Create issue ticket

考えれる478県の原因 四肢脱力

  • ビタミンB12欠乏

    ビタミンB12 欠乏症、または低コバラミン血症は、血中の ビタミンB12濃度が低いことをいう。 ビタミンB12血液レベルが,200pg/mL(145pmo/L)を下回る場合にビタミンB12欠乏症を示す。欠乏の主要原因は3つに分類される。 吸収障害(吸収力の低下) 内因子の欠如 - 悪性貧血、胃粘膜の破壊、胃の摘出手術、または内分泌障害による、 内因子阻害 - 酸の分泌減少、小腸の疾患(例:炎症性腸疾患、慢性無熱性栄養吸収不全症候群(スプルー)、悪性腫瘍、胆嚢または慢性膵炎などの膵臓疾患) ビタミンB12に対する競合(魚条虫の腸管への寄生、または盲管症候群) HIV/エイズ[…][ja.wikipedia.org]

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 甲状腺機能低下症

    甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)は、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が不十分となる疾患である。代謝内分泌疾患の一つ。先天性のものや幼少時発症のものは、発達上の障害が大きな問題となるため特にクレチン症という。 甲状腺ホルモンは全身のエネルギー利用を促すホルモンである。エネルギー需要に応じて甲状腺から分泌されるが、本症ではこれが不足するので全身でエネルギーを利用できず、神経系、心臓、代謝など各器官の働きが低下する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    免疫介在性・炎症性ニューロパチー 末梢神経の障害が原因で四肢脱力やしびれ感をきたす疾患をニューロパチーといいます。免疫が関与する代表的なニューロパチーとして、ギラン・バレー症候群や慢性炎症性脱髄性多発神経炎ががげられますが、当院では特に後者の患者さんを多く見ています。[hosp.kyushu-u.ac.jp]

  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋痛症は, 巨細胞性動脈炎 (側頭動脈炎)と密接に関連する症候群である。55歳以上の成人に発生する。 典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。 リウマチ性多発筋痛症は55歳以上の成人に発生し,女性:男性の比率は2:1である。 リウマチ性多発筋痛症は 巨細胞性動脈炎[…][msdmanuals.com]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    この病気ではどのような症状がおきますか 脊髄から出て四肢、体幹の筋を支配する末梢運動神経(障害されると四肢脱力となります)、皮膚、関節などから脊髄へ入る末梢感覚神経(障害されると四肢のしびれ、痛みを認める)が障害されるために、四肢の運動麻痺、感覚麻痺(鈍麻、異常感覚など)がおこります。[soumura-roumukanri.jp] 症状としては手足の脱力や筋力低下が左右対称性に出現し、このため足に力が入らなく、転びやすくなったり、手の脱力のため物をうまく つかめなくなったりします。また、感覚障害により手足のしびれ、ピリピリする痛みなどを認めることもあります。[sapporo-nenkin.jp] 慢性炎症性脱髄性多発神経炎とは 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy: CIDP)とは、2ヶ月以上にわたって進行性または再燃性の左右対称性の四肢の運動・感覚性障害を示す末梢神経の疾患(神経炎)です。四肢の健反射は消失 あるいは低下します。[soumura-roumukanri.jp]

  • 筋ジストロフィー

    筋ジストロフィー(きんジストロフィー、英語:Muscular Dystrophy)とは、筋線維の破壊・変性(筋壊死)と再生を繰り返しながら、次第に筋萎縮と筋力低下が進行していく遺伝性筋疾患の総称である。発症年齢や遺伝形式、臨床的経過等から様々な病型に分類される。その内、最も頻度の高いのはデュシェンヌ型である。 主訴が筋力低下、筋萎縮であり、以下の2項目を満たすものをいう。 遺伝性疾患である。[…][ja.wikipedia.org]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    07 February 2011 グラクソ・スミスクラインとProsensa社は、歩行可能なデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)男児患者さんで、エクソン51スキップに応答する変異ジストロフィン遺伝子のある患者さん(最大でDMD男児患者さんの13%が該当)を対象にした治療薬GSK2402968(GSK968)のフェーズ3臨床試験が開始され、最初の患者さんへの投与が始まったと発表しました。 2011年1月19日、英国ロンドン発[…][jp.gsk.com]

  • 多巣性運動ニューロパチー

    この病気ではどのような症状がおきますか 脊髄から出て主に四肢の筋肉の動きをコントロールする運動神経(これが障害されると四肢脱力がおこります)、皮膚における触覚や痛覚、また関節の曲がり具合などの位置感覚を担当する感覚神経(これが障害されると四肢のしびれ感や手指のふるえなどがおこります)が障害されることでCIDPの症状が完成します。[nanbyou.or.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    ②種々の程度の腹痛、嘔吐、便秘(消化器症状) ③四肢脱力、痙攣、精神異常(精神神経症状) ④高血圧、頻脈、発熱など(自律神経症状) ⑤皮膚症状(光線過敏症)がみられることがある。[nanbyou.or.jp] 臨床的分類 急性ポルフィリン症(AIP:急性間欠性ポルフィリン症/HCP:遺伝性コプロポルフィリン症/VP:異形ポルフィリン症) 皮膚ポルフィリン症(EPP:赤芽球性プロトポルフィリン症/PCT:晩発性皮膚ポルフィリン症/CEP:先天性骨髄性ポルフィリン症) ②急性ポルフィリン症の症状 ・消化器症状(腹痛、嘔吐、便秘) ・神経、精神症状(四肢脱力[sakurafriends.jugem.jp] ②種々の程度の腹痛、嘔吐、便秘(消化器症状) ③四肢脱力、痙攣、精神異常(精神神経症状) ④高血圧、頻脈、発熱など(自律神経症状) ⑤他のポルフィリン症とは異なり皮膚症状(光線過敏症)はみられない。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状