Create issue ticket

考えれる102県の原因 咽頭痙攣

  • 舌咽神経痛

    お問い合わせ ご挨拶 スタッフ 診療 教育研修 関連病院 業績 新着情報 menu ホーム 診療一覧 三叉神経痛、舌咽神経痛 頭痛 三叉神経痛、舌咽神経痛 頭痛 片頭痛 緊張型頭痛 三叉神経・自律神経性頭痛 三叉神経痛、舌咽神経痛 神経障害性疼痛 お問い合わせはこちら お問い合わせ よくあるご質問はこちら よくあるご質問 スタッフ 診療 教育研修 Copyright 2018 PAGE TOP[neurology.med.keio.ac.jp]

  • 上気道感染症

    軽症だと数日で自然軽快するが、劇症例では意識障害、皮下出血、痙攣をきたし、数日で死亡する。病原体は髄膜炎菌。患者あるいは咽頭保菌者からの咳による飛沫感染で感染する。本菌は時として、健康者でも咽頭や鼻腔に保有している。 【 薬剤耐性緑膿菌感染症 】 MRSAと同様、院内感染菌として重要。[biseibutu.co.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    、 振戦 、 激越 、 嗅覚異常 、 無嗅覚 、 神経過敏 、 不安 、 錯感覚 、 攻撃性 、 真菌感染 、 咽頭炎 、 皮膚感染 、 β溶血性レンサ球菌感染 、 膣炎 、 結膜炎 、 眼瞼浮腫 、 霧視 、 ぶどう膜炎 、 眼痛 、 視力障害 、 関節痛 、 頚部痛 、 背部痛 、 四肢痛 、 関節腫脹 、 鼻出血 、 アレルギー性鼻炎[medical.nikkeibp.co.jp] ヘモグロビン減少 、 白血球数増加 、 潮紅 、 血圧低下 、 動悸 、 血圧上昇 、 クレアチニン増加 、 腎臓痛 、 排尿困難 、 尿潜血陽性 、 頻尿 、 舌変色 、 口のしびれ感 、 舌のしびれ感 、 おくび 、 胃炎 、 口内乾燥 、 唾液増加 、 膵炎 、 アフタ性口内炎 、 口腔内不快感 、 消化管障害 、 口唇炎 、 失神 、 痙攣[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 心筋疾患

    無症状の場合や突然死で発症することもある 心症状 胸痛、失神、呼吸困難、動悸、ショック、痙攣、チアノーゼなど かぜ様症状 発熱、頭痛、咳嗽、咽頭痛など 消化器症状 悪心、嘔吐、腹痛、下痢など 身体所見に頻脈、徐脈、聴診で心音激弱、奔馬調律、心膜摩擦音、また収縮期雑音などを認めることがある 一般には、特発性心筋症の患者さんは、心臓疾患全体の三[kanekoclinic.com]

  • 気管支痙攣

    咽頭痙攣 これは、咽頭筋群の収縮により声門や咽頭の閉鎖によって起こります。換気障害に陥るため、SpO2が急激に低下するため私たち看護師がもっともびっくりする合併症の1つではないでしょうか? 基本的な要因は、浅い麻酔の咽頭への刺激といわれており、何かしらの機械的刺激(気管挿管や抜管等)や麻酔導入や覚醒状態によっても咽頭痙攣が起こります。[kango-oshigoto.jp] 麻酔中の主な合併症(偶発症) 気管挿管に伴うもの:咽頭痛、嗄声、歯牙損傷、喉頭浮腫、喉頭痙攣、挿管困難など 呼吸器系:無気肺、肺炎、肺水腫、気胸、肺塞栓、肺出血など 循環器系:高血圧、低血圧、頻脈、徐脈、不整脈、心筋梗塞・虚血、心停止など 神経系:脳血管障害(脳出血、脳梗塞、脳塞栓)、痙攣、覚醒遅延、せん妄、末梢神経損傷など 消化器系:肝機能障害[yanagawa-hsp.jp] 咽頭痙攣と同様で、浅い麻酔での気管挿管などの刺激で起こることもあります。 予防するには、術前訪問を実施し、ぜんそくの既往歴がある場合は、どのような症状はどのような時期に出現するのか?またその症状が出現した場合に使用している薬があるのか? 使用後どの程度で症状が落ち着くのか?[kango-oshigoto.jp]

  • 肺炎レンサ球菌

    10%以上 1 10% 1%未満 頻度不明 皮膚 蕁麻疹、発疹 血管性浮腫、蕁麻疹様発疹、多形紅斑 呼吸器 感冒(鼻咽頭炎等) 呼吸困難、気管支痙攣 注射部位 紅斑(84.0%)、腫脹(69.7%)、疼痛・圧痛(28.2%) 硬結 皮膚炎、掻痒感 消化器 食欲減退(31.4%) 下痢 嘔吐 血液 注射部位に限局したリンパ節症 精神神経系 傾眠状態[mhlw.go.jp] 報告頻度 5%以上 1 5% 1%未満 頻度不明 注) 全身症状 倦怠感、違和感、悪寒、発熱 ほてり 無力症 筋・骨格系 筋肉痛 関節痛、 関節炎CK(CPK)上昇 注射部位 疼痛、熱感、腫脹、発赤 硬結 掻痒感 可動性の低下 精神神経系 頭痛 感覚異常、熱性痙攣、浮動性めまい 呼吸器 咽頭炎、鼻炎 消化器 悪心 嘔吐、食欲減退 血液 リンパ[mhlw.go.jp]

  • 尿毒症性肺炎

    軽症だと数日で自然軽快するが、劇症例では意識障害、皮下出血、痙攣をきたし、数日で死亡する。病原体は髄膜炎菌。患者あるいは咽頭保菌者からの咳による飛沫感染で感染する。本菌は時として、健康者でも咽頭や鼻腔に保有している。 【 薬剤耐性緑膿菌感染症 】 MRSAと同様、院内感染菌として重要。[biseibutu.co.jp]

  • ゴーシェ病

    主な症状としては、肝脾腫、腹部膨満、貧血、出血傾向などの全身症状、ゴーシェ細胞の骨髄浸潤、骨量減少、骨壊死などの骨症状、精神運動発達遅滞・退行、後弓反張、咽頭痙攣などの神経症状(II型、III型)がある。[carenet.com]

  • 緑膿菌敗血症

    軽症だと数日で自然軽快するが、劇症例では意識障害、皮下出血、痙攣をきたし、数日で死亡する。病原体は髄膜炎菌。患者あるいは咽頭保菌者からの咳による飛沫感染で感染する。本菌は時として、健康者でも咽頭や鼻腔に保有している。 【 薬剤耐性緑膿菌感染症 】 MRSAと同様、院内感染菌として重要。[biseibutu.co.jp]

  • 髄膜炎

    咽頭炎で始まることが多く、発熱、頭痛、嘔吐が主な症状で全身倦怠、腹痛、下痢を伴うことがあります。 痙攣は少なく、乳児では不機嫌、髄膜刺激症状がみられます。臨床症状は2週間以内に軽快し、脳炎などを伴 なわなければ予後は比較的良好です。 髄液では単核球増多、蛋白は軽度増加し、糖は減少しません。[www1.pref.shimane.lg.jp]

さらなる症状