Create issue ticket

考えれる601県の原因 嚢胞性腎疾患

  • 遺伝性腎細胞癌

    太田西ノ内病院 腎臓内科 嚢胞疾患(cystic renal disease)とは、腎臓に嚢胞ができた状態をいい、生まれつきのもの(先天)と生後のもの(後天)に分類されます。一部には、先天か、後天か不明のものもあります。嚢胞疾患は以下の様に分類されます。[ohta-hp.or.jp] 病期決定のための画像診断 癌と鑑別を必要とする疾患 嚢胞疾患嚢胞と多房嚢胞嚢胞疾患の分類 単純嚢胞(simple renal cyst) 多房性腎嚢胞(multilocular cyst) 腎血管筋脂肪腫(AML) 病態 臨床症状 鑑別診断 治療および予後 オンコサイトーマ 病態 臨床症状 鑑別診断 治療および予後[pro.kinokuniya.co.jp] 危険因子には以下のものがある: 喫煙,リスクは2倍(患者の20 30%) 肥満 フェナセチンの過剰使用 透析患者の後天嚢胞疾患 特定の放射線不透過性物質,アスベスト,カドミウム,皮革なめしおよび石油製品への曝露 一部の家族性症候群,特にフォン・ヒッペル-リンドウ病 RCCは,腎静脈で血栓形成を誘発する可能性があり,ときとして大静脈に進展[msdmanuals.com]

  • 尿路疾患

    [ 編集 ] 腫瘍疾患 細胞癌 腎盂癌 腎血管筋脂肪腫 腎嚢胞 その他の疾患 腎盂腎炎 腎盂尿管移行部狭窄症 水腎症 尿管 [ 編集 ] 尿管腫瘍 尿管狭窄 膀胱尿管逆流症 膀胱 [ 編集 ] 膀胱炎 急性膀胱炎 慢性膀胱炎 非細菌性慢性膀胱炎 間質性膀胱炎 増殖性膀胱炎 膀胱癌 非浸潤性尿路上皮癌 浸潤性尿路上皮癌 尿膜管癌 良性膀胱腫瘍[ja.wikipedia.org] 猫下部尿路疾患 梗塞 腎毛細血管拡張症 特発腎性血尿 前立腺:感染・嚢胞・膿瘍・腫瘍 止血異常 熱中症 激しい運動 排尿障害 排尿障害には、尿のうっ滞と漏出(尿失禁)があります。[dogwan.jp] えられる血尿の原因 泌尿器による出血 泌尿器以外からの出血 排尿の初めの血尿 尿道の問題 (外傷・感染・尿石症・腫瘍・肉芽腫性尿道炎) 膀胱三角領域:腫瘍 前立腺:感染・嚢胞・膿瘍・腫瘍 子宮:感染・腫瘍・発情前期・退縮不全 包皮/陰茎:腫瘍・外傷 常に血尿/排尿の最後に血尿 偽血尿 腎臓、尿管、膀胱 (外傷・感染・尿石症・腫瘍・寄生虫・薬物[dogwan.jp]

  • 常染色体優性多発性嚢胞腎

    太田西ノ内病院 腎臓内科 嚢胞疾患(cystic renal disease)とは、腎臓に嚢胞ができた状態をいい、生まれつきのもの(先天)と生後のもの(後天)に分類されます。一部には、先天か、後天か不明のものもあります。嚢胞疾患は以下の様に分類されます。[ohta-hp.or.jp] を形成する遺伝疾患で,両の段階的な腫大をもたらし,ときには腎不全に進行する。[msdmanuals.com] 常染色体優性多発嚢胞(Autosomal dominant polycystic kidney disease, ADPKD)は、疾患のひとつ。 多発嚢胞の1タイプであり、ポリシスチン蛋白をコードする遺伝子の異常によって、腎臓に嚢胞が多発し、徐々に腎不全に至る疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • 膀胱炎

    [ 編集 ] 腫瘍疾患 細胞癌 腎盂癌 腎血管筋脂肪腫 腎嚢胞 その他の疾患 腎盂腎炎 腎盂尿管移行部狭窄症 水腎症 尿管 [ 編集 ] 尿管腫瘍 尿管狭窄 膀胱尿管逆流症 膀胱 [ 編集 ] 膀胱炎 急性膀胱炎 慢性膀胱炎 非細菌性慢性膀胱炎 間質性膀胱炎 増殖性膀胱炎 膀胱癌 非浸潤性尿路上皮癌 浸潤性尿路上皮癌 尿膜管癌 良性膀胱腫瘍[ja.wikipedia.org]

  • 慢性腎不全

    代謝疾患: 糖尿病、通風 感染: 腎盂炎、結核 糸球体疾患: 糸球体炎、紫斑炎 腫瘍: 尿路系腫瘍 先天疾患: 多発嚢胞、腎形成不全 尿路閉塞: 結石、結核 血管疾患: 高血圧、動脈硬化 膠原病: 全身性エリテマトーデス などです。 どのようなことに注意すればよいのでしょうか・・・。[t-pec.co.jp] 慢性腎不全の主な原因 原発性 (糸球体の異常):慢性糸球体腎炎(IgA腎症、膜性増殖性腎炎など) 急速進行糸球体炎(ANCA関連炎など) アルポート症候群 (間質、尿細管異常):間質炎 多発嚢胞 全身疾患に伴うもの :ループス腎炎 糖尿病腎症 骨髄腫腎 アミロイドーシス 動脈硬化 :腎硬化症 腎動脈狭窄症 感染症 :慢性腎盂腎炎[ohpade.gozaru.jp] 先天疾患:多発嚢胞、腎形成不全 尿路閉塞:結石、結核 膠原病:全身性エリテマトーデス 感染:腎盂腎炎、腎結核 糸球体疾患:糸球体腎炎、紫斑腎炎 代謝性疾患:糖尿病、痛風 血管性疾患:高血圧、動脈硬化 腫瘍:腎 尿路系腫瘍 CKDの治療の目的について CKDの治療の目的は、透析が必要な末期腎不全への進行を遅らせることと、心血管疾患になるのを[nagai-clinic.com]

  • 高血圧を伴った常染色体優性進行性腎障害

    太田西ノ内病院 腎臓内科 嚢胞疾患(cystic renal disease)とは、腎臓に嚢胞ができた状態をいい、生まれつきのもの(先天)と生後のもの(後天)に分類されます。一部には、先天か、後天か不明のものもあります。嚢胞疾患は以下の様に分類されます。[ohta-hp.or.jp] が確認され、以下の疾患が除外される場合 (2)16歳以上では、CT、MRIまたは超音波断層像で両に各々5個以上嚢胞が確認され、以下の疾患が除外される場合 除外すべき疾患 [1]多発単純嚢胞、 [2]尿細管アシドーシス、 [3]多嚢(多嚢胞異形成)、 [4]多房嚢胞、 [5]随質嚢胞疾患(若年ネフロン癆)、 [6]多嚢胞化萎縮[jpma-nanbyou.com] 両方の腎臓にできた多発嚢胞が徐々に大きくなり、進行機能が低下する、最も頻度の高い遺伝性腎疾患です。 尿細管の太さ(径)を調節するPKD遺伝子の異常が原因で起こります。多くは成人になってから発症し、70歳までに約半数が透析を必要とします。高血圧、肝嚢胞、脳動脈瘤など、全身の合併症もあり、その精査を行うことも大切です。[twmu.ac.jp]

  • 家族性間質性腎炎

    詳細に特徴づけられているいくつかのCTINには,鎮痛薬性腎症( 鎮痛薬性腎症 ),代謝症( 代謝症 ),重金属症( 重金属症 ),逆流症( 逆流症 ),骨髄腫( 骨髄腫関連の疾患 )などがある。遺伝嚢胞疾患については,別の箇所で考察されている( 嚢胞疾患の概要 )。[msdmanuals.com] に伴う疾患(ループス炎など), 代謝疾患に伴う疾患(糖尿病症など),血管病変(ANCA関連炎など), 嚢胞疾患(多発嚢胞など),尿細管間質性腎炎,急性腎不全,慢性腎不全 4)高血圧 本態性高血圧,二次性高血圧(原発性アルドステロン症,褐色細胞腫,腎実質性高血圧, 腎血管性高血圧など) 関係する症状 •胸痛 •胸部圧迫感[dokkyomed.ac.jp] 杯憩室 柑本 康夫 596 21. 髄質嚢胞 戸川 寛子 600 22. 多嚢胞異形成 米田 香織 603 Ⅶ. 腫瘍疾患 1. 嫌色素性細胞癌 岩田 達也 611 2. 後天嚢胞にみられる腎腫瘍 西田 隼人 614 3. 腎明細胞肉腫 越永 従道 618 4. 腎オンコサイトーマ 近藤 恒徳 624 5.[nippon-rinsho.co.jp]

  • 高尿酸血症

    尿酸排泄低下型二次高尿酸血症 慢性疾患 、 多発嚢胞 、 鉛中毒 、鉛腎症、 ダウン症候群 、家族若年性痛風腎症などの腎疾患、高乳酸血症、脱水など代謝障害、薬剤性が知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性腎炎

    嚢胞疾患は、主に尿細管やボウマン嚢が拡張することによって多発嚢胞が形成されるものを指します。[jsn.or.jp] 多発性嚢胞腎(ADPKD)に対する診断治療 常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD) は、両側腎臓に多数の嚢胞が進行に発生・増大し、腎臓以外の種々の臓器にも障害が生じる最も頻度の高い遺伝嚢胞疾患です。加齢と共に嚢胞が両側に増加、進行機能が低下し、60歳までに約半数が末期腎不全に至ります。[med.u-fukui.ac.jp] 一方で、希少疾患であるが故に診断・治療が難しい、多発のう胞( 専用の紹介状はこちら )、アルポート症候群、Fabry病、ミトコンドリア病( ミトコンドリア病が疑われる疾患についてのご相談受付 )、髄質嚢胞疾患(ADTKD)をはじめとする遺伝性腎疾患診療の充実も図っております。[chiba-easthp.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    一方透析患者に発生する後天嚢胞疾患やある種の遺伝疾患には高率に発生するので注意が必要です。 かつては肉眼的血尿、腹部腫瘤、などの症状で見つかっていました。しかし現在ではCT、超音波が普及したため、半数以上は偶然に(自覚症状なし)発見されるようになりました。[irukaclinic.sakura.ne.jp]

さらなる症状