻痺の場合には必要に応じて筋電図検査や神経伝導検査、血液検査やMRI検査などを行い、診断を行います。 麻痺の治療 麻痺の治療は、原因となる疾患によって大きく異なります。[tyojyu.or.jp] 麻痺発作は片側だけのこともあれば、 反対側に移動することもある。また四肢麻痺を呈することもある。これに加えて眼球異常運動(眼振、左右別々の動き)、筋緊張低下、精神運動発達遅滞、強直 けいれん発作、不随意運動(ジストニア、ヒョレオアテトーシス)などを呈する。 5.[nanbyou.or.jp]

  • 梅毒

    (2014年11月07日改訂) 疫学 梅毒は世界中に広く分布している疾患である。1943 年にマホニーらがペニシリンによる治療に成功して以来、本薬の汎用によって発生は激減したが、その後、各国で幾度かの再流行が見られている。1960 年代半ばには日本も含め、世界的な再流行が見られた。日本で梅毒は花柳病予防法(1928年)、性病予防法(1948年)で対象疾患とされ、1999年からはいわゆる感染症法のもと症例が報告されている。最近では、日本では1987年(報告数 2928)をピークとする流行が見られたが、その後再び報告が減少してきた。感染症法による感染症発生動向調査によると、1999 2012年は500例[…][niid.go.jp]

  • 閉じ込め症候群

    典型的な閉じ込め症候群は,四肢麻痺を引き起こして下位脳神経および水平注視制御中枢を障害する橋の出血または梗塞に起因する。より頻度が低い原因には,重度かつ広範囲の運動神経麻痺を生じるその他の疾患(例,ギラン-バレー症候群)と後頭蓋窩および橋の腫瘍がある。 患者の認知機能は正常であり,覚醒しており,開眼および正常の睡眠-覚醒サイクルがある。[msdmanuals.com] 閉じ込め症候群とは 閉じ込め症候群は、Plum and Posner [1] が提唱した名称で、 意識 が保たれ開眼していて外界を認識できるが、完全 四肢麻痺 と 球麻痺 のため、手足の動きや発話での意思表出能が失われた状態を指す。患者は寝たきりで四肢は全く動かせず、緘黙状態を呈する。[bsd.neuroinf.jp] # コミュニケーション機器の歴史 1980年に交通事故で受傷後、重度 四肢麻痺 があり、発語 不能 だが、頭部運動は可能で、首振りがイ エス 、ノーの応答ができた。ヘッドスティックを用い、電動カナタイプライター使用を指導された。その後、 ワープロ などデジタル機器の発達に合わせ、M氏は様々なコミュニケーション機器を使いこなすようになる。[zundam09.hatenablog.jp]

さらなる症状

類似した症状