Create issue ticket

考えれる881県の原因 四肢痛

  • レイノー病

    自律神経失調症、更年期障害、外傷後の痛み 四肢循環障害(閉塞性動脈硬化症、レイノー病、バージャー病) 脳梗塞後(視床痛)、癌性疼痛、術後痛 骨粗鬆症 神経ブロック療法とは?[kanemura-cl.com] 上肢より下肢に生じることが多く、特徴的な症状として間欠性跛行(しばらく歩くと下肢が出現し、安静で改善)がみられます。 レイノー病は寒冷刺激などにより四肢、特に上肢の末梢血管の異常収縮が生じ、両手指が痛みやしびれ、蒼白 チアノーゼなどを生じる疾患です。原因は不明ですが、比較的若年の女性に多いと考えられています。[jspc.gr.jp] (先端紅症) erythromelalgia 尖端熱性紅症 erythermalgia Naチャネル / SCN9A channelopathy 参考 1 / 2 / 3 / 4 / 5 四肢末梢の紅潮、皮膚温の上昇、灼熱を三徴とする、きわめてまれな症候群。[shiga-med.ac.jp]

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 絞扼性神経障害

    主な対象疾患 神経障害性疼痛(複合性局所疼痛症候群や絞扼性神経障害 等) 帯状疱疹後神経 四肢血行障害に伴う疼痛 頭部・顔面・口腔 筋・骨格系疼痛(変形性脊椎症や外傷性頸部症候群、脊柱管狭窄症 等) 筋・筋膜性疼痛 糖尿病性末梢神経障害 顔面神経麻痺 突発性難聴 網膜中心動脈閉塞症 術後慢性痛 (脊椎手術、乳腺手術、肺手術、関節鏡手術を[koukankai.or.jp]

  • 多発性関節炎

    整形外科学的検査により、右上腕骨骨幹部と左大腿骨骨幹部の重度の圧を認めました。 レントゲン検査において、四肢の長管骨において骨髄の粗造な不透過性亢進領域が散見されました。 以上のことから汎骨炎と診断し、NSAID’sを中心とした内科療法を開始しました。 治療開始3日めから、歩行が可能となり、経過観察を行なっています。[hondo-ah.com] 臨床症状 発熱、元気食欲の低下、関節、関節の腫脹 、四肢の歩行異常が移り変わる、徐々に進行する歩行異常など 診断 関節液検査により診断することができます。罹患動物の関節液は、正常な関節液と比較して、粘稠度の低下や顕微鏡下にて非変性性好中球の増加が認められます。 治療・予後 免疫抑制療法が第一選択となります。予後は比較的良好です。[hondo-ah.com]

  • 線維筋痛症

    線維筋痛症の症状 痛み :痛みはリウマチのように 関節が痛くなる 場合や、アキレス腱などの 腱付着部炎 や 筋肉 が出る場合があります。さらに 四肢や全身に痛みが広がる のが特徴です。 精神神経症状 :睡眠障害、疲労感、抑うつ感、不安感などの精神神経症状がでることがあります。[mayflower-hp.jp]

  • 慢性疲労症候群

    糖尿病 性神経障害 単神経炎 多発神経炎 むずむず脚症候群 帯状疱疹 後神経 感染性疾患 [ 編集 ] 髄膜炎 細菌性髄膜炎 ウイルス性髄膜炎 真菌性髄膜炎 結核性髄膜炎 癌性髄膜炎 髄膜症 亜急性硬化性全脳炎 (SSPE) 進行性多巣性白質脳症 (PML) クロイツフェルト・ヤコブ病 (CJD。[ja.wikipedia.org] 編集 ] 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 脊髄性筋萎縮症 (SMA) Werdnig-Hoffmann病 Kugelberg-Welander病 Kennedy-Alter-Sung症候群 末梢神経障害 [ 編集 ] ギラン・バレー症候群 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー (CIDP) Charcot-Marie-Tooth病 周期性四肢麻痺[ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性多発筋痛症

    これは播種性淋菌感染症であり移動性の関節、主に四肢に出現する皮疹、手や足などの腱鞘炎を特徴とする。淋菌はチョコレート寒天培地での培養が必要なため培養検査で注意が必要である。セフトリアキソンで7〜10日間治療を行う。 経過痛風は6〜12時間でピークに達する急性の単関節炎で、下肢の関節、特に第1MTP関節に多くみられる。[ja.wikipedia.org]

  • 動脈硬化症

    動脈硬化症(どうみゃくこうかしょう、arteriosclerosis)とは、動脈硬化により引き起こされる様々な病態の総称。 心臓から全身に血液を送り込む役割を担う動脈の内壁が肥厚し硬化した状態を指して動脈硬化と呼称する。本症はこの動脈硬化が原因で身体にさまざまな症状が現れることを指す。 動脈硬化には、アテローム性動脈硬化(粥状動脈硬化)、細動脈硬化、中膜石灰化硬化(メンケベルグ硬化)の3つのタイプが存在するが、一般に「動脈硬化」といえばアテローム性動脈硬化を指すことが多い。[…][ja.wikipedia.org]

  • ヘモクロマトーシス

    新生児ヘモクロマトーシスの発症予防・症状軽減・安全性を検証 国立成育医療研究センターでは,周産期・母性診療センター,臓器移植センター,総合診療部共同で,新生児ヘモクロマトーシスと診断されたお子さんを妊娠・出産したことがある妊婦さんを対象とした免疫グロブリン製剤の医師主導治験(第Ⅲ相試験)を2018年6月から開始しました。 プレスリリースのポイント 妊婦さんに免疫グロブリン製剤の大量静注療法を行うことによって、新生児ヘモクロマトーシスの発症を予防し、症状を軽減できるか、安全に行えるかを確認します。[…][ncchd.go.jp]

  • 手根管症候群

    手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん、Carpal tunnel syndrome:CTS)とは、手根管(腱と神経が通っている手首内の管)の中を走る正中神経が何らかの原因で手根管内圧が上がり、圧迫されて引き起こされる疾患群のこと。 1900年頃より提唱がなされている。病理学的解明は、1960年代頃にアメリカ合衆国のクリーブランド病院で整形外科部長を務めていたジョージ・ファレンによってなされている。 多くは特発性であるが、以下の関連は指摘されている。 職業性 アメリカ労働省職業安全衛生管理局 (OSHA) による調査にて、反復作業労働に生じることが多いという報告がなされている。 外傷性[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状