Create issue ticket

考えれる116県の原因 咳嗽性頭痛

  • 咳嗽性頭痛

    レントゲン検査が他の頭痛除外のため必要であり、それによってCHが良性であると確定できる。 一次穿刺様頭痛,一次咳嗽頭痛,一次労作頭痛は どのように診断し,治療するか 一次咳嗽頭痛 A .[intmed.exblog.jp] 一次咳嗽頭痛 :この頭痛の治療には通常インドメタシンが有効である.[jhsnet.org] しかし,胸部疾患を扱う外来で診察を受けた咳嗽患者の1/5 が,咳嗽頭痛であったことが報告されている。 4.1「一次咳嗽頭痛」は咳嗽のあとに発現し,ほぼ直後にピークに達し,数秒〜数分の間で消退する(しかし,軽度〜中等度の頭痛が2 時間みられる患者がいる)。[web-neurosurgery.com]

  • 硬膜下血腫

    何やら難しい名前の病気ですが、簡単にいうと脳を包む硬膜という膜と脳の間に血液の塊(血腫)ができてしまう状態を指します。高齢者やお酒をよく飲む方に多いとされており、こけた拍子に頭を軽くぶつけたり、尻もちをついたりした後にジワジワと出血が進行してできた血腫が脳を圧迫してしまい、頭痛、嘔吐、歩行障害、麻痺、記憶力低下などの症状が出てきます。この病気はその血腫を手術で除去すれば速やかに症状が回復するのですが、注意しなければならないのは、きっかけとなる転倒などが起こってから1 3ヶ月程度をかけて血腫が大きくなってから症状が出現することです。[…][aramaki-clinic.jp]

  • 髄膜腫

    髄膜腫(ずいまくしゅ)または髄膜腫瘍(ずいまくしゅよう)は、脳と脊髄の周りの膜層である髄膜から発生し、非常にゆっくりと進行する腫瘍である。症状は発生箇所とその腫瘍によって圧迫される組織によって異なる。多くの場合、症状がない。時に発作、認知症、言語障害、視覚障害、半身の衰弱、尿失禁になることがある。 髄膜腫の主な要因には、放射線治療などによる電離放射線曝露、家系、神経線維腫症2型、などがあげられる。2014年には髄膜腫と携帯電話使用との関係性はないとされた。髄膜腫はいくつかの異なる種類の細胞から発生するとされ、その中にはクモ膜下細胞も含まれる。診断は一般的に医用画像による。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳腫瘍

    神経膠腫 (グリオーマ:glioma)治療方針 担当医 村垣善浩 (先端生命医科学研究所教授) 、丸山隆志(講師)、新田雅之(助教)、齋藤太一(助教) 1.東京女子医科大学の治療方針 当院での神経膠腫(グリオーマ)治療の特徴は、 情報誘導手術(11)[…][twmu.ac.jp]

  • 脳膿瘍

    脳膿瘍 分類および外部参照情報 DiseasesDB 6880 MedlinePlus 000783 MeSH D001922 脳膿瘍 (のうのうよう、cerebral abscess)は、 脳 の病気のひとつ。脳の中に 細菌 感染が起こり、脳組織内の 炎症 と溜まった 膿 によって脳が圧迫、占拠された状態をいう。 通常無菌状態の脳の内部にバクテリアなどが侵入して感染を起こすと、脳の組織の一部が壊死するとともに、この感染に反応して炎症が起こる。この炎症によって腫脹が起こり、腫瘍は脳に圧力を加えることとなる。 また、体液や破壊された組織細胞、 白血球[…][ja.wikipedia.org]

  • 悪性神経膠腫

    トップ No.4745 差分解説 ベバシズマブ登場後の悪性神経膠腫治療 悪性神経膠腫の治療は2013年6月に分子標的治療薬ベバシズマブ(bevacizumab:BEV)が初発,再発の治療に認可されて新たに進展した。BEVは血管内皮細胞増殖因子を標的とした分子標的治療薬で,血管透過性が修復され,脳浮腫を改善させ,新生血管の血流に依存した腫瘍を縮小させる。[…][jmedj.co.jp]

  • 中枢神経系疾患

    Certara は、臨床開発における中枢神経系疾患 (CNS) の戦略的な開発計画を支援しています。また、新規の作用機序を有する医薬品の試験デザイン・適応症の選択・開発戦略に関わる主要な課題に対応しています。さらに、開発中の医薬品が標準治療に対して競争性を評価するモデルの開発に努めています。 当社は、CNS (Central Nervous System) の疾患領域における幅広い疾患・病態に対し豊富な経験があります。 疾患領域 急性疼痛- 歯痛、手術後疼痛 注意欠陥多動性障害 (ADHD) アルツハイマー病/認知症 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 不安障害/パニック障害 双極性障害[…][jp.certara.com]

  • 風邪

    同様な症状は,他の病原微生物(マイコプラズマ,クラミジア,その他の細菌など)や非感染の因子(寒冷,アレルギー)によっても起こる. 初期の症状:くしゃみ,鼻汁,咽頭痛 病気が下気道にまで進むと,咳嗽,喀痰が出現し,また,発熱,頭痛,筋肉痛,倦怠感,ときに悪心,嘔吐,下痢などを伴うことがある.[www-yaku.meijo-u.ac.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    同様な症状は,他の病原微生物(マイコプラズマ,クラミジア,その他の細菌など)や非感染の因子(寒冷,アレルギー)によっても起こる. 初期の症状:くしゃみ,鼻汁,咽頭痛 病気が下気道にまで進むと,咳嗽,喀痰が出現し,また,発熱,頭痛,筋肉痛,倦怠感,ときに悪心,嘔吐,下痢などを伴うことがある.[www-yaku.meijo-u.ac.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    同様な症状は,他の病原微生物(マイコプラズマ,クラミジア,その他の細菌など)や非感染の因子(寒冷,アレルギー)によっても起こる. 初期の症状:くしゃみ,鼻汁,咽頭痛 病気が下気道にまで進むと,咳嗽,喀痰が出現し,また,発熱,頭痛,筋肉痛,倦怠感,ときに悪心,嘔吐,下痢などを伴うことがある.[www-yaku.meijo-u.ac.jp] 思春期以降の子どもや成人に多くみられ、易疲労、微熱、盗汗、咳嗽等の症状がある。 結核髄膜炎……結核菌が血行性に髄膜に到達して発病する。症状として発熱、不機嫌、頭痛、嘔吐、意識障害、痙撃などがみられる。 罹患年齢 …全年齢層 治療方法 …抗結核の抗生剤、INAH等の化学療法剤を使用し、安静、栄養等の一般療法を行う。[nagaoka-med.or.jp]

さらなる症状