Create issue ticket

考えれる243県の原因 器質性脳症候群

  • 栄養失調

    栄養失調(えいようしっちょう)または栄養不良(えいようふりょう)、栄養不足(えいようふそく)(英: Malnutrition)とは、偏食や食料の不足、すなわち、多すぎたり少な過ぎる食事や1つ以上の重要な栄養の不足した食事により引き起こされる、動物が不健康になっている状態を指す一般的な用語である。動物は従属栄養生物であって、何らかの形で生体外からエネルギー産生に必要な物質を摂取せねば生きられず、飢餓が限度を超えた場合は餓死に至る。 日本の学校教育法では、身体虚弱に含まれる。 栄養失調の動物は、食事で充分なエネルギーや、必須アミノ酸、ビタミン、微量元素を補給できていない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳震盪

    頭部に衝撃を受けた後に起こる一過機能障害。医学的には、意識消失が6時間未満で、脳の器質的損傷を示す症状がない状態をいう。 セカンドインパクト症候 [補説] 健忘・混乱・ふらつき・頭痛・吐き気・視野障害などの症状がみられ、意識の消失を伴わない場合もある。[dictionary.goo.ne.jp] デジタル大辞泉 の解説 のう‐しんとう〔ナウシンタウ〕【脳震 盪/脳振 盪】 頭部に 衝撃 を受けた後に起こる 一過機能障害。医学的には、意識消失が6時間未満で、脳の器質的 損傷 を示す 症状 がない状態をいう。[kotobank.jp] セカンドインパクト症候 [ 補説 ] 健忘 ・ 混乱 ・ ふらつき ・頭痛・ 吐き気 ・視野障害などの症状がみられ、意識の消失を伴わない場合もある。多くの場合、 短時間 で回復するが、スポーツ時に脳震盪が疑われる場合は、 競技 や練習への参加を停止し、 医師 の診断を受ける必要がある。[kotobank.jp]

  • 低ナトリウム血症

    低ナトリウム血症(ていナトリウムけっしょう、英: Hyponatremia)とは、何らかの原因により水の調節機能が正常に働かず血中のナトリウムの濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血中ナトリウム濃度が 136(mEq/L)未満になることを言う。つまり、体内総水分量(TBW)が過剰な状態である。 臨床的には抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)とそれ以外の非SIADHに分けられる。腎臓は50mmHg/kgH2O[…][ja.wikipedia.org]

  • 頭部外傷

    頭部外傷(とうぶがいしょう、英: head injury、独: Kopftrauma)は、頭部に外力が加わって損傷が生じた状態の総称である。外傷性脳損傷を続発させることも少なくなく、発生段階からこれを伴うこともある。 外傷は開放性と閉鎖性に分けられ、いずれも部位によって頭皮、頭蓋骨、頭蓋内に分けられるが、頭蓋内、特に脳に対する損傷の程度が最も重視される。外力が脳に与える損傷の成立機序には様々なものがあり、代表的なものとしては以下の通りである。 打撃部位において骨は撓み inbending を生じ、脳を圧迫損傷する。特に小児では骨が軟らかいので inbending injury[…][ja.wikipedia.org]

  • アルツハイマー病

    抄録[…][doi.org]

  • 外傷性脳損傷

    2018.07.17 友の会役員体制のご紹介 軽度外傷性脳損傷友の会役員体制を追加しました。 ご紹介致します。 2017.01.30 軽度外傷性脳損傷の実際 -学際的アプローチと多重的脳画像診断学- 軽度外傷性脳損傷の実際―学際的アプローチと多重的脳画像診断学 ひらの亀戸ひまわり診療所整形外科/石橋徹 川崎市立川崎病院耳鼻咽喉科/相馬啓子 安田泌尿器クリニック神経泌尿器科/安田耕作 木沢記念病院脳神経外科/篠田淳 (労働者住民医療2015.10) Mild Traumatic Brain Injury:Multidisciplinary Approach and Multiple Neuroimaging[…][mild-tbi.net]

  • アシドーシス

    執筆者: James L. Lewis, III, MD, Attending Physician, Brookwood Baptist Health and Saint Vincent’s Ascension Health, Birmingham アシドーシスには、血液中の酸の産生過剰または血液中からの重炭酸塩の過剰な喪失が原因で発生する代謝性アシドーシスと、肺機能や呼吸速度が低下し、血液中に二酸化炭素が蓄積して生じる呼吸性アシドーシスとがあります。 血液の酸性度は、酸を含む物質や酸を産生する物質を摂取した場合や、肺から十分な二酸化炭素が排出されない場合に上昇します。[…][msdmanuals.com]

  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低酸素症

    低酸素症(ていさんそしょう、Hypoxia)とは、生体の組織に十分酸素が行きわたらず、組織の酸化による代謝が不十分である状態のこと。呼吸機能の障害がもたらす低酸素血症(hypoxemia)については、血液ガス分析の項目を参照のこと。 肺胞換気不全などによる呼吸の障害、一酸化炭素中毒などによる血液の酸素運搬量の減少、シアン化合物中毒などによる組織自体が代謝できない場合などによるさまざまな原因が挙げられる。 軽度の低酸素症ならば、血液中の赤血球が増加し、心拍出量と心拍数が増加し、すぐに回復するが、 脳に低酸素が生じた場合、呼吸機能が減退、神経の働きが鈍くなるなどの症状があらわれる。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状