Create issue ticket

考えれる177県の原因 咳嗽, 好中球数増加, 白血球増加

  • RSウイルス感染症

    【感染様式】 患者に直接接触することや咳嗽や鼻汁から飛沫感染します。ウイルスは机などの表面では数時間、手では30分以上生きており、感染源となります。患者では症状が出る前からウイルスを排泄していると言われています。 【症状】 前述のように、ほとんどのこどもでは風邪の症状しか出ません。[tsudashonika.com] 一般検査所見ではあまり特徴的 なものはなく、白血球数は増加する例もあるが、RSV確定例の20%程度であり、白血球分画も一 定の傾向はない。 RSVの再感染は普遍的に認められ、縦断的な調査では毎年6〜83%の小児が再感染を経験 していると報告されている。[niid.go.jp] RSV感染が下気道炎まで進行し、呼吸困難とともに無呼吸を呈する場合もあるが、咳嗽、鼻汁だけの感染の初期に、自宅で夜間睡眠中に頑固な無呼吸を呈することも多い。この際には、突然死の原因ともなりうる。[idsc.nih.go.jp]

  • 肺炎球菌性肺炎

    イ 成人 発熱、咳嗽、喀痰、息切れを初期症状とした菌血症を伴う肺炎が多い。髄膜炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、髄膜刺激症状等の症状を示す。 ※ 各感染症情報については、厚生労働省のホームページより文章を引用しています。 対象感染症一覧へ[pref.okayama.jp] 典型的な全身性の反応として、発熱、脱力、心拍数の増加、呼吸数の増加白血球増加などがみられます。 病原体は、肺炎球菌( Streptococcus pneumoniae )です。小児の鼻咽頭に常在していることが多い菌で、中耳炎や肺炎の原因菌としてしばしばみられます。[idsc.tokyo-eiken.go.jp] イ 成人 発熱、咳嗽、喀痰、息切れを初期症状とした菌血症を伴う肺炎が多い。髄膜炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、髄膜刺激症状等の症状を示す。[mhlw.go.jp]

  • 細菌性肺炎

    喀痰を伴わない乾性咳嗽が長引くことを主訴としたときには念頭に置く必要がある。 抗酸菌 [ 編集 ] 結核 性、非結核性に分ける。 大災害時の集団感染 [ 編集 ] 災害時の避難場所の集団感染が多い。原因として 喉頭 が正常に働かず 誤嚥 や口内細菌が唾液と共に肺に入り肺炎になる。予防として歯磨きそのもので口内細菌取り除く。[ja.wikipedia.org] 白血球数が増加しCRPも高値を示します。 通常、多くの抗菌薬が有効ですが、徐々に耐性菌も出現しているので注意が必要です。肺炎球菌に対するワクチンがありますので、65歳以上の高齢者や感染を受けやすい 糖尿病 などの慢性の病気をもっている場合には、予防接種がすすめられます。1回の注射で5年間は有効とされています。[medical.jiji.com] 症状は発熱、咳嗽、喀痰といった非HIVと同様の症状を示すことが多いが、両側性陰影を呈するような非典型例では乾性咳嗽を呈する。 X線所見ではfocal consolidationが最も多い。[hb.acc-info.jp]

  • 感染性心内膜炎

    右心系心内膜炎 敗血症性肺塞栓によって咳嗽および胸膜性胸痛が発現することがあり,ときに喀血もみられる。三尖弁逆流雑音が典型的である。 診断 症状および徴候が非特異的で,変化に富み,潜行性に生じることがあるため,強く疑わなければ診断できない。発熱があり感染源が不明な患者では,心内膜炎を疑うべきである(特に心雑音がある場合)。[msdmanuals.com] Janeway 発疹(手掌と足底の無痛性小赤色斑),Roth斑(眼底の出血性梗塞で中心部が白色)などがみられることもある.また,神経学的症状が30 40%にみられ,脳卒中に起因するものが多い.塞栓だけでなく,感染性動脈瘤の破裂,塞栓部位での動脈炎による動脈破裂,梗塞後出血などがある. ③血液検査 ①検血一般:血液像(核左方移動,中毒顆粒),白血球増加[primary-care.sysmex.co.jp] 一般検査では非特異的な炎症所見を認めるが,特異的なものはない.血算では軽度貧血,白血球増加(正常のこともある),赤沈・CRP亢進,血清学的検査ではガンマグロブリン増加,リウマチ因子陽性,補体価低下,血中免疫複合体を認めることがある.心電図,胸部X線,CT,MRI,ガリウムシンチグラム,PET検査などにより合併する心疾患・心不全の状態の把握,[kotobank.jp]

  • 外因性アレルギー性肺胞炎

    労作時呼吸困難、湿性咳嗽、疲労、体重減少が数カ月から数年かけて現れる。[ja.wikipedia.org] 白血球 CRP 夏型過敏性肺臓炎 我が国では、夏型過敏性肺臓炎が全体の70%を占める。 トリコスポロン・アポロというカビが原因のアレルギーとなる。 それ以外に、農夫型、 鳥飼型、 加湿器型、 空調型などがある[naoru.com] 洗浄液中のリンパ球が増加( 60%)し,CD4 /CD8 比が 1.0であることが,この疾患の特徴である(正常比 標準誤差 2.3 0.2);これとは対照的に,CD4 優位(比 1.0)のリンパ増多は,よりサルコイドーシスに特徴的である。他の所見には,肥満細胞 1%(急性曝露後)ならびにおよび好酸球の増加などがありうる。[msdmanuals.com]

  • 感染性心内膜炎

    右心系心内膜炎 敗血症性肺塞栓によって咳嗽および胸膜性胸痛が発現することがあり,ときに喀血もみられる。三尖弁逆流雑音が典型的である。 診断 症状および徴候が非特異的で,変化に富み,潜行性に生じることがあるため,強く疑わなければ診断できない。発熱があり感染源が不明な患者では,心内膜炎を疑うべきである(特に心雑音がある場合)。[msdmanuals.com] Janeway 発疹(手掌と足底の無痛性小赤色斑),Roth斑(眼底の出血性梗塞で中心部が白色)などがみられることもある.また,神経学的症状が30 40%にみられ,脳卒中に起因するものが多い.塞栓だけでなく,感染性動脈瘤の破裂,塞栓部位での動脈炎による動脈破裂,梗塞後出血などがある. ③血液検査 ①検血一般:血液像(核左方移動,中毒顆粒),白血球増加[primary-care.sysmex.co.jp] 一般検査では非特異的な炎症所見を認めるが,特異的なものはない.血算では軽度貧血,白血球増加(正常のこともある),赤沈・CRP亢進,血清学的検査ではガンマグロブリン増加,リウマチ因子陽性,補体価低下,血中免疫複合体を認めることがある.心電図,胸部X線,CT,MRI,ガリウムシンチグラム,PET検査などにより合併する心疾患・心不全の状態の把握,[kotobank.jp]

  • アナフィラキシー

    特に呼吸器に症状(口腔咽頭の絞扼感、嗄声、犬吠様咳嗽、嚥下困難、呼吸困難、喘鳴、チアノーゼ、呼吸停止)がある場合や不整脈、血圧低下、頭痛、死の恐怖、意識消失などがある場合は、アドレナリン自己注射(エピペン )が第一選択となります。エピペン に関しては、後ほどまたお話ししますが、「迷ったら打つ」ようにしてください。[gakkohoken.jp] 一般検査所見では末梢血白血球増加などがみられる以外に特徴的な所見はありません。また、病状の進行が非常に早く検査結果を待って治療するのでは間に合わないことがあります。[senoopc.jp] 表1 食物アレルギーの症状 臓器 症状 皮膚 紅斑 蕁麻疹 血管性浮腫 瘙痒 灼熱感 湿疹 粘膜 眼症状:結膜充血・浮腫 瘙痒感 流涙 眼瞼浮腫 鼻症状:鼻汁 鼻閉 くしゃみ 口腔症状:口腔・口唇・舌の違和感・腫脹 呼吸器 咽喉頭違和感・瘙痒感・絞扼感 嗄声 嚥下困難 咳嗽 喘鳴 陥没呼吸 胸部圧迫感 呼吸困難 チアノーゼ 消化器 悪心 嘔吐[jsa-pr.jp]

  • 急性骨髄性白血病

    症状 正常な血液細胞が減少することによる貧血症状(ふらつきや息切れなど)、白血球(主に好中球)が減少することによって発症する感染症による症状(発熱や咳嗽など)、血小板減少による出血傾向が、急性白血病の主な症状となります。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 白血球数・APLともに少ない場合はATRA単独でもよいが、この場合でも白血球数が増加した場合にはアントラサイクリン系と標準量シタラビンを追加する。 アントラサイクリン 標準量シタラビン ( エトボシド)を3コース行う。[ja.wikipedia.org] グレードを問わず頻繁にみられた副作用(30%以上)は、発熱性好中球減少症、便秘、疲労、血小板減少症、腹痛、浮動性めまい、出血、悪心、肺炎(真菌性肺炎を除く)、敗血症(真菌性敗血症を除く)、咳嗽、下痢、好中球減少症、背部痛、低血圧、筋肉痛、口腔咽頭痛、末梢性浮腫、発熱および発疹でした。重篤なARは患者さんの85%にみられました7。[okinawatimes.co.jp]

  • 横隔膜下膿瘍

    症状は,ふつう弛張性(1日の日内変動が1度以上あるもの)の高熱で悪寒戦慄があり,上腹部や背部の疼痛が強く,白血球数は増加する。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報[kotobank.jp] 白血球増加している時は、免疫抑制剤の投与を受けると貧血の症状を治すことが出来ます。症状が進行している時は、胆嚢を切り取る必要があります。 閲覧履歴 まだ病院情報は閲覧していません。 病院情報を閲覧すると、ここに履歴が表示されます。[hospita.jp] 横隔膜下膿瘍では白血球数の増加が顕著にみられることから、血液検査も欠かせません。 また、以前に虫垂炎や腹膜炎にかかったことがあるかどうかなどを、問診によってチェックすることも大切です。 治療は 穿刺 ( せんし ) 手術で、腹腔内にたまった膿を取り除きます。[igaku-jiten.com]

  • 肺膿瘍

類似した症状