Create issue ticket

考えれる890県の原因 喀痰

  • 急性気管支炎

    通常5日以上 3週間程度まで持続する咳を認め、喀痰はみられる場合もある。 診断: 詳細情報 ウイルス性の急性気管支炎の診断は問診(発熱、咳、喀痰の有無、同症状患者との接触の有無)と身体所見(呼吸副雑音の有無)によって診断する。 早期には上気道炎との鑑別は困難であるが、5日以上持続する咳嗽、喀痰などがみられたら急性気管支炎の可能性が高い。[clinicalsup.jp] ネブライザーの吸入薬剤としては喀痰溶解剤、気管支拡張剤、抗生物質、副腎皮質ステロイド剤等を用いる。 起因菌に有効な薬剤(抗生物質等)の投与。全般的な呼吸不全の対策として、酸素吸入やレスピレーター呼吸、強心利尿剤等の投与を必要とする。 気道感染[ja.wikipedia.org] それでも原因がみつからない場合には、慢性気管支炎と診断し、去痰薬の処方やネブライザーを使用して喀痰を促す治療を行います。 慢性的に呼吸不全がみられる患者さんの場合には、長期にわたり在宅で持続的に酸素吸入を行う「在宅酸素療法」を行うこともあります。[medicalnote.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    そこで、咳の強さ、喀痰の量や性状、筋肉痛などの全身状態を総合して、ウイルス以外の病原菌の関与が疑われる状況では、抗菌薬を処方する場合があります。マイコプラズマや百日咳菌にはマクロライド系の抗生物質が概ね有効です。[shibuya-naika.jp] 感染者の喀痰などの分泌物に触れることによって手指にウイルスが付着し、その手で鼻や口の粘膜に触れることによって感染します。また、感染者の咳などによって発生する飛沫を吸い込むことによっても感染します。 ヒト・メタニューモウイルス感染症は全年齢でみられますが、特に幼児と高齢者で多く発症します。[tepika.net] 初期の症状:くしゃみ,鼻汁,咽頭痛 病気が下気道にまで進むと,咳嗽,喀痰が出現し,また,発熱,頭痛,筋肉痛,倦怠感,ときに悪心,嘔吐,下痢などを伴うことがある. 二次的な細菌感染症を合併することがある(いわゆる,かぜをこじらせた状態). 基本的治療方針 : 治療は,基本的には安静のみ .もしくは, 対症的に,症状の軽減 を計る.[www-yaku.meijo-u.ac.jp]

  • 肺炎

    喀痰のグラム染色は有用と考えられ、好中球による貪食像 (どんしょくぞう: 好中球が細菌を取り込んでいる像) は起炎菌の同定 (原因となる病原体を特定すること) につながることもある (肺炎球菌では特に)。ただし、臨床研究では喀痰グラム染色と起炎菌とは一致しないと結論され、アメリカのガイドラインでは推奨されていない。[ja.wikipedia.org] 身体所見 (聴診所見など体の症状)、胸部X線写真、胸部CT、採血 (白血球数、CRP値、KL-6、LDH)、喀痰培養など。従来は行われていなかったが超音波断層撮影の有用性が報告されている。[ja.wikipedia.org] 細菌性肺炎が疑われる場合は細菌にあった抗生物質の投与を行うが、原因菌特定には、喀痰培養同定・感受性検査など、時間のかかることが多く菌の種類を推定して抗生剤の選択を行うことが多い。肺真菌症では抗真菌薬、ウイルス性肺炎では対応した抗ウイルス薬を用いる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    軽症呼吸困難の悪化、喀痰量の増加、喀痰の膿性化のうち1つと、5日以内の上気道感染、他に原因のない発熱、喘鳴の増加、咳の増加、呼吸数あるいは心拍数の20%以上の増加のつち一つ以上が認められる。 中等症呼吸困難の悪化、喀痰量の増加、喀痰の膿性化のうち2つ以上が認められる。 重症呼吸困難の悪化、喀痰量の増加、喀痰の膿性化のすべてが認められる。[ja.wikipedia.org] 症状は、咳嗽・喀痰の増加と労作時の息切れが代表的です。40歳以上の8.6%、約530万人の日本人が罹患していると推定されていますが、初期症状を年齢の為などと軽く考え受診されていない方が多いようです。進行すると日常生活動作にも支障をきたし、酸素吸入を必要とします。 喫煙歴があり上記症状がみられる場合にCOPDを疑います。[nagano.med.or.jp] 気管支ぜんそくや間質性肺炎などの他の呼吸器疾患や心疾患などを合併していることもあり、胸部X線、血液検査、喀痰検査などの検査も必要に応じ行います。 治療 禁煙 COPDの主な原因はタバコですので、まず 禁煙が第一 です。禁煙が難しい場合は、所定の曜日に禁煙外来もありますので(完全予約制)、あわせて受診することが可能です。[tmd.ac.jp]

  • 気管支炎

    ネブライザーの吸入薬剤としては喀痰溶解剤、気管支拡張剤、抗生物質、副腎皮質ステロイド剤等を用いる。 起因菌に有効な薬剤(抗生物質等)の投与。全般的な呼吸不全の対策として、酸素吸入やレスピレーター呼吸、強心利尿剤等の投与を必要とする。 気道感染[ja.wikipedia.org] そこで、咳の強さ、喀痰の量や性状、筋肉痛などの全身状態を総合して、ウイルス以外の病原菌の関与が疑われる状況では、抗菌薬を処方する場合があります。マイコプラズマや百日咳菌にはマクロライド系の抗生物質が概ね有効です。[shibuya-naika.jp] 喀痰が見られる場合もあるが、必ずしも痰が出るとは限らない。 喀痰が見られる場合は湿性の咳( 痰が絡んだ咳)になり、喀痰が見られない場合は乾性の咳( 乾いた咳)になる。 肺炎と異なり、胸部X線でぼやけた影のように見える浸潤影を認めない。 慢性気管支炎 慢性気管支炎の主な症状は、長期的に続く咳・喀痰である。[fdoc.jp]

  • 肺性心

    ③その他:喀痰の多いCOPD患者には、いろいろな去痰薬が用いられます。 3)酸素療法: COPD患者に対する長期在宅酸素療法は、低酸素血症を改善して寿命を延ばし、肺高血圧や肺性心の進行を阻止し、うつ傾向など精神神経の機能障害を改善し、入院治療を減らす効果があると言われています。[sassa-hospital.com]

  • 肺炎球菌性肺炎

    市中肺炎と診断後、良質な喀痰を塗抹鏡検し、グラム陽性双球菌を有意に認めたら確定診断できる。 喀痰グラム染色中の肺炎球菌: 図表 尿中肺炎球菌抗原陽性をもって代用することもできる。 予後の評価方法として、PSI、CURB-65などが存在する。[clinicalsup.jp] イ 成人 発熱、咳嗽、喀痰、息切れを初期症状とした菌血症を伴う肺炎が多い。髄膜炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、髄膜刺激症状等の症状を示す。 ※ 各感染症情報については、厚生労働省のホームページより文章を引用しています。 対象感染症一覧へ[pref.okayama.jp] イ 成人 発熱、咳嗽、喀痰、息切れを初期症状とした菌血症を伴う肺炎が多い。髄膜炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、髄膜刺激症状等の症状を示す。[mhlw.go.jp]

  • 急性呼吸窮迫症候群

    ステロイドが著効することも特徴の一つ である. 8 粟粒結核 原因不明の ARDS では,粟粒結核を鑑別診断に 入れなければならない 25).一般に粟粒結核で胸部 X 線上,全肺野に直径3mm 以下の小結節がみられ, 診断は比較的容易である.しかし重症例では,胸部 X 線の陰影が癒合し粟粒影が指摘できにくく ARDS との鑑別が困難となる.喀痰[shiseikaidai2.crayonsite.net] 検査方法 検査材料 分離・同定による病原体の検出 鼻咽頭拭い液、喀痰、尿、便 PCR法による病原体の遺伝子の検出 ELISA法又は蛍光抗体法によるIgM抗体若しくはIgG抗体の検出、又は中和試験による抗体の検出 血清 ア 病原体診断又は抗体検査で陰性になった場合でも、患者と臨床的特徴が合致する場合は、SARSを否定できないため、医師の総合判断[pref.tottori.lg.jp] 臨床検体としては、糞便、喀痰、鼻咽腔ぬぐい液、血清などを用いるが、検体採取時期により検出率に影響が出る。また、各検査法には下記のよう な特徴があり 11) 、安全上の問題から、P3施設以外でのSARS-CoVの取り扱いは行わないこととなっている。[niid.go.jp]

  • アデノウイルス感染症

    病原診断 確定診断には、患者の鼻汁、唾液、喀痰、糞便、拭い液や洗浄液、胸水、髄液などを検査材料としてウイルス分離を行うか、あるいはウイルス抗原を検出する。イムノクロマトキットや酵素抗体(ELISA)法での抗原検出キットが市販され、早期診断に使用されているが、血清型別の判定はできない。[niid.go.jp]

  • グラム陰性菌肺炎

    (1)良質な喀痰検体を得る 患者が喀痰の喀出ができない場合や,喀痰が得られても不良検体である場合は評価ができない。市中肺炎において良質な喀痰検体が得られる割合は少ないとの報告もあり 4) ,これはグラム染色の大きな限界である。[igaku-shoin.co.jp] 」 第1章 グラム染色による病態把握 喀痰グラム染色の見方 市中肺炎 院内肺炎 誤嚥性肺炎 膿胸 検査材料の評価 第2章 グラム陽性菌 ブドウ球菌 肺炎球菌 その他のグラム陽性菌 第3章 グラム陰性菌 肺炎桿菌 インフルエンザ菌 緑膿菌 モラクセラ レジオネラ フソバクテリウム 第4章 その他の細菌、真菌 マイコプラズマ 抗酸菌 真菌ほか[amazon.co.jp] 喀痰のグラム染色は有用と考えられ、好中球による貪食像 (どんしょくぞう: 好中球が細菌を取り込んでいる像) は起炎菌の同定 (原因となる病原体を特定すること) につながることもある (肺炎球菌では特に)。ただし、臨床研究では喀痰グラム染色と起炎菌とは一致しないと結論され、アメリカのガイドラインでは推奨されていない。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状