Create issue ticket

考えれる573県の原因 咽頭出血

  • 咽頭疾患

    また現時点では擦過診断が主な診断法(上咽頭を綿棒で擦過して出血があれば上咽頭に炎症があるという診断法)である慢性上咽頭炎の内視鏡診断についても手ごたえを感じています。 レーザー鼓膜切開装置オトラム(Oto LAM) 滲出性中耳炎や急性中耳炎用の治療機器です。[tanaka-jibika.jp] また、一部の下咽頭がんは長期の貧血によって発症しやすくなることがわかっています。 上咽頭がんの症状には、鼻づまりや鼻出血といった鼻症状、耳管開口部をがんが閉塞することによって耳のつまった感じや難聴といった耳症状があります。[uwajima-mh.jp] また、慢性上咽頭炎に対する塩化亜鉛溶液の上咽頭擦過は、「治療」になると同時に慢性上咽頭炎の「診断」にもなります。 堀口氏によればEATをした時の出血の程度と痛みの程度が上咽頭の粘膜上皮細胞の変性の度合いと相関し、炎症の程度の指標になるといいます。つまりEATをした時に出血が激しいほど炎症が重症で、痛みの程度も強いということになります。[jfir.jp]

  • 遺伝性出血性毛細血管拡張症

    口腔・咽頭・鼻腔の視診、呼吸音の聴診によって、これらの部位から出血する可能性を検討する。 n 打診:腹水の有無をみる。 n 検査:検血は重要であるが、これらは出血直後には低下しないため、出血量を判定する正確な指標とはなりえない。[kanazawa-med.ac.jp] の鼻出血治療経験―アルゴンプラズマの有用性に関する検討― [ abstract ] 鈴木 治子、今村 俊一、本田 英幸、宇佐美真一 (1075 1080) 幼児上咽頭箸異物例 [ abstract ] 野崎 隆平、辻 恒治郎、竹林 宏紀 八田 千広、阪上 雅史 (1081 1086) 前頭洞炎を経てきたした歯性眼窩内膿瘍例 [ abstract[jibirin.gr.jp] 若年性血管繊維腫(juvenile angiofibroma) これは一般的には第二次成長期ごろの男性に発生する、鼻咽頭部の良性腫瘍です。男性ホルモンと関係しており、やはり大変血管に富んでいます。症状は鼻閉塞と鼻出血です。鼻閉塞が起こると、2次的に副鼻腔炎になったり中耳炎になったりすることもあります。[hospital.luke.ac.jp]

  • 過食

    自らのどの奥に指を入れて嘔吐することによって、カリウムなどの電解質が失われてしまい、不整脈を起こす場合や、食道や胃の接合部分が裂けて出血する場合もあります。こうしたことを繰り返していると、爪の刺激によって咽頭に潰瘍ができたり、手に吐きダコを作ることになります。[meinherz.jp]

  • 気管挿管

    報告書 (2003年7月) 秋田市の救急救命士による気管挿管に関する4学会合同調査報告書(第2報) 4学会合同調査会では秋田市における救急救命士による気管挿管の件で、現地の行政機関、医師会、医療機関の関係者から聞き取り調査を行い、事実関係と問題点を平成14年7月に報告書として公表した。その中で、4学会が今後検討すべき課題として、秋田市の心肺蘇生に関わるデータと発表論文の検証、ならびに救急救命士による気管挿管事例の検証を挙げている。この度一応の調査を終了したので、その結果を報告書(第2報)として公表する。 A.秋田市のCPA(cardiopulmonary arrest)[…][jaam.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    上気道炎,角結膜炎,胃腸炎の3つが主要症状で,3,4型と咽頭結膜熱,8型と流行性角結膜炎,40,41型と胃腸炎,11型と出血性膀胱炎の関係がよく知られています。このうちの咽頭結膜熱がプール熱といわれ,咽頭扁桃炎,結膜炎,発熱を主症状とし,幼児に好発します。プール内より集団生活や家族内での感染(通年性)が多いことが最近知られてきました。[saitoh-clinic.com] 早期は点状出血を呈することもある。咽頭痛や流涎が認められる。 喉頭蓋炎 [ 編集 ] 内科的緊急疾患である。小児に多い。後頭蓋に生じる急性炎症性腫脹である。 インフルエンザ桿菌 による重症細菌感染症の一症状として出現するためクループとは全く異なる病態である。2歳から7歳といった乳幼児に好発する傾向がある。[ja.wikipedia.org] 上気道炎,角結膜炎,胃腸炎の3つが主要症状であり,3,4型と咽頭結膜熱,8型と流行性角結膜炎,40,41型と胃腸炎,11型と出血性膀胱炎の関係がよく知られている。このようにアデノウイルスには種々の型があるが、40,41型アデノウイルスがいわゆる腸管アデノといわれる。[saitoh-clinic.com]

  • 上気道感染症

    腸炭疽;悪心、嘔吐、腹痛、血便などの腸感染症症状(出血性腸炎)を起こす。咽頭部感染では咽頭炎、嚥下性障害、発熱、頸部リンパ節腫脹がみられる。 肺炭疽;インフルエンザ様症状からリンパ節腫脹、縦隔炎から急激な呼吸困難、チアノーゼ、意識障害、昏睡をきたし、死に至る。髄膜炎もみられる場合がある。[biseibutu.co.jp] 早期は点状出血を呈することもある。咽頭痛や流涎が認められる。 喉頭蓋炎 [ 編集 ] 内科的緊急疾患である。小児に多い。後頭蓋に生じる急性炎症性腫脹である。 インフルエンザ桿菌 による重症細菌感染症の一症状として出現するためクループとは全く異なる病態である。2歳から7歳といった乳幼児に好発する傾向がある。[ja.wikipedia.org] 軽症だと数日で自然軽快するが、劇症例では意識障害、皮下出血、痙攣をきたし、数日で死亡する。病原体は髄膜炎菌。患者あるいは咽頭保菌者からの咳による飛沫感染で感染する。本菌は時として、健康者でも咽頭や鼻腔に保有している。 【 薬剤耐性緑膿菌感染症 】 MRSAと同様、院内感染菌として重要。[biseibutu.co.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    流行性角結膜炎を起こすアデノウイルスは、上気道炎、咽頭結膜熱などをおこすウイルスとは型が違い、感染力が非常に強く、角膜結膜の症状も非常に強いです。 その他 出血性膀胱炎、肺炎、脳炎などをおこすこともあります。7型が流行すると、重症な肺炎の子どもが増えるので注意が必要です。 感染経路 アデノウイルスは人から人へ感染します。[mana-kodomo.com] 上気道炎,角結膜炎,胃腸炎の3つが主要症状であり,3,4型と咽頭結膜熱,8型と流行性角結膜炎,40,41型と胃腸炎,11型と出血性膀胱炎の関係がよく知られている。このようにアデノウイルスには種々の型があるが、40,41型アデノウイルスがいわゆる腸管アデノといわれる。[saitoh-clinic.com] 病原体 …ジフテリア菌 潜伏期間 …2 7日 感染経路 …患者又は保菌者からの飛沫感染 症状・予後 …発熱・咽頭痛・頭痛・倦怠感・嚥下痛など。鼻閉・鼻出血・嗄声・呼吸困難・心不全・呼吸筋麻痺などが続く。適切な治療により重症化は防げる。 登校基準 …原則として患者は指定医療機関に入院するので治癒するまで出席停止とする。[nagaoka-med.or.jp]

  • アデノウイルス感染症

    咽頭炎、扁桃炎、肺炎などの呼吸器疾患、咽頭結膜熱、流行性角結膜炎などの眼疾患、胃腸炎などの消化器疾患、出血性膀胱炎などの泌尿器疾患から、肝炎、膵炎から脳炎にいたるまで、多彩な臨床症状を引き起こす。 咽頭結膜熱の流行をおこすのは多くは3型であるが、4型、7型、また2型、11型など他の型による場合もみられる。[niid.go.jp]

  • 結膜炎

    流行目と呼ばれるものには、流行性角結膜炎、咽頭結膜炎、急性出血性結膜炎などがあります。 流行性角結膜炎、咽頭結膜炎はアデノウイルス、急性出血性結膜炎は、エンテロウイルス、コクサッキーウイルスにより生じます。ともにきわめて感染力が強いので、流行予防のため、一週間は自宅療養が好ましい。[ganka.gr.jp] 咽頭結膜熱にかかった人の咳やくしゃみからも感染(飛まつ感染)します。 急性出血性結膜炎(アポロ病) アポロ11号が月面着陸したころに流行し始めたことから、アポロ病とも呼ばれます。[eiken.pref.kanagawa.jp] ウィルス性結膜炎 症状(充血・ごろごろ・異物感・赤い・目やに・かゆい)から見た可能性のある病気-ウィルス性結膜炎(流行性角結膜炎・咽頭結膜熱・急性出血性結膜炎・ヘルペス性結膜炎) ウィルス性結膜炎(うぃるすせいけつまくえん) ウイルスの感染で起こる結膜炎には、 急性出血結膜炎と 流行性角結膜炎、咽頭結膜熱があります。[keyaki-eyeclinic.com]

  • 咽頭炎

    慢性上咽頭炎では、内視鏡で一見正常に見えても、上咽頭に綿棒で塩化亜鉛などの塗布( Bスポット療法 )を行ったときに出血をきたし痛みを感じます。 上咽頭炎の予防は、のどの粘膜の乾き、体の冷えを防ぐことが重要です。 これは、上咽頭炎だけでなく、咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎の予防にもつながります。[miyake-jibika.com] アデノウイルスは型によって,ウイルス性発疹症(1-5,7,7a型),咽頭結膜熱(3,4,7型),肺炎(7,21,3型),流行性角結膜炎(8,19,37型),急性胃腸炎(40,41型),出血性膀胱炎(11型)など,多彩な臨床症状を示します.[zousantsushin.jp] また、慢性上咽頭炎に対する塩化亜鉛溶液の上咽頭擦過は、「治療」になると同時に慢性上咽頭炎の「診断」にもなります。 堀口氏によればEATをした時の出血の程度と痛みの程度が上咽頭の粘膜上皮細胞の変性の度合いと相関し、炎症の程度の指標になるといいます。つまりEATをした時に出血が激しいほど炎症が重症で、痛みの程度も強いということになります。[jfir.jp]

さらなる症状