Create issue ticket

考えれる116県の原因 嗜眠

結果を表示する: 汉语

  • 急性胃腸炎

    急性胃腸炎(きゅうせいいちょうえん、英: acute gastroenteritis)とは、急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群である。 殆どは感染性胃腸炎で、中でもノロウイルスやロタウイルス等のウイルス性のものが圧倒的に多いが、一部に細菌性のものがある。病原体に汚染された食物が原因であれば食中毒であるが、例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 上気道感染症
  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • うつ病
  • 酒害

    (高知用)「東名高速バス酒酔い運転事件の教訓から」  職場と地域から飲酒運転をなくすために  2006、7,23 山村陽一 1、 東名高速道酒酔い運転の衝撃  中央道酒酔い事件の1年後 ・ 業界あげての防止対策実施 ・ アルコール検知器で未然に防いだ事例2件 ・ 東名高速道の飲酒運転へ至る運転手の飲酒状況 2、 へし折られた天狗の鼻 ・ 事故防止のために国鉄に採用された私 ・ 事故の全責任は私にある ・ 私の間違いは、どこにあったか(中途半端な知識、関係団体の無知) 3、 交通職場にある他人事意識と忘れたい心理 ・ 運転手、現場管理者の他人事意識(俺は大丈夫、ウチは大丈夫) ・[…][blog.livedoor.jp]

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • アシドーシス

    重症例の症状および徴候には,悪心・嘔吐,嗜眠,過呼吸などがある。診断は臨床的に行い,動脈血ガスおよび血清電解質の測定も用いる。基礎にある原因を治療し,pHが極めて低いときには炭酸水素ナトリウムの静注が適応になることがある。[msdmanuals.com]

  • 貧血

    ページの先頭 嗜眠 しみん。 意識障害(意識混濁)の程度のひとつ。昏眠ともいう。 放っておくと眠ってしまい、強い刺激を与えないと覚醒し反応しない状態。 嗜眠は以下のような原因で引き起こされる。[job.nikken-mc.jp] ・睡眠時間が極端に短い場合 ・薬剤(精神安定剤・睡眠剤・抗ヒスタミン剤)などを服用している場合 ・睡眠障害(睡眠時無呼吸症候群・発作性睡眠) ・外傷、中毒、脳血管障害、脳炎、代謝障害、脳腫瘍などの疾患 なお、嗜眠より軽度な症状には、昏蒙や傾眠がある。また、症状が悪化すると、昏眠、昏睡となる。[job.nikken-mc.jp] 傾眠の症状が進むと嗜眠、昏眠、昏睡となる。 意識障害の定義はあいまいなものが多いため、現在ではジャパンコーマスケール(3-3-9度方式)やグラスゴーコーマスケールといった評価方法が導入されている。 ケモ 化学療法を指す医療業界の用語。Chemotherapyに由来する。 詳細は化学療法を参照。[job.nikken-mc.jp]

  • 低ナトリウム血症

    抄録 細胞外液中の主要な陽イオンはナトリウムであり体内の総ナトリウムの増減は細胞外液の増減を意味する. ナトリウム濃度の調節は腎におけるナトリウムの水の調節によってほとんど決定されており, 高ナトリウム血症はナトリウムよりもむしろ水の調節異常と理解するほうが実際的である. 低ナトリウム血症は, 絶対的なナトリウム欠乏の場合と, 相対的な水の過剰の場合がある. 治療に当たっては病態の正確な理解が必要不可欠である.[doi.org]

  • 頭部外傷

    頭部外傷(とうぶがいしょう、英: head injury、独: Kopftrauma)は、頭部に外力が加わって損傷が生じた状態の総称である。外傷性脳損傷を続発させることも少なくなく、発生段階からこれを伴うこともある。 外傷は開放性と閉鎖性に分けられ、いずれも部位によって頭皮、頭蓋骨、頭蓋内に分けられるが、頭蓋内、特に脳に対する損傷の程度が最も重視される。外力が脳に与える損傷の成立機序には様々なものがあり、代表的なものとしては以下の通りである。 打撃部位において骨は撓み inbending を生じ、脳を圧迫損傷する。特に小児では骨が軟らかいので inbending injury[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状