Create issue ticket

考えれる7県の原因 呼気性喘鳴

  • 気管支炎

    また、別の区分では慢性気管支炎は閉塞肺疾患にも分類される(気道の狭窄症状、肺の過膨張、喘鳴呼気延長、1秒率の低下、残気量の増加等)。自身の喫煙や周りの人間による受動喫煙の健康被害により、症状が悪化したり慢性化したりする悪影響がある。 急性気管支炎とは、咳を主な症状とする3週間までの気管支炎症を指す。[ja.wikipedia.org]

  • 急性気管支炎

    また、別の区分では慢性気管支炎は閉塞肺疾患にも分類される(気道の狭窄症状、肺の過膨張、喘鳴呼気延長、1秒率の低下、残気量の増加等)。自身の喫煙や周りの人間による受動喫煙の健康被害により、症状が悪化したり慢性化したりする悪影響がある。 急性気管支炎とは、咳を主な症状とする3週間までの気管支炎症を指す。[ja.wikipedia.org]

  • 肺気腫

    主訴 - 咳、痰、運動時の息切れ、喘鳴、動悸、浮腫等が見られる。 身体所見 - 呼気の呼吸困難からのチアノーゼを呈し、不安感や意識障害を併発することもある。聴診ではラ音、鼓音(過共鳴音)を、視診ではビア樽状胸郭やばち指を診る。気管短縮(short trachea)、胸鎖乳突筋の肥大もみられる。[ja.wikipedia.org]

  • 扁桃周囲膿瘍

    扁桃周囲膿瘍(へんどうしゅういのうよう)または、扁桃腺炎(へんとうせんえん)は、感染により扁桃腺の後部に膿が貯留する疾患である。症状には、発熱、のどの痛み、開口障害、声の異変などがあげられる。通常、痛みは片側に偏る。合併症には、気道の閉塞または誤嚥性肺炎があげられる。 一般的に扁桃腺炎は多種の細菌による感染が原因である。レンサ球菌性咽頭炎にかかった後に発症することがよくある。通常、扁桃摘出術をした人には発症しない。診断は一般的に症状に基づいて行われる。合併症の可能性を除外するために医用画像処理が使用される場合がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 血管性浮腫
  • 遺伝性血管性浮腫
  • 遺伝性血管性浮腫 3型

さらなる症状