Create issue ticket

考えれる21県の原因 四肢の筋緊張亢進

  • 脳性麻痺

    痙直型 大脳の運動神経系の錐体路系が損傷されたケースで、四肢緊張亢進を特徴とし、折りたたみナイフ現象が見られる。障害が現れる部位によって片麻痺、対麻痺、四肢麻痺、両麻痺などに分類される。視覚・認知障害、斜視を合併することが多い。 固縮型 錐体路、錐体外路ともに障害があり、四肢麻痺が出現する。[ja.wikipedia.org]

  • 幼児の半身麻痺 

    小児交互性片麻痺とは 小児交互性片麻痺(Alternating Hemiplegia of Childhood)は、新生児期・乳児期より発作性に片麻痺あるいは四肢麻痺(弛緩性麻痺、ときに緊張亢進)が繰り返し出現する非常にまれな難病性疾患です。 1歳半以前に数分間から数日間続く麻痺発作が発症します。[www008.upp.so-net.ne.jp] 脳性麻痺 脳性麻痺 そのものは外科治療の対象ではありませんが、 痙縮 とよばれる四肢や体幹の緊張が異常亢進した状態を既存の内科的治療やリハビリテーションでコントロールできない場合に外科治療の対象となります。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 非定型フェニルケトン尿症

    HOME 診断・治療指針(医療従事者向け) フェニルケトン尿症(指定難病240) ふぇにるけとんにょうしょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)  概要 1. 概要[…][nanbyou.or.jp]

  • 遺伝性角膜ジストロフィー

    神経学的検査では、典型的には重篤な構音障害と失構音、緩徐な咀嚼、緩徐な摂食と嚥下、痙性両側麻痺もしくは四肢麻痺が認められる。緊張低下を認めるかもしれないが、腱反射は通常は亢進している。 一般的に神経障害は20代を過ぎるまで非進行性である。[grj.umin.jp]

  • 皮質下帯状異所性灰白質

    神経学的診察では、小頭症、体幹性緊張低下、および痙縮を伴う四肢緊張亢進が明らかになり得る。中等度から重度の全般的発達遅滞と知的障害が起こり得る。アイカルディ症候群を有する多くの女児は、生後3か月前からそしてほとんどは1歳前に痙攣を発症する。様々な発作型を伴う進行性の医学的難治性てんかんは、時間の経過とともに発症する。[grj.umin.jp]

  • 先天性線維型不均衡ミオパチー

    神経学的診察では、小頭症、体幹性緊張低下、および痙縮を伴う四肢緊張亢進が明らかになり得る。中等度から重度の全般的発達遅滞と知的障害が起こり得る。アイカルディ症候群を有する多くの女児は、生後3か月前からそしてほとんどは1歳前に痙攣を発症する。様々な発作型を伴う進行性の医学的難治性てんかんは、時間の経過とともに発症する。[grj.umin.jp]

  • 絨毛萎縮がある慢性下痢

    3).精神神経系:(頻度不明)頭痛、しびれ(四肢しびれ・舌しびれ等)、眩暈、うつ、振戦、不眠、失神、ニューロパシー、不安、譫妄、緊張亢進、異常感覚、傾眠、発声障害、激越、情動障害、思考異常。[medical.nikkeibp.co.jp] しびれ 、 舌しびれ 、 眩暈 、 うつ 、 振戦 、 不眠 、 失神 、 ニューロパシー 、 不安 、 譫妄 、 緊張亢進 、 異常感覚 、 傾眠 、 発声障害 、 激越 、 情動障害 、 思考異常 、 LAP上昇 、 尿路感染 、 出血性膀胱炎 、 BUN上昇 、 蛋白尿 、 クレアチニン上昇 、 血尿 、 尿閉 、 頻尿 、 遺尿[medical.nikkeibp.co.jp] 時間延長 、 斑状出血 、 点状出血 、 腹痛 、 嘔吐 、 嘔気 、 食欲不振 、 アミラーゼ上昇 、 腹部膨満 、 胃炎 、 口内炎 、 便秘 、 膵炎 、 メレナ 、 消化不良 、 嚥下障害 、 腸絨毛萎縮 、 遷延する下痢 、 体重減少 、 直腸障害 、 鼓腸 、 歯肉炎 、 歯肉肥厚 、 口渇 、 口内乾燥 、 頭痛 、 しびれ 、 四肢[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 遺伝性角膜ジストロフィー

    神経学的検査では、典型的には重篤な構音障害と失構音、緩徐な咀嚼、緩徐な摂食と嚥下、痙性両側麻痺もしくは四肢麻痺が認められる。緊張低下を認めるかもしれないが、腱反射は通常は亢進している。 一般的に神経障害は20代を過ぎるまで非進行性である。[grj.umin.jp]

  • 脳室周囲白質軟化症

    痙直型 大脳の運動神経系の錐体路系が損傷されたケースで、四肢緊張亢進を特徴とし、折りたたみナイフ現象が見られる。障害が現れる部位によって片麻痺、対麻痺、四肢麻痺、両麻痺などに分類される。視覚・認知障害、斜視を合併することが多い。 固縮型 錐体路、錐体外路ともに障害があり、四肢麻痺が出現する。[ja.wikipedia.org]

  • ムコ脂質症

    神経学的検査では、典型的には重篤な構音障害と失構音、緩徐な咀嚼、緩徐な摂食と嚥下、痙性両側麻痺もしくは四肢麻痺が認められる。緊張低下を認めるかもしれないが、腱反射は通常は亢進している。 一般的に神経障害は20代を過ぎるまで非進行性である。[grj.umin.jp]

さらなる症状