Create issue ticket

考えれる135県の原因 呼吸運動の減少

  • 慢性閉塞性肺疾患

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)の症状 1日に何回も咳が出る 運動時、動作時に息切れをしやすい 透明 白色、黄色、緑色などの痰がみられる ゼイゼイ、ヒューヒューという呼吸音がする 体重減少 肺炎などの感染症にかかりやすくなる 頭痛 口すぼめ呼吸 ビール樽状胸郭(胸郭がビール樽の様に膨らむ) チアノーゼ(血中酸素濃度が低下し、皮膚が紫 黒がかった[tyojyu.or.jp] NPO法人 日本呼吸器障害者情報センター 理事長 遠山 和子 東京女子医科大学 八千代医療センター 呼吸器内科教授 桂 秀樹 先生 「COPD患者さんの体重減少を防ぐには、高エネルギー食を効率的に摂ることが大事です。[philips.co.jp] 運動療法と栄養療法を組み合わせることで、病状の安定や急性増悪の回避が期待でき、予後の改善をもたらす可能性も高いと言えます」 レシピを監修した、東京女子医科大学 八千代医療センター 呼吸器内科教授 桂 秀樹 先生は、COPD治療における栄養食事療法の重要性について、「深刻な疾患であるにもかかわらず、医療者を含む多くの人が、その実態を理解し切れていないのが[philips.co.jp]

  • 肋骨骨折

    6月26日には酸素投与中止となり、画像上では左肺野の透過性が改善し、呼吸音も左右差が減少してきた。主治医より運動療法室での理学療法が許可され、胸郭可動域練習、自転車エルゴメータなど、退院に向けたプログラムを取り入れ、順調に理学療法がすすみ7月8日退院となった。[ci.nii.ac.jp]

  • オピオイド過剰摂取
  • 過剰摂取

    適切な塩分摂取を社会的にどう働き掛けるかを考えたフォーラムの参加者ら(京都市右京区・京都栄養医療専門学校) 日々の食事において塩分の取り過ぎが腎不全をはじめとする病気の発症につながるとして、適切な摂取を社会的にどう働き掛けるかを考える「適塩フォーラムin Kyoto」が、このほど京都市右京区で開かれた。 腎臓内科医らでつくる京都腎臓病総合対策推進協議会が主催し、3回目。医師や栄養士、保健師ら約100人が参加した。[…][kyoto-np.co.jp]

  • 細菌性肺炎

    細菌性肺炎 (さいきんせいはいえん)は細菌を原因とした肺の急性 炎症 ( 肺炎 )であり、そのほとんどは 肺胞性肺炎 である。 肺炎の死亡率はとくに高齢者で高く、75歳を過ぎると急激に増加する。加齢に伴う 唾液 分泌量の低下は口腔内の病原性細菌の増殖をまねき、病原細菌を含んだ口腔‐咽頭分泌物のくり返される誤嚥は肺の細菌処理能力をこえ、肺炎を引き起こす。よって、口腔ケアにより口腔内を清潔に保つことが重要である。また、人工呼吸器や経管栄養チューブをつけている高齢の入院患者などでは 胃液 の誤嚥による肺炎も問題となる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 新生児呼吸窮迫症候群

    新生児呼吸窮迫症候群(しんせいじこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、英語: (Infant) Respiratory Distress Syndrome: (I) RDS)は、新生児呼吸不全の一つ。 肺の未成熟によって肺サーファクタントが欠乏し、肺コンプライアンスの低下から肺胞虚脱、肺血管抵抗増大の病態を呈する。発症は生後2〜3時間後であり、リスク・ファクターとして下記のようなものがある。 1,500g未満の極低出生体重児 早期産児(とくに32週未満; 肺サーファクタントの産生はおおむね34週以後) 母体糖尿病 帝王切開児また、動脈管開存症(PDA)の併存が高頻度で見られることも知られている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺線維症

    特発性肺線維症の国際診療ガイドラインが2018年9月1日に改定となりました。 今回は診断方法についてのガイドライン改定です。 改定の主な点は 1)胸部HRCT所見の分類の変更 patterns of UIP, (UIPパターン) probable UIP, indeterminate:(鑑別困難) alternate diagnosis :(他の診断) に変更となり、possible UIPが削除されたこと indeterminateはさらにUIPの可能性があるものとそうでないものに分類されているようです。 2)胸部HRCTでProbable、indeterminate、alternate[…][ameblo.jp]

  • 血管性浮腫

    C1 インヒビター欠損による遺伝性血管性浮腫は,予測不能な腫脹を繰り返すのが特徴である.腫脹は,血漿カリクレインの制御不能な産生と,高分子キニノゲンの分解によってブラジキニンが過剰に遊離されることで生じる.ラナデルマブ(lanadelumab)(DX-2930)は,C1 インヒビター欠損による遺伝性血管性浮腫の発作を予防する可能性のある新規カリクレイン阻害薬である. 第 1b 相多施設共同二重盲検プラセボ対照複数用量反復投与試験を行った.C1 インヒビター欠損による遺伝性血管性浮腫患者を,ラナデルマブ群(24 例)とプラセボ群(13 例)に 2:1 の割合で無作為に割り付け,14 日間隔で 2[…][nejm.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 筋萎縮性側索硬化症とは 筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく病気です。しかし、筋肉そのものの病気ではなく、筋肉を動かし、かつ運動をつかさどる神経(運動ニューロン)だけが障害をうけます。その結果、脳から「手足を動かせ」という命令が伝わらなくなることにより、力が弱くなり、筋肉がやせていきます。その一方で、体の感覚、視力や聴力、内臓機能などはすべて保たれることが普通です。 2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか[…][nanbyou.or.jp]

  • 呼吸筋麻痺

    雑誌 ダウンロード 年間購読 購入規定 著者の皆様へ ご利用ガイド 検索の使い方はこちら 雑誌一覧 脳神経内科(神経内科) 循環器内科 血液内科 臨床免疫・アレルギー科 リウマチ科 内分泌・糖尿病・代謝内科 呼吸器内科 精神科(心療内科) 腫瘍内科 腎臓内科・泌尿器科 消化器・肝臓内科 感染症内科(休刊) 特別増刊号 年間購読 書籍 正誤表/補足情報 HOME 脳神経内科(神経内科) 脳神経内科(神経内科) 呼吸筋麻痺を合併した多発筋炎の 1 例 脳神経内科(神経内科) 脳神経内科(神経内科) 呼吸筋麻痺を合併した多発筋炎の 1 例 大阪医科大学第一内科 中島大成ほか プライバシーポリシー[…][kahyo.com]

さらなる症状