Create issue ticket

考えれる12県の原因 嚢胞性線維症

  • 急性気管支炎

    一見すると映画並みの品質の女性をよく目にするようになりました。婚活に対して開発費を抑えることができ、出会い系に当たれば、それ以降は集金でお金を儲けることが出来るため、アプリに十分な費用を回すことが出来るのでしょうね。掲示板の時間には、同じプロフィールが何度も放送されることがあります。男性それ自体に罪は無くても、出会い系という気持ちになって集中できません。出会いが学生服を着ている姿もよく見ます。個人的な感想ですが、アプリだと感じてしまうので、もう視聴を辞めようかと思います。[…][bronquitiss.com]

  • 副鼻腔炎

    大部分はウイルス感染である。症状が10日以上続いたり、悪化していく場合は細菌感染が疑われる。再発エピソードは喘息、嚢胞線維、免疫機能低下の者に多い。X線は合併症が疑われる場合を除いて必要ない。慢性ケースでは、直接造影やCTにより確定検査が推奨される。 副鼻腔炎は一般的な症状である。[ja.wikipedia.org]

  • インフルエンザ

    厚労省のインフルエンザ予防啓発に「うがい」なし 「根拠ない」 「うがい」が、インフルエンザの予防に明確な根拠がないと、厚生労働省は、予防対策のポスターから外している。 山形県では29日、インフルエンザ警報が発令された。 小学校では、手洗いなどの予防対策が徹底されている。 厚労省によると、1月14日から20日に報告された全国のインフルエンザの患者数は、11万人を突破した。 これから流行のピークを迎えるとみられている。 インフルエンザの予防法というと、「手洗い」、「うがい」、「マスク」。[…][web.archive.org]

  • シュードモナス属
  • 緑膿菌

    緑膿菌によるバイオフィルムの形成は、遺伝疾患である嚢胞線維(CF)患者に対する緑膿菌感染の原因となる。このバイオフィルムは気道内の粘液に形成され、緑膿菌の生息場所となる。[ja.wikipedia.org]

  • 嚢胞性線維症

    嚢胞線維(Cystic Fibrosis)患者と家族の会[ja.wikipedia.org] 合わせて、次のような症状があったら、嚢胞線維(CF)かもしれません。 ・生後まもなく胎便性イレウス(腸閉塞)をおこした ・咳を繰り返す ・便の量が多い ・脂肪便が出る ・便に特有の臭いがある ・体重がなかなか増えない ・副鼻腔炎がある *症状には個人差があります。全ての症状が現れるわけではありません。[jcfn.jimdo.com] 嚢胞線維(CF症)(のうほうせいせんいしょう、Cystic Fibrosis)は、遺伝性疾患の一種で、常染色体劣性遺伝を示す。白人に高頻度で見られ、欧米白人では2500人に一人発病し、患者数は30,000人、最も頻度の高いユダヤ人のアシュケナジーでは25人に1人は保因者である。[ja.wikipedia.org]

  • セリアック病

    セリアック病またはシリアック病(coeliac disease または celiac disease)は、小麦・大麦・ライ麦などに含まれるタンパク質の一種であるグルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患である。欧米での罹患率は1%程度と報告されているが、日本での頻度は不明である。第二次世界大戦中のヨーロッパでグルテン食との関連が指摘され認識が広まった。[…][ja.wikipedia.org]

  • 気管支拡張症

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動[ja.wikipedia.org]

  • ジアルジア症

    ジアルジア症 (ジアルジアしょう、 giardiasis )とは 鞭毛虫 である ランブル鞭毛虫 ( Giardia lamblia ) を原因とする 寄生虫病 である。食品や水に含まれる シスト を摂取することにより感染する。 人獣共通感染症 であり、ランブル鞭毛虫はヒトを含む多くの 哺乳類 の 消化管 で増殖する [1] 。ヒトでの一般的な症状は下痢性 胃腸炎 である。日本では 感染症法 施行規則により五類感染症(全数把握疾患)に指定されており、診断した医師には届け出が義務づけられている。 本稿では、主にヒトの感染症について記述する。 特徴 [ 編集 ] ジアルジア症はひどい 下痢 と腹部の[…][ja.wikipedia.org]

  • ダウン症候群

    嚢胞線維といった遺伝性の病気を治すための希望をもたらすとされる。[ja.wikipedia.org] ゲノム編集の概念や研究は昔からあったものの、近年特に研究が進むゲノム編集技術の一つであるCRISPR-Cas9はこれまでの方法と比べて圧倒的に簡便かつ高い切断効率を持ち、ありとあらゆる生物の遺伝子を正確に書き換えることができるため、遺伝の疾患は原因となる遺伝子を切り取り入れ替え取り除くといった形で治療ができるようになり、ダウン症や鎌状赤血球[ja.wikipedia.org]

さらなる症状