Create issue ticket

考えれる75県の原因 四肢の腫れ

  • 深部静脈血栓症

    報道関係各位 2014年8月15日 ブリストル・マイヤーズ株式会社 ファイザー株式会社 この参考資料について ※当資料は、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社とファイザー社が2014年7月29日(米国現地時間)に発表したプレスリリースを日本語に 翻訳再編集し、皆さまのご参考に供するものです。内容につきましては原本である英文が優先します。詳細はオリジナル英文をご参照ください。 【注意】日本において、エリキュース 錠 (一般名:アピキサバン) は、「非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制」を効能・効果として承認されています。(詳しくは、製品の添付文書を参照ください)[…][pfizer.co.jp]

  • ヘパリン起因性血小板減少症

    呼吸困難や胸痛、四肢腫れなど自覚症状の訴えはありませんでしたが血小板減少からHITを疑い、投与中止しHIT抗体検査等を実施しています。 なお、投与開始数分でショック症状を呈した症例を紹介します。[min-iren.gr.jp]

  • 血友病

    血友病(けつゆうびょう、Hemophilia)は、血液凝固因子のうちVIII因子、IX因子の欠損ないし活性低下による遺伝性血液凝固異常症である。 第VIII因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病A、第IX因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病Bである。 男児出生数の5000〜1万人に1人が血友病患者である。血友病Aは血友病Bの約5倍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 血管性浮腫

    C1 インヒビター欠損による遺伝性血管性浮腫は,予測不能な腫脹を繰り返すのが特徴である.腫脹は,血漿カリクレインの制御不能な産生と,高分子キニノゲンの分解によってブラジキニンが過剰に遊離されることで生じる.ラナデルマブ(lanadelumab)(DX-2930)は,C1 インヒビター欠損による遺伝性血管性浮腫の発作を予防する可能性のある新規カリクレイン阻害薬である. 第 1b 相多施設共同二重盲検プラセボ対照複数用量反復投与試験を行った.C1 インヒビター欠損による遺伝性血管性浮腫患者を,ラナデルマブ群(24 例)とプラセボ群(13 例)に 2:1 の割合で無作為に割り付け,14 日間隔で 2[…][nejm.jp]

  • 脂肪肉腫

    By Mark Gebhardt, MD and Peter J. Buecker, MD 日本語訳 秋山 達 - Toru Akiyama, MD, PhD Also available in English はじめに[…][sarcomahelp.org]

  • 遺伝性血管性浮腫

    遺伝性血管性浮腫の最近の話題 新しい病型と治療,そして患者レジストリー Abstract 遺伝性血管性浮腫(HAE)は顔面や四肢,腸管や喉頭など全身のさまざまな部位に突発性・一過性の浮腫を生じる遺伝性疾患である.従来,C1 インヒビター(C1-INH)遺伝子異常によるHAEⅠ型,Ⅱ型が知られていたが,2000 年にC1-INH 遺伝子異常を認めないHAEⅢ型が報告され,その一部の原因として凝固第 因子遺伝子異常が同定された.さらに特記すべきは,ブラジキニンB2 受容体拮抗薬,カリクレイン阻害薬など新しい作用機序のHAE[…][pieronline.jp]

  • 血友病A

    血友病A患者さんの出血に対して、持続的な保護をもたらすことを目的としたSHP654 本資料は、2017年7月6日(現地時間)にシャイアー社が発表した英語版プレスリリースを翻訳・編集し、配信するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。英文のプレスリリースは、以下のサイトからご覧下さい。 マサチューセッツ州、レキシントン – 2017年7月6日 –希少疾患の患者さんへの貢献に重点をおくバイオテクノロジーのリーディング・カンパニーであるShire[…][baxalta.co.jp]

  • 遺伝性血管性浮腫 2型

    この「告示病名以外の指定難病対象疾病名」のページは、「平成29年度厚生労働行政推進調査事業費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業) 難病対策の推進に寄与する実践的基盤提供にむけた研究(研究代表者 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 松山晃文」の研究報告を引用しています。 告示 番号 指定難病名 告示病名以外の疾病名 51 100 51 (ぜんしんせいきょうひしょう) 全身性強皮症 びまん皮膚硬化型全身性強皮症 限局皮膚硬化型全身性強皮症 52 (こんごうせいけつごうそしきびょう) 混合性結合組織病 ― 53 (しぇーぐれんしょうこうぐん) シェーグレン症候群[…][nanbyou.or.jp]

  • 遺伝性血管性浮腫 3型
  • 遺伝性ATTRアミロイドーシス

    RNA干渉治療薬の開発をリードするアルニラム製薬は、遺伝性ATTRアミロイドーシスの治療に用いる治験薬、パティシランのAPOLLO第III相試験で追加的に得られた結果を、2018年3月26日から熊本大学で開かれている「第16回アミロイドーシス国際シンポジウム」で発表する。同疾病の治療のために皮下投与するRNAi治療の治験薬であるALN-TTRsc02の第I相試験で得られた新たなデータも、併せて発表する。[…][e-radfan.com]

さらなる症状